[K-POP] [REPORT]SHINee初の東京ドーム、ホワイトデーに届いた最高のプレゼント

2015/03/16 2:54:13

2008年の韓国デビュー以来、日本でも成功的に活躍してきたボーイズグループのSHINeeが、念願の東京ドーム公演を開催した。ここはアーティストなら誰もが立ちたがる夢のステージ。日本デビュー4年ぶりに東京ドームに立った5人の男は、14日と15日の両日間にわたって開かれた公演で10万人のファンを動員。それまで溜めておいたすべてのエネルギーと情熱を噴出した。

14日の午後5時、「SHINee WORLD 2014 I'm Your Boy Special Edition in TOKYO DOME」が幕を開けた。場内を埋め尽くした5万人の“SHINee WORLD J”は、この公演のために製作されたブレスレット型のペンライトで、巨大なエメラルド色の波を引き起こす壮観を演出した。


約束の時間、壮大なサウンドとともに旗を手にした45人のパフォーマーたちが場内を取り囲んだ。そして、彼らの間に設けられた円形のステージに、5人のメンバーが登場した。ファンの歓声はすでに最高潮に達し、SHINeeはこれまで以上に堂々としたカリスマを発散しながらステージから飛び降り、東京ドームは瞬く間に膨大なオーラに包まれた。

そうしてスタートした公演は、『Everybody』『LUCIFER』『BURNING UP!』『Sherlock』につながった。SHINeeは初の東京ドーム公演であるだけに、まるで鬱憤を吐き出すかのように全力を尽くして踊って歌った。序盤からものすごい熱気を感じさせ、ファンらもSHINeeの帰還を歓迎しながら、オープニングと同時に全席起立、全身で公演を楽しんだ。


熱気が続く中、テミンは「東京ドームは本当に広いですね!」と感心し、キーは「ただ広いだけのものではない。東京ドームはSHINeeが目標にして走ってきた舞台で、僕たちは今ここに立っています」と叫んだ。メンバーたちは「みなさんのおかげで、僕たちが東京ドームに立つことができました」と感謝の気持ちを込めてあいさつした。

すべての会話は日本語だった。流ちょうな日本語のおかげで、ファンは彼らのコメント一つ一つに共感。キーの愛嬌に触れた話やオンユのウィットに富んだコメントが場内を沸かせた。


しかし公演の最高の見どころは、断然ステージだった。デビュー曲『Replay』が始まると、当時高校生だったメンバーたち(テミンは中学生)の初々しかった姿が映像で流れ、客席からは大きな嘆声が湧いてきた。そしてキュートな魅力でお姉さんたちを魅了していたSHINeeは、いつの間にか女心を揺さぶる“男”になっていた。

レパートリーは満載だった。オンユは『Bounce』に合わせてタップダンスを披露。『Hitchhiking』のステージではテミンがシャツのボタンを外しながら“男の香り”を漂わせた。あまりにも広い公演場だが、メンバーたちの顔には余裕があった。楽曲の合間にはメンバー同士で笑いを交わしたり、ハイタッチして喜びを共有した。

派手なパフォーマンスもたくさん見られた。『Evil』を歌う時は、5人のメンバーたちがみんな黒布で目隠しをしてステージに立ち、ミスなく高難度のパフォーマンスを消化した。『Picasso』『1000年、ずっとそばにいて・・・』『MOON RIVER WALTZ』など、日本オリジナル曲を披露する時は、ファンがさらに熱狂した。DJに変身したキーのDJプレイに合わせて『AMIGO』が流れると、音楽とともにモデルたちが登場してファッションとのコラボステージが披露された。


5人5色のソロステージも魅力満点だった。オンユはテミンのピアノ伴奏に合わせて名曲『レイニーブルー』を披露。涙をこぼす本気を極めた熱唱でファンを魅了した。キーはコンサートで初めて公開するオリジナル曲『Born to shine』でセクシーなステージを演出。選択された一人の女性ファンを誘惑する破格的なパフォーマンスで悲鳴を引き起こした。

