[映画] 韓国の“やまとなでしこ”スエ、「私は女神ではありません」[インタビュー]

2013/08/22 9:19:42

[スポーツソウルドットコム|キム・ガヨン記者] “たおやかだ、親切だ、気立てがいい”という修飾語が本当によく似合う女優がいる。女性らしい表現が最も似合うその女優は、スエ(33)だ。彼女の顔には、二重まぶたのない大きな目、高く立っている鼻筋、ふっくらとした唇など、クラシカルな雰囲気が充満している。音声さえも普通の女性よりも低くて静的だ。そのため、スエは“古典的な美人の基準”と呼ばれてきた。

しかし、彼女が務めた役は今まで女性らしいものはなく、さらに簡単に演じるキャラクタでもなかった。デビュー作以来、いくつかの作品で女性美に満ちていたが、ある瞬間にルートを変えて複雑で深い感情の演技を見せ始めた。映画「深夜のFM」(2010年)、SBSドラマ「アテナ:戦争の女神」(2010年)、「千日の約束」(2011年)、「野王」(2012年)まで、スエの作品世界は複雑で多彩だ。14日封切りした映画「風邪」が、彼女の感情演技の中でも頂点に立つ作品になりそうだ。子供を持つシングルマザー、命危ない災害など、悪状況に置かれた“インへ”を演じたスエ。猛暑の夏のある日、ソウル・鍾路区(チョンロ・グ)三清洞(サンチョン・ドン)のあるカフェでスエと会った。しっかりした口調が印象的だったスエを<スポーツソウルドットコム>がインタビューした。



◆「スエに母性愛はあるのでしょうか?」映画「風邪」は、ソウルに近い地域に未知のウイルスが広がって発生する事件を描いた災難映画だ。スエは一人の子供の母であり、ウイルスの治療方法を探さなければならない感染症外科専門医役を演じた。大きなスケールの災難映画「風邪」でスエは、走って、倒れて、転がることを繰り返した。ちょっとした風にも飛ばされるようなほっそりした体つきのスエ。昨年、猛暑が猛威を振るった映画現場で、スエは厳しい現場をどのように走り回ったのだろうか。

「走る場面が多かったんですが、暑さ以外は肉体的に大変なことはなかったんです。元々体力のために色々鍛えています。体力管理はやはりご飯です。三度の食事をちゃんと食べようとしていますよ。ご飯ほど良いのはないんですね(笑)。外で見ると「風邪」は、肉体的に難しい映画に見えますが、実際には感情的な面で非常に難しい映画でした。キム・ソンス監督があきれてしまうくらいたくさん質問しました。私の質問連発で、監督に嫌われているかも(笑)」

スエの言葉通り、彼女が引き受けたインへ役は、体力の消耗よりも感情の消耗が大きいな人物。ウイルスに感染した自分の子供を守るのか、医者としての本分を尽くすかという岐路に立ち、爆発的に母性愛を発揮する。スエはまだ結婚していないシングルだが、誰よりも多くの人妻演技をしてきた。映画「深夜のFM」に続き、「千日の約束」、「野王」まで複数の作品でさまざまな母親役を演じた。しかしスエは、やり続けても難しいのが母性愛を表現する演技だと吐露した。

「もちろん難しかったんです。結婚もせず子供も産んだこともない私が、母性愛を表現するのは簡単なことではありませんでした。それでオファーを断ったこともあります。考えてみると、誰を愛する心は必ず母と子の関係ではなくでも一脈相通じるものがあると思います。特に、そのような緊迫した状況であればなおさらのことだと思います。母性愛の演技より、子供に対する話し方や手の動き、手の取り合う姿や会話のトーンなど、細かい部分で母ではないということをばれるのはないかと心配しました。それで最初に撮影する時はNGもたくさんしてしまいましたよ。撮影中盤からは安定的にいったと思いますが、映画の中でどうしてもばれる場面があるのではないかと…恥ずかしいですね(笑)」



◆「芸能界11年目、たくさんの賞が負担になることも...」雑誌モデルとして活躍した後、芸能界に入門したスエの演技デビュー作は、2002年に放送されたMBCドラマ「Happy Days」だ。演技を始めてすでに10年の歳月が経た。大きなスキャンダルなしに女優の道を歩んできたスエは、デビュー時から嘱望された演技者だった。無名時代もほとんどなく、特にスクリーンデビュー作である「家族」で、その年のほぼすべての映画祭で新人女優賞を総なめにした。長い時間女優として着実に生きてきたスエ。彼女は自分の歩んできた道をどのように記憶するか。

「本当に無名の時代がありませんでしたよね(笑)。むしろそれが、演技のことを難しくさせたかもしれません。任された役は大きいなのに女優としてそれを表現する方法を知らなかったからです。

