[K-POP] 「SBS歌謡大祭典」 34チームが繰り広げる音楽の奇跡(総合)

2013/12/30 2:15:24

[スポーツソウルドットコム|イ・ゴンヒ記者]

“音楽が奇跡を作る(Music Makes Miracle)!”4時間の間、なんと34チームが華麗なステージ繰り広げた「SBS歌謡大祭典」は、さまざまなコラボレーション・パフォーマンスと、今年もっとも愛されてきたK-POPで、2013年の最後を豊かにした。

29日夜、“音楽が奇跡を作る”というコンセプトで開かれた「SBS歌謡大祭典」は、バラード歌手のソン・シギョン、2NE1のDARA、SUPER JUNIORのヒチョルがMCを務め、およそ25人を超えるアーティストが飾るオープニングで、華麗な幕を上げた。続いては、防弾少年団、LADIES' CODE、VIXX、CRAYON POPなど、今年多くの愛を受けた新人たちのステージが披露され、本格的な祭典のスタートを知らせた。

「SBS歌謡大祭典」は、第1部から年末歌謡祭の花と呼ばれるコラボステージが視線を掴んだ。ソロ女性歌手Aileeは、爆発的な歌唱力を誇る『U&I』のステージ終わると、シンガーソングライターのユン・ジョンシン、ソロ女性歌手のキム・イェリム、パク・ジユンなど、MYSTIC89の所属アーティストたちが一つのステージを飾った。続いては、Girl's DayとA Pinkが『Expectation』と『NoNoNo』、互いのヒット曲を換えて歌い、さわやかな魅力を誇示した。続いてBlock.B、B1A4、B.A.Pなど、アルファベットBで始まるボーイズグループが、ホットなパフォーマンスで視線をひきつけた。ZE:AとNine Musesは、歌王チョー・ヨンピルの『バウンス(Bounce)』をクラブバージョンで編曲して“世代共感”をもたらした。また、少女時代のユニットテティソ(テヨンxティファニーxソヒョン)とEXOは、ビヨンセの『Crazy in Love』をスイングジャズ風に編曲して、歌、演奏、ダンスが華やかに調和されたステージで大きな歓声を受けた。

1部はMCの紹介コメントが殆どなく、コラボステージとともに、パク・ジニョン(JYP)、INFINITEのホヤ、Secretのヒョソン、TEENTOPのニエル、A Pinkのチョン・ウンジがが1部の最後を飾った。彼らは『僕を離れないで』『ハニー』『僕には彼女がいるのに』『彼女は綺麗だった』など、パク・ジニョンのヒット曲を歌った後、『君だけだよ』、『Hands Up』(2PM)をパク・ジニョンと一緒に披露した。






韓国歌謡市場で12年ぶりに“アルバム100万枚売上”を記録したEXOが『Growl』で、第2部の扉を開けると、SISTRA、miss A、4Minuteによるセクシーなステージが繰り広げられた。続いては、Dynamic Duo、ペチギ、BUMKEY、San E、Verbal Jint、Drunken Tiger、T(ユン・ミレ)、Bizzy、Block.Bのジコ、B1A4のバロ、B.A.Pのヨングク、防弾少年団のRAP MONSTERなど、先輩後輩ラッパーたちのエキサイティングなヒップホップステージが披露された。

その後もスペシャルなステージは続いた。IUは、巨大な赤い靴に乗ってステージに登場し、『ブンホンシン(赤い靴)』を披露。Brown Eyed Girls、AFTERSCHOOL、f(x)、T-ARAは、それぞれの魅力を誇示するステージで視線を集めた。続いてワールドツアーを成功的に終えたINFINITE。2NE1、BEAST、CNBLUEが熱い雰囲気を継続させた。

午前0時を過ぎてからは、先輩後輩間の和気あいあいとしたコラボステージが始まった。イ・スンチョルはSHINeeのオンユ、BEASTのチャン・ヒョンスン、INFINITEのウヒョン、B1A4のサンドゥルと一緒に熱唱のステージを披露。最も期待を集めたイ・ヒョリと2NE1のCLのコラボは、破格的な衣装と強烈なパフォーマンスでファンたちの期待を満たした。

KARAと2PMも華麗なステージでファンらを熱狂させ、SHINeeとEXOは、目を離せないパフォーマンスを繰り広げた。そして、BIGBANGのG-DRAGONとSOLのソロステージとコラボステージが会場を熱気を最高潮まで盛り上げると、少女時代が『Express 999』『I GOT A BOY』が「SBS歌謡大祭典」の最後を飾った。

各チームによる全てのステージが終わり、最後は出演者全員がステージに上がって「歌謡大祭典」のために作った「You are a Miracle」を歌った。ヒット作曲家のキム・ヒョンソクが作曲して、人気作詞家のキム・イナが詩を書いたこの曲は、SBSが展開している社会貢献活動の一つとして、音源の収益金を全額寄付するプロジェクト曲。

34チームのK-POPアーティストたちが、2013年の最後をもっとも熱く盛り上げた「SBS歌謡大祭典」は、こうして華麗なる幕を閉じた。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

JYJ ジェジュン、タワレコ「K-POP LOVERS!AWARDS 2013」でアルバム部門1位

EXO『Growl』、「KBS歌謡大祝祭」グランプリ獲得!

少女時代 ユナ、中国ネット民が選んだ“アジア最高の美女”に選ばれ

2013年、韓国地上波で視聴率1位を獲得した作品は「いとしのソヨン」




copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
SBS歌謡大祭典
すべて一覧
[2013 MBC芸能大賞]「パパ、どこ行くの?」が大賞!強敵「無限に挑戦」まで抜いた! 2013/12/30
パク・シフ、復帰作は中国映画「香り」、撮影のために29日出国 2013/12/30
3年9ヶ月ぶりカムバックRAIN、6thアルバムリード曲『30SEXY』予告写真を公開 2013/12/30
「SBS歌謡大祭典」 34チームが繰り広げる音楽の奇跡(総合) 2013/12/30
映画『弁護人』、公開10日で累積観客数400万突破 2013/12/29
歌謡大祝祭「最高の1分」にmiss A、イ・ヒョリもかなわず 2013/12/29
イ・ヒョリ、KBS歌謡大祝祭で破格のランジェリールック 2013/12/29

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top