[K-POP] SS501メンバーによるユニット「Double S 301」、日本でも活動再開!!

2016/02/20 1:32:18

2005年に韓国デビューし、韓国はもちろん日本やアジア各国にて大人気を博し、活動休止中の今もなお多くのファンが再始動を待ち望んでいるSS501のメンバー、ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、キム・ヒョンジュン(マンネ)の3人が、ユニットDouble S 301(ダブルエスサンマルイチ)として活動をスタートした。Double S 301は、SS501が活動していた 2008年にスペシャルユニットとして楽曲「U R MAN」、2009年に大ヒットドラマ『花より男子~Boys Over Flowers』の挿入歌「僕の頭が悪くて」を発表。SS501ファンのみならず、多くの人々からボーカルグループとして高い評価を受けた実績を持つ。2010年のSS501の活動休止後、各メンバーは、ソロ活動を行い、また兵役に就くなどしてきたが、2016年ついにDouble S 301として7年ぶりに3人が集結。2月16日に韓国にてミニアルバム「ETERNAL 5」を発表。3月ソウルコンサートに続き、そして、日本でも4月20日にミニアルバム「ETERNAL S」を発売することが決定した。

今回のミニアルバム「ETERNAL S」は日本オリジナル曲全5曲を収録。全曲の作詞に松井五郎氏を迎え、リード曲となる切ない思いを描いたバラード「Fraction」、第58回グラミー賞最優秀新人賞を受賞したアメリカの人気シンガー・ソングライターのメーガン・トレイナー提供楽曲となる力強くかつ大人の色気を感じさせるロック曲「Bad Dimention」、3人ならではの美しいハーモニーを聴かせる楽曲「Never Ending Dream」など、ジャンルにとらわれないバラエティ豊かな構成になっている。タイトルに付いている「S」にはSinger、Song、Star、Start、複数形のs、そしてSS501のSというたくさんの意味が込められており、それらすべてが「ETERNAL(永遠であれ)」という思いで名付けられた。また、「ETERNAL S」の発売に合わせて、4月25日東京・4月27日大阪にてコンサートの開催も決定、日本のファンの前にいち早く登場する。もともとSS501は、事務所の移籍をきっかけにバラバラになり、活動休止にはなったが、メンバー同士の関係は良好。それぞれがソロとして経験や実力を積んできた彼らが、今回は3人ではあるが、大人のボーカルグループとして、新たなスタートを切った「Double S 301」。その活動に期待せずにはいられない。


THE FACT JAPAN|野﨑友子
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

SS501メンバーによるユニット「Double S 301」、日本でも活動再開!!

[REPORT] NU’EST、「Q is.」発売で会見&ショーケース開催

「PRODUCE 101」の“チャン代表”として活躍するチャン・グンソクに注目せよ!

[Photo] RAINが新ドラマ「帰ってきた、おじさん」で“帰ってきた!”

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
Double S 301
SS301
SS501
ユニット
カムバック
すべて一覧
「PRODUCE 101」チャン・グンソク、特別講義で少女たちに心からのアドバイス“自分との戦いに勝ってほしい” 2016/02/20
ヨン・ウジン、『恋愛じゃなくて結婚』DVDイベントに登壇 2016/02/20
[REPORT] 超新星が「韓日観光交流フェスティバル」で韓国のおすすめをPR 2016/02/20
SS501メンバーによるユニット「Double S 301」、日本でも活動再開!! 2016/02/20
[REPORT] NU’EST、「Q is.」発売で会見&ショーケース開催 2016/02/20
「PRODUCE 101」の“チャン代表”として活躍するチャン・グンソクに注目せよ! 2016/02/19
イ・ミンジョン、「ママになってから、家族の物語に心がよく動く」 2016/02/19

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top