[K-POP] G-DRAGONがデビュー以来初めて楽曲をプレゼントしたのは、後輩グループiKON!

2015/12/19 6:39:30

BIGBANGのメイン音楽プロデューサーであるG-DRAGONが、デビュー9年ぶりに初めて他のアーティストに楽曲をプレゼントしたことが話題を呼んでいる中、その主人公は同じ所属事務所の後輩グループ、iKONであることが明らかになった。

YGエンターテインメントは19日午後、公式ブログ(www.yg-life.com)にiKONの新曲ティーザーポスターを解禁。これを通じて、『I MISS YOU SO BAD』という曲名とともに、G-DRAGON、B.I、BOBBYが作詞。G-DRAGON、DEE.Pが作曲。DEE.Pが編曲を担当したことが公開された。

特に、同曲にはG-DRAGONが作詞作曲すべてに参加したことで、ポスターをみたファンらはかなり驚いている模様。G-DRAGONはデビュー以来、9年間をBIGBANGの楽曲と自分のソロアルバムの全曲を手がけ、V.I、D-LITEのソロ曲の制作に参加したことがあるが、BIGBANGではない他のアーティストの曲を制作したことは、これまで一度もなかったからだ。iKONがこれまで発表した約10曲と、24日に発表される1stフルアルバムに収録される殆どの曲をリーダーのB.Iが作詞作曲に参加したことを考えると、デビュー3ヶ月目である彼らに、G-DRAGONの楽曲プレゼントは、その意味がとても格別であるともみられる。

『I MISS YOU SO BAD』は、G-DRAGONが今年の初めにBIGBANGの新譜の準備過程で作った初期段階のデモ曲で、曲の性向がBIGBANGよりは他のアーティストに相応しいと考えていたところ、となりのスタジオで録音中だったiKONを呼んでは、その場で“デビュープレゼントだよ”とあげたことと知られた。もっとも尊敬する先輩に突然デビュープレゼントを受けたiKONのメンバーたちは、あ然とするくらい喜び、後からこのニュースを接したYGの代表プロデューサーのヤン・ヒョンソクも、G-DRAGONに直接電話をかけ、事実可否を再度確認したという。

『I MISS YOU SO BAD』は、当初はiKONのタイトル曲に決まっていたが、新人のプロモーションのために、G-DRAGONの名前を利用するという誤解と偏見が生じる可能性があったため、苦心の末にデビューアルバムの収録曲に決定された。

一方、iKONはクリスマスイブである12月24日にiKON DEBUT FULL ALBUM [WELCOME BACK]」を発表し、来年1月末には、ソウルのオリンピック公園・体操競技場にて単独コンサートを開催する予定だ。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

G-DRAGONがデビュー以来初めて楽曲をプレゼントしたのは、後輩グループiKON!

東方神起 ユンホのファンクラブがガーナの子供たちのために学用品を寄付

[INTERVIEW] 「夜を歩く士」 東方神起 チャンミン、“努力した分後悔もなく、とてもすっきりした気持ちで終えた作品”

イ・ホンギ(from FTISLAND)初の単独コンサート開催!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
デビュー
G-DRAGON
iKON
BIGBANG
すべて一覧
[独占インタビュー①] ジャッキー・チェンプロデュースのボーイズグループJJCC“努力は人を裏切らない。今日が最後の日のように頑張る” 2015/12/21
[独占インタビュー②] ジャッキー・チェンプロデュースのボーイズグループJJCC“日本での目標は東京ドームを満席にしてコンサートすることです!” 2015/12/21
超新星、1万人のファンと涙のツアーファイナル 2015/12/21
G-DRAGONがデビュー以来初めて楽曲をプレゼントしたのは、後輩グループiKON! 2015/12/19
RAIN、「僕のヒトがいる時が一番幸せだ」 2015/12/19
防弾少年団のRAP MONSTER、米音楽メディアが選ぶ「ベストヒップホップアルバム50」に選定!韓国アーティスト初 2015/12/19
東方神起ユンホのファンクラブがガーナの子供たちのために学用品を寄付 2015/12/19