[K-POP] 韓国で鮮烈なデビューを飾った超大型新人グループ TRCNG、日本公式ファンクラブを開設!!

2017/11/01 6:35:17

「新しい時代に浮上する10代たちのチャンピオン」という意味が込められたグループ名にふさわしい鮮烈なデビューでまさに NEW GENERATION の幕開けを告げたTRCNG―2017年10月10日に韓国でデビューするや否や、驚異的なパフォーマンスで音楽番組を席巻。

視聴者の投票でウィークリーの順位が決まる有名音楽番組で1位候補に踊り出たことで、超大型新人として注目を集めている TRCNG(ティーアールシーエヌジー)。2000年と2001年生まれ(平均年齢16.3歳)で構成された10人組ボーイズ・グループ。メンバー全員がボーカル、ラップ、驚異的なパフォーマンスをこなすなど、多彩なタレント性を兼ね備えた実力派。
韓国デビューと同時に日本デビュー(ユニバーサルミュージック合同会社)も発表されるなど業界内外からの注目度も抜群の彼らが、このたび正式に日本でのファンクラブを開設することが決定。

ファンクラブの運営は、韓国エンタメを牽引し続けている(株)フラウ・インターナショナル(以下、フラウ)が行う。フラウと TS Entertainment は TRCNG について日本での興行権、ファンクラブ運営、その他エージェントとしての包括的な契約を締結。またフラウはユニバーサルミュージック合同会社(以下、ユニバーサル)とも提携し、2018 年の日本正式デビューにむけて、メディアへの露出やショーケースの実施など精力的に取り組んでいく予定だ。
今後の本格的な活動に先立ち発表された日本公式ファンクラブのオープン(http://trcng.jp)は、11月15日(水)に決定。当面は無料のファンクラブとしてTRCNGの活動を広く日本のファンに届けていく予定だ。

またオープン記念として11月22日(水)にデジタル配信シングルとは別に、ファンクラブ限定盤シングル(※)を販売する。それに合わせて、限定シングル購入者を対象(抽選)とした来日イベントを12月2日(土)に都内で行う予定だ。※ファンクラブ限定盤シングル企画・販売: 株式会社フラウ・インターナショナル制作・発売: ユニバーサル ミュージック合同会社

【プロフィール】
TRCNG(ティーアールシーエヌジー)2017年10月10日に1stミニアルバム「New Generation」で韓国デビュー。
TS Entertainment 所属。テソン、ヒョヌ、ハヨン、ハクミン、ジフン、ウヨプ、ホヒョン、カンミン、シウ、ジソンという平均年齢16.3歳の10人からなる K-POP グループ。
日本では11月22日にデジタルシングルの配信とファンクラブ限定盤シングルの発売が予定されている。日本公式ツイッター (アカウント名:TRCNG_japan)  https://twitter.com/TRCNG_japan
日本公式ファンクラブサイト http://trcng.jp
ユニバーサルミュージック http://www.universal-music.co.jp/trcng

【今後のスケジュール】2017 年 11 月 15 日(水) 日本公式ファンクラブ
オープン予定2017 年 12 月 02 日(土) 都内にてファンクラブ限定盤シングル購入者を対象としたイベントを実施予定


[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

BIGBANGの\

JYJ ジェジュン、「長い間一緒にしたファンに感謝...もっと成長した姿を見せたい」

“入隊中” 2PM テギョン、訓練助教として軍生活をスタート!

ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョの結婚式をキャッチ!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
TRCNG
関連記事
韓国大手TSエンターテイメントが送り出す、大型新人アイドル“TRCNG(ティーアールシーエヌジー)”異例の速さで日本デビュー決定!2017/10/18
K-POP一覧
SHINHWA ヘソン、年末コンサート開催決定! 2017/11/02
<韓流エンタメショールーム>撮影コーナーの新イベント開催中! 2017/11/01
EXID ソルジ、健康上の問題で今度のカムバックも不参加へ 2017/11/01
韓国で鮮烈なデビューを飾った超大型新人グループ TRCNG、日本公式ファンクラブを開設!! 2017/11/01
[Photo] TWICE、魅力たっぷりのステージ披露!1stアルバムのショーケース開催! 2017/10/31
SUPER JUNIOR、先行配信曲「One More Chance」MVが話題 2017/10/31
東方神起、日本活動再開と同時にオリコンで新記録達成!海外男性アーティスト歴代最多1位! 2017/10/31