[K-POP] 「キム・ジュンス」という名作の誕生、見たくないですか?

2015/03/04 6:38:54

ファンの間で「天使シア」と呼ばれるJYJのキム・ジュンス。2004年のデビュー初めから、彼は独特の音色と清清しい笑い声で女性ファンを魅了した。韓国のポータルサイトの検索欄に「天使シア(천사 시아)」を打てば、彼の赤ちゃんのような笑顔と豪快な笑い声が盛り込まれた動画などが簡単に見つけられる。

ところがこの男、舞台の上に立つと180度変わる。「天使シア」は跡形もなく消えて、“アーティストのキム・ジュンス”だけが出てくる。JYJとして活動する時やソロ歌手として一人でステージに立つ時も同じだ。どこからそんなカリスマが吹き出てくるのか分からないが、いつの間にか見る人々を一気に圧倒する彼だ。

過去2ndソロアルバムの活動当時に見た彼のステージは余韻が強く、今にも鮮明に記憶している。 2013年7月、ソロカムバックショーケース現場だったが、キム・ジュンスは外国人のダンサーとキレキレの群舞を披露しながらも、ブレない完璧なライブで客席を圧倒した。1200人の観客の前で無伴奏で歌った『11am』は、取材記者らまでが惜しみなく拍手を送ったくらいだった。


そうだったジュンスが3日、3枚目のソロアルバム「FLOWER」を発表し、もう一度ソロ歌手として帰ってきた。 2ndアルバム「Incredible」以後1年8ヶ月ぶりのことだ。タイトル曲は同名の『FLOWER』。ヒップホップな感じにバロック的な要素を盛り込んだ楽曲で、壮大なサウンドが絶品だ。特にジュンスのアピール力の強い歌声は、さらに重みを感じさせるいう評価を受けている。

ミュージックビデオは、一本のミュージカル作品を連想させる。重量感あふれる歌に古代神殿のような背景が登場し、そこにジュンスが神のように女性たちに囲まれている。金色で扮装した姿では、触れることのできないオーラが吹き出てくる。原始人のような扮装が玉に傷だが、全体的にクオリティの高いミュージックビデオだった。

実は、ジュンスは“音源系の歌手”ではなく、“公演系の歌手”だ。新曲を発表するたびに、音源チャートで上位圏には入るが、それは序盤だけですぐに20位圏外に押し出されるのがお決まりのような風景だった。しかし、今回の『FLOWER』は善戦している。発表して翌日の4日午前11時基準で、MelOnは9位、genieは3位、Bugs!では4位など、上位圏を維持している。アップグレードされた彼の底力が確認できる。

地上波放送ではなかなか聞けないジュンスの歌なので、ファンにはその意味が深い。まだ歌謡界と放送界には透明な壁が存在して、ジュンスをはじめ、ユチョン、ジェジュンの動きを妨げている。俳優活動でお茶の間だけは会える三人だが、歌手としてはまだ足が不自由である。


いろいろな面で残念な状況だが、音楽番組への出演とは別に、ジュンスは日々成長している。JYJの時と明らかに異なる音楽性でソロ歌手のタイトルを確固たるものにしているからだ。音源チャートのランキングに上がるのを見ると、それが分かる。瞬間の話題性でランクインすることはできるかもしれないが、着実にファンの愛を受けることは難しい。一人でも出来る子。それがジュンスだ。今回の新譜はタイトル曲のほかに、ジュンス自身が直接手がけた楽曲で豊かなエンジョイポイントを完成した。

実力を認められているので、コラボレーション軍団も豪華だ。『FLOWER』は、Epik HighのTABLOがラップのフィーチャリングを引き受けた。“厳しいアーティスト”で有名なBrown Eyed Soulのナオルは4番トラックの『僕の夜(原題)』をジュンスにプレゼントした。ヤン・ドングン(YDG)とDOK2はそれぞれ『Out Of Contro』と『X Song』をフィーチャリングしてジュンスを応援している。みんながなかなか動いてくれないミュージシャンたちで、その分ジュンスの音楽性を認めている証拠だ。

地上波番組への出演が現実的に困難な状況だが、ジュンスの『FLOWER』のステージを目で確認する機会が訪れた。来る7日と8日、ソウル蚕室(チャムシル)体育館でジュンスの単独コンサートが開かれる。3日に大阪で行われた3度目のアジアソロツアーの日程中の一つで、ジュンスはこれまで発表した楽曲と今回の新曲のステージを公開する。

耳だけで聞いたときとはまた違う魅力が、彼のパフォーマンスには明らかに存在する。2004年デビュー以来の数多くの公演を通じて、ジュンスは確かに「聞くだけの歌手」ではなく「見て楽しむことができる歌手」に成長した。ファンたちが直接彼の公演を訪ねて楽しむのもこの理由だ。彼のパフォーマンスには、目と耳が同時に保養できる特別なものがあるのだ。


キム・ジュンスの名前の前には、3つのタイトルがつく。JYJのメンバー、ソロ歌手、そしてミュージカル俳優だ。去る1月26日は彼のミュージカルデビュー5周年だった。2010年の同じ日に「モーツァルト」でデビューした彼は、以来物凄いチケットパワーを誇りながら、アイドルからミュージカル俳優として急成長した。「ドラキュラ」「エリザベート」「ディセンバー」など、出演する作品ごとに実力を認められて、ミュージカル界のトップスターに生まれ変わった。

そして今は、存在自体だけでも名作のアーティストになったといっても過言ではない。アイドルから歌手に、ミュージシャンからアーティストに着実に成長し、ついに「キム・ジュンス」というもう一つの高クオリティ作品を誕生させたのだ。見る楽しさ、聞く楽しさがある傑作だと言ったら、言い過ぎだろうか。だが知る人ぞ知る「キム・ジュンス」という作品の魅力を、今度こそみんなが体験することはいかがだろうか。

Ps. 原始人のような扮装だけを避けたら、もっと完璧なのに…残念

THE FACT|パク・ソヨン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「キム・ジュンス」という名作の誕生、見たくないですか?

“暴言騒動”のセクシー女優が心境吐露「タメ口を聞いて腹が立った」

EXO、フォーブスコリアが選んだ“パワーセレブリティ1位” もはや敵のいない存在

2PM ウヨン、ソロツアー東京公演がスタート!メンバーらの訪問に感動の涙

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
XIA
ジュンス
JYJ
FLOWER
ソロ
すべて一覧
JYJジュンス、日本単独公演の追加チケット問い合わせが殺到!! 2015/03/04
女優イ・テイム、暴言騒動について公式謝罪 2015/03/04
Block B、フィンランドの新聞を飾った!!「2000人が朝から殺到...驚いた」 2015/03/04
「キム・ジュンス」という名作の誕生、見たくないですか? 2015/03/04
“暴言騒動”のセクシー女優が心境吐露「タメ口を聞いて腹が立った」 2015/03/04
元EXOのルハンが『20歳よ、もう一度』でスクリーンデビュー!『怪しい彼女』の笑いと感動が6月に再び日本上陸! 2015/03/04
2PMウヨン、ソロツアー東京公演がスタート!メンバーらの訪問に感動の涙 2015/03/04

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top