MBCドラマ「ラブレター」の時には、本当にたくさんの泣くシーンがありましたが、最初は多くの人の前で泣く方法を知らなかったんです。そのように泣いたことがなかったんですし、どのように泣くのか、本当に心配しましたよ。「家族」で映画デビューを果たしましたが、ドラマと映画の違いを知らなくて本当に迷ったこともありました。漠然と映画をしてよかったと思いましたが、今考えてみると、ぞっとする瞬間が多かったですね。だから、「家族」が一番記憶に残っています」



一年に一つ、二つの作品を着実にしてきたスエは、新人女優賞、主演女優賞などを総なめにしながら、韓国を代表する女優として地位を確立した。そんな彼女にも厳しい時期はあって、キャラクターを理解できず右往左往した時もあった。強い女性の標本という意味で“チュ・ダヘらしい”という言葉まで作り出した「野王」がそうだった。スエは「野王」のチュ・ダヘ役をかなり難しいキャラクターだったと回想した。

「私には、賞の運があふれているみたいです(笑)。「家族」でたくさんの賞を受けたが、その後も複数の賞をもらって....。必ず私がよくやったわけでもらったのではないと思います。多くのキャラクターの中でチュ・ダヘ役が理解しにくくて、演じることが容易ではなかったんです。私は理解をしないと演技ができないタイプですよ。理解できないとと聞き続けて最後まで理解しようとします。でも、チュ・ダヘは私が見ても、本当に悪い女に描かれていたんですよ(笑)。その点が理解出来なかったが、視聴者たちがたくさん愛してくださって感謝します」



◆「“ドレスエ”のニックネームはありがたい、与える衣装を着ただけ」スエを表現するニックネームの中で最も有名なのが、“ドレスエ”だ。ドレスがとてもよく似合う女優という意味だ。ぜい肉一つもないボディラインと高い背、特にほっそりした肩のラインを持っているため、肩を露出するチューブトップドレスとワンショルダードレスを見事に着こなす。毎回公の場に出るたびに“ドレスエ”という修飾語が負担にならないのかと尋ねると、スエは笑いながら答えた。

「まず、本当に感謝します(笑)。メディアでニックネームをそのようにつけてくださって、愛称が一つできました。私よりも私のスタイリストが負担になると思います。良くない書き込みを見て傷つく時もあるんですよ。普通は、スタイリストが服を選んで、私がいくつかの衣装を着て見て決定するんです。私の意見を出したりもしますが、スタイリストがその分野の専門家じゃないですか。彼らの意見を尊重する方です」

自ら多作はしないと語ったスエは、偶然、今年だけですでに二つの作品を披露することになった。昨年の冬頃に公開する予定だった「風邪」が遅れたからだ。まだ次期作を決めなかったと言ったスエは、ロマンチックコメディのような明るい作品に挑戦したいと言葉を結んだ。

「私は、多作はしない方ですが、公開時期が重ねって今年二編を披露することになりました。今はまず、「風邪」の広報に集中しようと思っています。以前は大衆と向き合うことが怖かったが、最近には、年を取ったお陰なのか、プロもション活動を熱心にすることになりましたよ(笑)。「風邪」が愛されるまで頑張った後、少し休みを取ろうと思うんです。次回作はロマンチックコメディになったらいいと思うんですが...、気に入る作品があれば、やるのでしょう」




[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

RAIN、「SONIC BANG 2013」参加のため出国!“除隊後、初の公式活動”

[SSインタビュー] 韓国の“やまとなでしこ”スエ、「私は女神ではありません」

KARA、“氷姫”に変身!2次ジャケ写公開!

[SSスター] 入隊控えたソン・ジュンギ、ソン・ダムビとデート?!「3人で楽しい食事会」




copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
スエ
関連記事
チャン・ヒョク - スエ、仲良く腕組み…映画『風邪』試写会2013/08/08
女優スエ、セクシーでエレガントな大人の色気発散2013/07/09
女優スエ、仏パリを背景に異国ムード2013/04/23
俳優クォン・サンウ「スエ、香水の贈り物に“ほろり”」2013/04/11
悪女女優のスエ、カメラのないところでは正反対2013/03/17
すべて一覧
ヘンリー『1-4-3(I Love You)』ミュージックビデオ公開 2013/08/22
有名女性タレントがG-DRAGON称賛!「すべての面で天才だ!!」 2013/08/22
「故パク・ヨンハさんの元マネジャー、収入以上の贅沢も」関係者証言 2013/08/22
韓国の“やまとなでしこ”スエ、「私は女神ではありません」[インタビュー] 2013/08/22
SISTAR、単独コンサート「S」開催!! 来月12日 2013/08/22
KARA、“氷姫”に変身! 2次ジャケ写公開! 2013/08/22
入隊控えたソン・ジュンギ、ソン・ダムビとデート?!「3人で楽しい食事会」 2013/08/22