本放送
(月~金) 午前11:00~12:00
再放送
出演者
全16話
この番組のお気に入り度を教えてください!
  • 最高!
  • 面白い
  • ふつう
  • いまいち
  • きらい
評価 (1)
番組紹介
日本初放送!イケメンラーメン屋に続くイケメンドラマシリーズ最新作がMnetに登場!
自由奔放な高校生ロックバンド「眼球浄化」メンバーたちの、若さあふれる青春ストーリーを描いた全16話。
男子高校生たちの友情と彼らを夢中にさせるロックミュージック、甘酸っぱい10代の心ときめくラブストーリーを中心に、花のように美しいイケメン主人公たちの無限の疾走を描く!

ソンジュン、エル(INFINITE)、イ・ヒョンジェ、ユ・ミンギュ、キム・ミンソクというフレッシュな若手俳優たちが「眼球浄化」メンバーを演じる。また、特別出演でドラマ「タルジャの春」などに出演の若手実力派俳優イ・ミンギが登場。
ヒロイン役にはオーディション番組で美少女と話題になったチョ・ボアが演技に初挑戦する。

それぞれ違う魅力を持った若手イケメン俳優たちが総出動し、フレッシュな演技を見せるドラマとして放送前から大きな話題となった「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」。リアルさを追求しながらも枠にとらわれない青春ストーリーを輝かせてくれるに十分なキャスティングで視聴者たちの心をときめかせます。
あなたはどのイケメンがお好み?ぜひ青春のトキメキを想い出しながらご覧ください!


【誕生秘話】

暴走する若さ、心臓を鷲掴みにするような音楽、強くときめく愛…。花より美しく、クールな彼らの強烈な青春ドラマが始まる!

ハイクラスの象徴である超高級マンション、カンナム(江南)パワーパレスと、超高級住宅街の裏に隠されているカンナム唯一の貧民街。道一本を挟み、大人たちが作った世界とそれとは関係のない世界に生きるその子供たち…。
「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」は都市再開発の大々的な学区改編によりパワーパレス近所にある強力な財力を誇るトップレベルのチョンサン高校に転校することになった貧民街に住む高校生たちの話。

転校した彼らには学校生活で一日たりとも気を楽に過ごせる日はない。
とてつもない貧富の差を毎日身をもって感じるのはもちろん、ゴミ扱いする先生達や金持ちの家の生徒たちからの反感により日に日に積もっていくひねくれた心。一日が長いからと暇つぶしに振り回すのはこぶしだけ。
世の中に対する恨みが入り混じった反抗心が彼らを徐々に超問題児に作り上げていく。

彼らにとってそこから脱出する唯一の手段は音楽だ。両親から愛情を受けなかった代わりに、仲間と一緒に胸がスカッとする爽快な音楽を聞いて、楽器をコレクションし演奏して、自分たちだけの世界を作り、守ってきた。 仲間と一緒に音楽をすること、まさにそれが彼らが今生きている理由であり唯一の目的だ。音楽こそ彼らを輝かせ美しくしてくれる。

かっこいいルックスと生命力あふれるサウンドでみんなから注目されるようになった彼らは、あっという間に学校はもちろん学校の周辺を掌握し、エリート輩出の宝庫 チョンサン高校の最大の悩みの種になるが…。


【あらすじ】

芸能人にもひけを取らないゲチ洞(ゲチ町)最高のスーパースターバンド「眼球浄化」。
ロックスピリットで身を固めたメンバーたちはクールな魅力とルックスで大人気。
小学生から大学生までの大勢の女子たちがステージを見るために集まり、ライブハウスは大盛況。
強烈なサウンドで観客の心を捕らえたのもつかの間、ライブハウスに入って来た警察官たちが眼球浄化を追いかける。
トンネ高校の有名人たち、眼球浄化のメンバーは再開発による学区改編により、トップレベルの学校チョンサン高に仕方なく転校をすることになる。
お金もコネもなく、あるといえば度胸しかない眼球浄化メンバーたちのチョンサン高行きは波瀾を予告する。
そんな中、リードボーカルのビョンヒ(イ・ミンギ)は夢にまで描いたミューズ(音楽の女神)との運命的な出会いをすることになり・・・。


