[K-POP] 「ポン・ジュノ監督はスピルバーグのようだ」-タランティーノ!釜山でタランティーノ&ポン・ジュノの2ショットが実現!

2013/10/12 15:00:27

[スポーツソウルジャパン|編集局] 『殺人の追憶』(03)『グエムル-漢江の怪物-』(06)『母なる証明』(09)と作品を発表するごとに、斬新な映像、緻密な構成、完璧なストーリーテリング力で観る者を圧倒し、世界がその才能に注目する監督ポン・ジュノ。監督最新作『スノーピアサー』が、10月3日から12日まで開催中の第18回釜山国際映画祭に公式出品されている。当映画祭に参加中のポン監督と、現代映画界を代表する監督のひとり、クエンティン・タランティーノ監督によるトークショーが10月11日に急遽実現!映画受賞式のために、先日マカオを訪れていたタランティーノ監督。そこでポン・ジュノ監督が映画祭のために釜山滞在中であることを聞きつけ、面会を切望。自作の出品はなかったにも関わらず、自腹で電撃的に釜山入りしたという。そして、映画祭の公式行事≪オープントーク:クエンティン・タランティーノがポン・ジュノに会ったとき≫という、夢の2ショット対談が行われた!かねてからお互いを意識し合っていたというふたりは、それぞれの監督作について独特な表現で称賛。サプライズ開催となったトークショーには多くの映画ファンが詰めかけ、大きな盛り上がりを見せた。 クエンティン・タランティーノ監督 「ポン・ジュノ監督は1970年代のスピルバーグのようだ」 ポン・ジュノ監督 「映画を学んでいた1994年、『パルプ・フィクション』を観て衝撃を受けた」10月11日釜山ヘウンデ、映画の殿堂ドゥレラウム広場で、第18回釜山国際映画祭の公開対談≪オープントーク:クエンティン・タランティーノがポン・ジュノに会ったとき≫が行われた。参加したクエンティン・タランティーノ監督は、「ポン監督が素晴らしい映画を作る監督という話はそれまでよく聞いていたけど、『グエムル-漢江の怪物-』を観た時、驚きを禁じ得なかった」とコメント。続けて、「『殺人の追憶』は傑作だよ。スピルバーグの作品は恐ろしくもコミカルなように、ポン・ジュノ監督の作品にもユーモアがある」と話した。彼自身が所有する名画座でこの2本を上映したこともあるのだという。ポン・ジュノ監督は「タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』を観て、続けてデビュー作『レザボア・ドッグス』を探して観た。耳を切るシーンは本当に美しい。結末のシーンで血まみれになった主人公の姿は圧倒的で荘厳でもあった」と返した。映画祭組織委員会によると、タランティーノ監督が釜山国際映画祭を訪れたのは今年が初めて。元々予定にはなかったもので、彼は「実は、衝動的にくることになった。授賞式の為にマカオに滞在していて、『イングロリアス・バスターズ』と『スノーピアサー』のキャスティングディレクターである友人のジョハンナ・レイが“ポン監督に会わせてあげるから、釜山に行かないか”と言ってきて、来る事になったんだ」と電撃訪問のいきさつを明かした。タランティーノ監督が2009年にUCC動画で≪私が最も好きな映画20編≫で選んだ中に、ポン・ジュノ監督の『グエムル-漢江の怪物-』と『殺人の追憶』も含まれていた。彼は『グエムル』について、「アメリカや他の国ではこんなおかしな家族がスターになるなんてことは理解不能で、だからこそこの作品が面白く、これこそがジャンルを再構築するということなんだ」と大絶賛。ポン監督は悔しそうな表情で「あなたの映画に登場する人物たちも本当に変ですよ」と切り返して観客の笑いを誘った。タランティーノ監督は、スケジュールの都合で『スノーピアサー』は未見。称賛を惜しまないポン監督の初めてのインターナショナルキャスト、スタッフを迎えた全編英語作品をどう観るのか、非常に気になるところだ。2014年2月に全国ロードショーを控える日本でも、業界関係者へのお披露目はまだ行われていないが、すでに大きな期待が高まっている。 『スノーピアサー』作品概要フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作にし、アクション、ドラマ、サスペンス、哲学などあらゆる要素が絶妙なバランスで盛り込まれた超級の近未来SFエンタテインメント。