[K-POP] 初の東京ドーム、現地音楽関係者がSHINeeを語る

2015/03/16 6:06:28

ボーイズグループのSHINeeが、夢の舞台“東京ドーム”公演を実現した。2011年6月、日本デビューを果たしながら可能性を認められたSHINeeは、長期的な戦略をたて、徐々に日本の音楽市場に浸透していった。その結果、日本デビューから4年間の公演で77万人のファンを動員する大記録を打ち立て、名実ともに“最高のボーイズグループ”であることを証明した。

14日午後、東京ドームで開催された「SHINee WORLD 2014 I'm Your Boy Special Edition in TOKYO DOME」の公演後に行われた記者会見では、同公演をサポートしたユニバーサルミュージックジャパンの関係者がSHINeeを語った。まず彼は「東京ドームは日本のアーティストも立つことが難しいところだが、SHINeeは二日間で10万人を動員し、その人気を確実に証明した」と切り出した。

SHINeeの魅力については「すばらしい歌唱力、パフォーマンス、メンバーそれぞれのキャラクターがはっきりしている」と言いつつ「SHINeeのようにレベルが高いアーティストが日本で活動していることで、日本の音楽界にも大きな影響を与えている。SHINeeのメンバーたちはとても努力しているし、歌だけではなくアルバム製作にも積極的で、プロモーションにも熱心に参加している。これが日本で人気が高い理由でもあるし、当社も今後SHINeeを全力で支えながらもっと成功するように尽くしていきたい」と抱負を語った。

所属事務所のSMエンターテインメントのキム・ヨンミン社長もSHINeeの努力を高く評価した。彼は「ここ2年間、日本での韓流が低迷している状況でもSHINeeはうまくやってきた。きょうの東京ドームに立つまで、彼らは地道に頑張ってきた」と述べつつ「東京ドーム1回の公演で5万人を集めるなんて、これからもSHINeeは無限に発展する可能性があると信じている。みなさんが愛してくださるほど、もっとうまくできる子たち」と絶賛を惜しまなかった。

2008年デビューしたSHINeeは、『Replay』をはじめ『Ring Ding Dong』『Sherlock』『LUCIFER』『JULIETTE』『DREAM GIRL』など、数々のヒット曲を生み出しながら海外までを掌握。日本では2011年6月にファーストシングル「Replay -君は僕のeverything-」でメジャーデビューを果たした。今回の東京ドーム公演は、昨年9月28日の千葉公演を皮切りにスタートした日本全国ツアー「SHINee WORLD 2014 I'm Your Boy」のフィナーレとして実現された。

THE FACT|パク・ソヨン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

[REPORT] SHINee初の東京ドーム、ホワイトデーに届いた最高のプレゼント

初の東京ドーム、現地音楽関係者がSHINeeを語る

ファン・ジョンウム&キム・ヨンジュン、8年間の熱愛...「結婚はいつ?」

K-POP界の爆風 BIGFLO、単独コンサート開催決定 !! ~BIGFLO Live in Tokyo『Delilah』~

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
SHINee
東京ドーム
すべて一覧
[Pストーリー]ZE:A ドンジュンとSecret ヒョソン、美男美女の耳打ち!!「何の話か気になる」 2015/03/16
Red Velvet、新曲『Ice Cream Cake』のMVが遂に解禁 2015/03/16
SUPER JUNIORヒチョルからホワイトデーのキャンディをもらった女性は? 2015/03/16
初の東京ドーム、現地音楽関係者がSHINeeを語る 2015/03/16
[Pストーリー]Girl's Dayミナ、明洞の街で新曲発表!! 2015/03/16
SHINeeテミン、東京ドーム公演中アクシデント「メンバーらに申し訳なかった」 2015/03/16
ファン・ジョンウム&キム・ヨンジュン、8年間の熱愛...「結婚はいつ?」 2015/03/16