【人物紹介】


チュ・ビョンヒ役 (イ・ミンギ)
「眼球浄化」リード ボーカル

「あの舞台で、俺が歌って、お前がギターを弾く。
そして、その日死ぬんだ。
俺はマジで幸せだと思える瞬間に死にたい…」

あだ名は「覇王」。一度目をつけた相手は泡を吹くまで殴るという理由でつけられたニックネーム。
普段はにこにことあどけない子供のようだが、誰かに気に障るようなことをされてカッとなると覇王に急変し、周辺を破壊しないと気が済まなくなる。
こんなビョンヒの暴走を防ぐことができるのはジヒョクだけ。
二人は親友を越えたソウルメイトととでもいおうか。

自分がやりたいように毎日毎日この世の終わりのように自由に生きているが、音楽に対する情熱は誰よりも熱い。
「<眼球浄化>の音楽はビョンヒから始まった」という話があるほど、この時からロックをメンバーに教えながら今に至った。
ビョンヒの一番の宝物である作曲ノートには、未完成ながらビョンヒの天才的才能を語る自作曲がいっぱいだ。
ビョンヒの音楽的インスピレーションの源は、美しい女!
メンバーに内緒でバンド大会への参加を準備しながらも理想の女を探し回っているとき、スアに出会う。
そしてスアとは転校したチョンサン高等学校で再会することになり…。

イ・ミンギ
生年月日:1985年 1月 16日
出演作品 :ドラマ「タルジャの春」(2007年 KBS)、 「いいかげんな興信所」(2007年 KBS)、「めっちゃ大好き」(2006年 MBC) 他
映画:「不気味な恋愛」(2011年)、「クイック!!」(2011年)、「10億」(2009年)、「TSUNAMI -ツナミ-」(2009年) 他


クォン・ジヒョク役 (ソンジュン)
「眼球浄化」リーダー

芸術的なギターテクニックに、心臓を突き刺すような鋭い目つき。
チュ・ビョンヒが三角形の頂点ならクォン・ジヒョクは三角形の重心。
目つきだけですべての人々を味方につけてしまうだけでなく、その目つきに何か理由があるようで妙に惹かれる。
普段は何に対しても無関心で何も考えていないように見えるが、ステージに上がる瞬間はステージを魅惑する野獣に変身し観客を圧倒する。

ビョンヒより二歳も年下だが、時限爆弾のようなビョンヒが爆発しないように見守るジヒョク。
ビョンヒになくてはならない存在であり、それだけこの世で最もビョンヒをよく知り、理解者であり、血より濃いソウルメイトである。

ジヒョクにとってロックは本当に楽しい新世界だ。仲間たちとロックをすれば、全てを忘れることができた。情けないと呆れる大人たち、親のおかげで贅沢に暮らしている奴らに「だまされてひどい目にでもあえ!」というロックスピリッツを叫べば世の中に怖いものなんてない。
ロックを続けているうちに前よりメンバーのミスも大きく聞こえ、ビョンヒの曲ももの足りなく思え、自分が直接曲作りをしたいと思うようになってきた。

ビョンヒの理想の女であるスアとの運命的な出会いをきっかけに、ジヒョクが仲間と作っていた世界が揺らぎ始め、ジヒョクは人生の波乱を予告する途方もない事件に直面することになるが…

ソンジュン
生年月日:1990年 7月 10日
出演作品 :ドラマ「私に嘘をついてみて」(2011年 SBS)、「ドラマスペシャル連作シリーズ - ホワイトクリスマス」(2011年 KBS)
映画「危険な興奮」(2011年) 他


イ・ヒョンス役 (エル)
「眼球浄化」ギター

ギター、歌、ダンス機能まで搭載したマルチプレーヤー。
だけど、氷のプリンスだって…。話しかけられて凍死する女子もいるらしい。

眼球浄化のおしゃれ担当。ルックスだけでスウィートさを期待したら大きな怪我をするかもしれない。
ゲチ洞では氷のプリンスとして名高いヒョンス。愛らしい笑顔を見せる時もあるが、それは年の離れた妹と一緒にいる時だけ。
ビョンヒの登場で、幼い時から親友だったジヒョクを奪われたのではないかと思っている。
もちろん眼球浄化というバンドはまるで兄弟のような強い絆を持っているが、ジヒョクとの音楽的な共感までビョンヒに奪われるとなぜかよくわからない虚しさに駆られてしまう。

キャバレーのステージに立つ三流アーティストである両親の血を受け継ぎ歌もギターの実力も人並み以上だが、ジヒョクとビョンヒにはかなわない。しかしヒョンスの心の中には、いつか必ず音楽で最高の名誉を得るという野心があり、今日も両親が夜中に留守にしている間に幼い妹を寝かしつけて、誰にも分からないように手に水ぶくれができるまで練習に練習を重ねる。