すでに公開された韓国では900万人を超える大ヒットを記録し、ワインスタイン・カンパニーによる全米公開を含め、167ヶ国での公開が決定している。革命を起こす主人公カーティスに、『アベンジャーズ』(12)の大ヒットも記憶に新しいクリス・エヴァンス。共演には、アカデミー賞女優ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサーを始め、ジョン・ハート、エド・ハリス、ソン・ガンホら実力派俳優が勢揃いしている。【STORY】 2014年7月1日。地球温暖化を阻止するために、78カ国でCW-7と呼ばれる薬品が散布され、地球上はすべて氷河期のように深い雪で覆われた。かろうじて生き残った人類は皆、一台の列車「スノーピアサー」に乗って地球上を移動し始める。17年後の2031年。その列車では、多くの人間が後方の車両に押し込められ、奴隷のような生活を強いられる一方、一部の上流階級は前方車両で、雪に覆われる前の地球と変わらない贅沢な生活をしている。そんな中、ひとりの男が立ち上がった。男の名はカーティス(クリス・エヴァンス)。彼は、仲間を引き連れて、自由を求め、反乱を試みて先頭車両を目指すのだが…。監督:ポン・ジュノ (『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』、『母なる証明』)出演:クリス・エヴァンス(『キャプテン・アメリカ』シリーズ、『アベンジャーズ』)、ソン・ガンホ(『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』)、ティルダ・スウィントン(『ナルニア国物語』シリーズ、『フィクサー』)、ジョン・ハート(『裏切りのサーカス』、『ハリー・ポッター』シリーズ)、オクタヴィア・スペンサー(『ヘルプ~心がつなぐストーリー』)、ジェイミー・ベル(『ジェーン・エア』、『リトル・ダンサー』)、ユエン・ブレムナー(『トレインスポッティング』)、エド・ハリス(『ヒストリー・オブ・バイオレンス』、『トゥルーマン・ショー』)プロデューサー:パク・チャヌク、イ・テホン原作:「LE TRANSPERCENEIGE」ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ脚本:ポン・ジュノ、ケリー・マスターソン(『その土曜日、7時58分』) 撮影:ホン・ギョンピョ(『ブラザーフッド』)音楽:マルコ・ベルトラミ(『ワールド・ウォーZ』、『ターミネーター3』)VFX:エリック・ダースト(『スパイダーマン2』)2013年/韓国、アメリカ、フランス/125分 配給:ビターズ・エンド、KADOKAWA 公式サイト http://www.snowpiercer.jp/2014年2月、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]IU、グンソク主演作「綺麗な男」女主人公を検討中ジャスティン・ビーバー、G-DRAGONに「友達のステージに感謝する!」[独占その後] miss A スジ&ソンジュン、韓国ネット民が爆発的反応!タランティーノ監督、「ポン・ジュノ監督の『グエムル-漢江の怪物-』観てすごく驚いた」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
ボン・ジュノ
スノーピアサー
釜山国際映画祭
すべて一覧
2PMテギョン“オクキャット”でCEOに変身! 2013/10/12
「秘密」イ・ダヒのファンクラブがキッチン・カーを差し入れ 2013/10/12
JYJ ジェジュン、15日バラード曲を先行公開! 2013/10/12
「ポン・ジュノ監督はスピルバーグのようだ」-タランティーノ!釜山でタランティーノ&ポン・ジュノの2ショットが実現! 2013/10/12
シン・ソンイル&ペ・スルギ主演「夜関門」ポスター公開 2013/10/12
JYJジェジュン、15日にバラード曲を先公開 2013/10/12
「カンチョリ」観客動員数100万人突破! 2013/10/12