ポンポン ポロロのバッグをして幼稚園児のように扮装したミンホは、ケラケラの『ケラケラじゃんけん/STATION』をファン一緒に歌いながら楽しいステージを演出した。ジョンヒョンとテミンは、それぞれのソロ曲『Deja-Boo』と『Danger』を用意し、特にテミンは果敢な露出パフォーマンスで熱すぎるステージを披露した。

日本ファンの大切さを誰よりも知るSHINeeだけに、メンバーたちはこらえていた涙をこぼした。『Colors of the season』と『Fire』を歌う時、ジョンヒョンとキーはとめどなく涙を流した。嬉しい気持ちに満ちた涙と温かいメロディーが調和され、東京ドームを感動の渦に巻き込んだ。


エネルギーは冷めなかった。移動ステージに乗ったSHINeeは『Perfect 10』『LUCKY STAR』『Bodyguard』『Boys Meet U』を熱唱しながら遠くにいるファンとも顔を合わせた。カリスマを脱いでフレンドリーな魅力をみせる5人のメンバーたちが手でハートを作りながら愛情を伝えると、ファンはエメラルド色の波で答えた。

『Breaking News』『JULIETTE』『Ring Ding Dong』『Downtown Baby』まで、決められた楽曲が終わったにもかかわらず、メンバーたちはもちろんファンらにも疲れた気配は見られなかった。アンコールステージが始まると、SHINeeは『Sunny Day Hero』『DREAM GIRL』『3.2.1』『Dazzling Girl』で最後の瞬間にもすべての情熱をかけた圧巻のステージを繰り広げた。

今回のコンサートがより特別になったのは、11日に日本で発表した新曲『Your Number』と『LOVE』のステージが初めて見られたからだ。『LOVE』は公演のエンディングに用意され、およそ30人のオーケストラ演奏者たちとともに壮大なステージを演出。ファンらすでに楽曲を覚えてみんなが合唱するステキな場面が見られた。


そしてその瞬間、ファンが準備したサプライズが公開された。客席から一斉にプラカードがあげられ「THANK YOU SHINEE」というメッセージがくっきりと刻まれた。これを見たメンバーたちは熱い涙を流し、言葉をつなげないほど感動した。ファンの愛を目の前にしたSHINeeはお互いを抱きしめながら励ました。ファンと歌手が作った最高のクライマックスだった。

初の東京ドームで、SHINeeは全32曲4時間の公演を飾り、ドームはいつのまにかSHINee Worldになっていた。メンバーたちは楽しんでいるファンらを最後の最後まで目と胸の中に収めていた。

THE FACT|パク・ソヨン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

ZE:Aシワンの主演ドラマ「未生」、ケーブルTV放送大賞でグランプリ!3冠達成

FTISLAND イ・ホンギ、理想の女性について「ヒップラインと脚をみる」と打ち明ける

イ・ミンホがパリから近況公開!変わらぬ美男子ビジュアルに釘付け

「私たち結婚しました」 SUPER JUNIOR-Mのヘンリー、初デートで大緊張...トイレで緊急事態発生?!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
SHINee
東京ドーム
すべて一覧
[Pストーリー]Girl's Dayミナ、明洞の街で新曲発表!! 2015/03/16
SHINeeテミン、東京ドーム公演中アクシデント「メンバーらに申し訳なかった」 2015/03/16
ファン・ジョンウム&キム・ヨンジュン、8年間の熱愛...「結婚はいつ?」 2015/03/16
[REPORT]SHINee初の東京ドーム、ホワイトデーに届いた最高のプレゼント 2015/03/16
M.I.BのKangNam、「元カノは現在ハリウッド女優」と爆弾発言! 2015/03/14
SHINHWAがこの季節に蚊取り?面白い自撮りで話題 2015/03/14
EXO、ソウルコンサートで異色的なファッションコラボステージを披露 2015/03/14

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top