2017年7月2日(日)19:35~21:00 1話先行放送 2017年7月15日(土)スタート!
日本初
ユ・アイン×イム・スジョン×コ・ギョンピョ、豪華タッグによるファンタジーラブコメディ!
本放送
(金)(土)22:00~ ※終了時間は話数によって異なります
再放送
(土)(日)6:30~ (月)(火)深1:00~ (金)14:15~※#1は15:30~ ※終了時間は話数によって異なります
2017年 tvN / 全16話 / 各75分 / 字幕放送 / HD
© STUDIO DRAGON CORPORATION
この番組のお気に入り度を教えてください!
  • 最高!
  • 面白い
  • ふつう
  • いまいち
  • きらい
評価 (30)
番組紹介
古いタイプライターから始まった愛の奇跡ー。

スランプに陥ったベストセラー作家ハン・セジュ(ユ・アイン)、彼の名の裏に隠れて代筆する謎のゴーストライター ユ・ジノ(コ・ギョンピョ)、ハン・セジュの熱血ファン チョン・ソル(イム・スジョン)、謎の古いタイプライターに絡んだ3人の男女が織り成すミステリアスなアンティークロマンス!

「六龍が飛ぶ」など多くの作品で演技力を認められてきた若手実力派俳優ユ・アインと「ごめん、愛してる」以来13年ぶりのドラマ出演となるイム・スジョン、そして「恋のスケッチ~応答せよ1988~」コ・ギョンピョが豪華共演!
「太陽を抱く月」を手掛けたチン・スワン脚本家と「空港に行く道」のキム・チョルギュプロデューサーがタッグを組み、現代と1930年代の二つの時代を背景に、それぞれの時代を生きた3人の運命的な物語を綴っている。
さらに2017年上半期傑作ドラマ「鬼<トッケビ>(原題)」でOST旋風を巻き起こした音楽監督が本作のOSTにも携わり、アンティークで神秘的なドラマの雰囲気を盛り上げる。“謎の古いタイプライター”が語る、3人の運命とは…。

【あらすじ】
韓流スターにも劣らない人気ベストセラー作家ハン・セジュ(ユ・アイン)は、燃え尽き症候群に悩まされる日々を送っていた。
そんなある日、アメリカのシカゴで古びたタイプライターと出会い、後にこのタイプライターがセジュの家に届けられることになる。
そしてそれ以降1930年代の幻を見るようになった。

またある日セジュが交通事故に遭い、怪我で執筆作業が出来なくなった間に、誰かがセジュになり代わり「シカゴ・タイプライター」という連載を始める。その小説がまさかの大ヒットを記録し、完全にスランプに陥ったセジュは作家としての自信をなくしていく。
さらに自分がゴーストライターだという謎の男、ユ・ジノ(コ・ギョンピョ)が現れ、「スランプを克服するまで小説は自分が書くから、その代わりに俺の女に手を出す男たちを止めてくれ」と提案される。
ジノの「俺の女」とは、セジュの熱狂的なファンで、ストーカーではないかと疑っているチョン・ソル(イム・スジョン)であった。
ジノに代わりソルを守っていたセジュだが、おかしなことにだんだんと彼女に惹かれていく自分に気づくのであった…。


【制作】演出:キム・チョルギュ  脚本:チン・スワン
宣伝動画
登場人物
ハン・セジュ(ユ・アイン)
韓流スター並の人気を博している大物ベストセラー作家。
芸能人級の外見を持ち、他の人たちがすれば虚勢や優秀なフリに見えがちな言葉と行動も、彼がすれば率直さと自信という魅力になる。
出版する本はすべてベストセラーになるほどの売れっ子作家だった彼だが、ある日最も恐れていたスランプに陥る。

ユ・アイン
生年月日:1986年10月6日
出演作品:「六龍が飛ぶ」(2015年 SBS)、「密会」(2014年 JTBC)、「トキメキ☆成均館スキャンダル」(2010年 KBS) ほか
ユ・ジノ(コ・ギョンピョ)
スランプに陥ったハン・セジュに代わって代筆する謎のゴーストライター。
1930年代のモダンボーイスタイルファッションにジャズマニア、骨董品愛好家。すべてがベールに包まれている謎の人物。

コ・ギョンピョ
生年月日:1990年 6月 11日
出演作品:「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」(2016 SBS)、「恋のスケッチ~応答せよ1988~」(2015年 tvN)、「となりの美男<イケメン>」(2013 tvN) ほか
チョン・ソル(イム・スジョン)
ハン・セジュの熱血ファン、獣医。
ハン・セジュに無断侵入のストーカーだと疑われファンをやめる決意をするが、父の遺品である壊れた懐中時計が彼と体が触れ合った瞬間にまるで主人に会った忠実な召使のように動き始める。

イム・スジョン
生年月日:1979年7月11日
出演作品:「ごめん、愛してる」(2004年 KBS)、「学校4」(2001年 KBS)
ペク・テミン(クァク・シヤン)
小説家。 セジュのライバルであり、文壇の2大アイドル。
セジュよりも先にデビューし、文壇の新星として注目を浴びるものの後続作が期待に及ばない結果となった。
いつもセジュと比較されるため嫉妬と劣等感、憤怒の感情に囚われている。

クァク・シヤン
生年月日: 1987年 1月 15日
出演作品:ドラマ「ああ、私の幽霊さま」(2015年 tvN)、「恋は七転び八起き」(2015年 Mnet Korea)、「気分の良い日〜みんなラブラブ愛してる!」(2014年 SBS) ほか
コメント