エル(INFINITE)
生年月日:1992年3月13日
INFINITEのメンバーとして2010年6月に韓国でデビュー、2011年11月日本デビュー
出演作品 :ドラマ「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」(2011年、テレビ朝日) 他


チャン・ドイル役 (イ・ヒョンジェ)
「眼球浄化」ドラマー

究極の神秘主義イケメンドラマー。
眼球浄化のメンバーの中ではイケメン度ナンバー2と言えるだろう。
やばいくらいかっこよく、魅力満載の男。

無理矢理しゃべらせなければ何も言わないほど無口。
エキゾチックなルックスにパワー溢れるドラムビートと、寡黙さと、顔いっぱいに広がる明るい笑顔でゲチ洞の少女達の心をわしづかみ。
ドイルの母が運営するビリヤード場が眼球浄化のアジトではあるが、バンドメンバー達でさえドイルのことは詳しく知らないほどミステリーに包まれた人物。
戦いにはまきこまれないもの静かな性格だが、一度こぶしを握ると野獣に変わるという噂?

こぶしを使うことを死ぬほど嫌がる理由は、謎に包まれたドイルのお父さんのため。
その理由を知っていながらも、話さないジヒョク。
ドイルはそんなジヒョクの配慮を有難いと考えながらも、一方ではジヒョクに傷つけられたウギョンを見て辛く感じながら複雑な思いが生まれ…。

イ・ヒョンジェ
生年月日:1988年 4月 12日
Mateのメンバーとして2009年4月に韓国でデビュー
出演作品 :映画「PLAY」(2011年)


キム・ハジン役 (ユ・ミンギュ)
「眼球浄化」ベース

一言でいえば遊び人。まるで動物。
下手に心を許して噛みつかれたら大変!

なぜ音楽をやっているのかと聞くと「ナンパするため」と堂々と答え、未来の夢は何かと聞かれれば「カサノバ(=女たらし)」と答えるハジン。
スラッとした背に優しい目、身振り一つ一つが堂々としているハジンの思わせぶりな態度に引っかかる女はトラック一台分!
一人息子っぽいところもあり、品も良く見え、いいところのお坊ちゃんだと言われれば信じてしまいそうだが、実際は姉が6人いて、豆一粒でも分け合って食べなければならないほど。
姉が1人どころか6人もいると、女をタイプ別に知りつくし体験によりリアルな情報を得てきた。
だが、こういったノウハウも本当に好きな人の前では効果を発揮できない!
天下のハジンも彼女の前ではかっこいい口説き文句は勿論、ありふれた挨拶でさえ恥ずかしくてしどろもどろ。

キョンジョンとは出会った瞬間からああだこうだと言い争っている。
気に入っててもボコッ、嬉しくてもボコッ、嫌でもボコッと殴り合うのが2人の日常。
ハジンはいつもキョンジョンを面と向かって非難したりいびりながらも常にキョンジョンを助け、仲間たちに対しても常に義理が先に立つ涙ぐましい友情を大切にする奴でもある。
ユ・ミンギュ
生年月日:1987年 9月 18日
tvN「イケメンキャスティングoh!Boy」で優勝しデビュー


ソ・キョンジョン役 (キム・ミンソク)
「眼球浄化」キーボード

キュート担当 ソ・キョンジョン。
そんなキョンジョンでも怒ると男らしい釜山男児の姿になる!

いつもニコニコしながら観客達と目を合わせる、生まれながらの可愛い子。
可愛いルックスとは似合わず、人生の目標はMONEYのみ!
お金はわんさか儲けなければなければならないと常に口にしているほど野心家だ。
プサン・チャガルチ市場の魚屋のソさんの息子という呼び名から脱するために、高1の時ソウルに上京してきた。
トンネ高校がカンナムで一番優秀な高校だと思って上京させた両親をがっかりさせないために、たいした学校ではないということを秘密にしていたが、チョンサン高に転校することになり親の期待通りの優秀な学区に住むことになる。

眼球浄化メンバーで一番チビのキョンジョンは最長身のハジンとは天敵。
ハジンがソウル言葉でいびれば味わい深い釜山なまりで言い返し、後頭部を殴れば膝を蹴飛ばす姿がまるでトムとジェリーのようだ。
殴り合いをしながらも自転車の前後に座って夕食のメニューを相談する、長年連れ添った夫婦のような間でもある。
キム・ミンソク
SUPER STAR K 3に参加し芸能界デビュー
コメント
K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top