[芸能] 【コラム】入隊したパク・ジョンミン(SS501)、ファンに残していったお楽しみ

2015/07/05 0:00:00

パク・ジョンミン(SS501)が7月2日、入隊した。ジョンミンらしく「なんやかんや 言わないで 良い子で 待っててね! それでは、行ってきます! 愛してます。」(原文ママ)と公式サイトにメッセージを残した。2年間、頑張って務めを果たし、元気にファンの前に帰ってきてください、とエールを送りたい。

ジョンミンは入隊の前、ギリギリまで活発に活動を繰り広げた。SS501のデビュー10周年の日となる6月8日にアルバム「It’s Summer Time…」をリリース。日本では6月6日にROMEO名義で“Last Breath”、7日には“10th Anniversary”と連日東京・品川プリンスホテル クラブeXでライブを開催。韓国では26~28日にソウル・白岩アートホールで単独コンサート「Comma」を開催し、この日を迎えた。


しかし注目したいのは、入隊よりも不在の間のことだ。ジョンミンは、来日の際の会見で、「このコンサートが終わったら帰国して、韓国で2年分のジャケット撮影をして、また日本に来て、ちょっと残っているROMEOの曲のレコーディングとジャケット撮影をします」と語り、「タワーレコードさんと組んで、いっぱい準備したものをちょこちょこリリースする予定」と明かした。

きれいに言えばファンが寂しくないように、ということになるが、不在中でも存在をアピールし、ファンに忘れられないように、ブランクを感じさせないようにする手法だ。入隊中は商業活動ができないので、その間の収入にならないとしても、韓国では国民心情的にも入隊中のリリースは難しいが、日本でなら抵抗はなく、むしろ歓迎される。特に日本のお姉さまファンは律儀で熱い、という土壌もある。

同じような手法といえば、超新星のリーダー、ユナクが入隊したときが印象深い。ユナクは入隊中に、自身初となるソロシングルを2枚リリース。当然活動がないなか、いずれもオリコントップ10に押し上げたファンの後押しには感動を覚えたほどだった。


ジョンミンは「僕がいないからって小さく書かないで、デカくデカく書いて!」とリクエストして去っていったので、あえて取り上げてみたが、日本を中心に活動するアーティストは特に、今後こういう例が増えるかもしれない。

THE FACT JAPAN|野﨑友子

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

[Pストーリー] 東方神起 ユンホ、「2015U大会」開会式でチュウォン&ソン・ソヒと渾身の演技を披露

少女時代、待望の新曲『PARTY』MVティーザー公開!ショーケースではあの大物芸人が司会に

イ・ドンゴン&T-ARA ジヨンが熱愛中!“12歳差”俳優&アイドルカップルの誕生

【REPORT】超新星、U-KISS、Block Bら出演のミュージカル『RUN TO YOU~Street Life~』好評上演中

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
パク・ジョンミン
SS501
入隊
コラム
すべて一覧
INFINITEのエル、ドラマ「君を愛した時間」から卒業...「短い時間だったが、たくさんのこと学んだ」 2015/07/06
JYJジュンス、悪質ネットユーザーに法的対応を示唆 2015/07/06
東方神起ユンホ主演「あなたを注文します」、待望の第1話は男女主人公のときめく出会いから 2015/07/06
【コラム】入隊したパク・ジョンミン(SS501)、ファンに残していったお楽しみ 2015/07/05
少女時代、待望の新曲『PARTY』MVティーザー公開!ショーケースではあの大物芸人が司会に 2015/07/04
RAIN&キム・テヒの素朴なデート現場がキャッチ! 2015/07/04
[Pストーリー]東方神起ユンホ、「2015U大会」開会式でチュウォン&ソン・ソヒと渾身の演技を披露 2015/07/04

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top