[K-POP] [INTERVIEW]ガラガラ蛇『DREAM ON! Vol.11』出場!2015年は新たな始動をかける

2015/01/14 5:06:18

2015年が明けて間もない1月10日・11日の二日間、国内最大級の『K-POP COVER DANCE FES' “DREAM ON! Vol.11”』が東京・渋谷のO-EASTにて開催された。

“DREAM ON!”とは、KARA、少女時代、BIGBANG、東方神起、SHINeeなど、今エンターテイメント界で一番熱いK-POPに限定したカバーダンスグループによるフェスティバル。2011年1月の第1回開催から今年で5年目に突入。毎回応募総数が150~200組にもなり、業界では本家本元にも引けを取らない完成度の高さで評判になっている。

今回の会場であるO-EASTは、収容人数1,300名の巨大ライブハウス。照明、音響、ステージスタッフ共にプロの技術を駆使した最高のステージ上、多くの観客の前でパフォーマンス出来るとあって、各出場チームの気合いも熱い。さらにイベント内ではカバーダンスの発表だけでなく、K-POPのDJで盛り上がるコーナーや、K-POPファン同士のコミュニケーションの場にもなるような様々なイベントを企画しており、出場者も観客も一緒にK-POPを楽しみ最高の盛り上がりを魅せた。

スポーツソウルJAPANが注目して来たコピーユニット【ガラガラ蛇】も、6人となった新体制でこのイベントに登場した。昨年12月をもってガラガラ蛇としてのライブ活動一時休止を発表した彼らだが、今回は初披露となるVIXXの『ETERNITY』を準備して来た。気になる今回のパフォーマンスへの意気込みと2015年の抱負、ファンヘのメッセージなどをメンバーそれぞれに語ってもらった。


【KEN】

――自己紹介と披露したパフォーマンスについて

ガラガラ蛇リーダーのKENです。2015年一発目の参加イベントということで、この“DREAM ON!Vol.11”は気合いが入りました!しかも今回は今までカバーしてきた防弾少年団というアーティストから違うVIXXというアーティストをカバーしたので、新しいものを見せようという意味でも凄く気合いを入れて臨みました。今回VIXXをカバーしようと決めた理由は、元々VIXXが好きなメンバーが多く、新体制のガラガラ蛇が6人ということで、同じ人数のグループを探しているうちに、ガラガラ蛇のカラーも出せていいんじゃないかと自然に意見が一致しました。担当したVIXXメンバーはケンです。僕がKENなので・・・ダジャレですね(笑)髪の毛を切って本人に近付けるように努力しました。

――好きなK-POPアーティストは?その理由

好きなK-POPアーティストは、BEASTのジュンヒョンさんです。K-POPを聴きはじめたのは東方神起さんからですが、ラップに興味を持っていろいろ聴いていく内に、ジュンヒョンさんのパフォーマンスにダントツで目がいくようになりました。

――2015年の抱負とファンヘ一言

ガラガラ蛇としてはライブ活動を休止中ですが、新しい体制を整えるために動いている訳です。僕らも初心に戻るじゃないですけど、新しいことを始めるということで凄く力が入っているので、皆様にいいパフォーマンスを届けられたらと思っています。ガラベビ(ガラガラ蛇ファンの呼称)のみんなは待っていてくれているので、それに答えられるように頑張って行きます!まだ今は活動再開のタイミングは決まっていませんが、精一杯頑張ります!


【YUTO】

――今日は髪型やメイクは大人な感じを意識?!

ホントですか?どっちかに分かれるんですよ。「いやー!おでこ出さないで!」って(笑)ありがとうございます。今日はアダルトな感じで・・・(笑)ステージではVIXXのホンビンを担当しました。去年から練習を始めていたんですけど、今年に入って本格的に練習しました。本人に似た動きが出来るようにならないと!と思って、何度も何度もたくさん映像を見て研究しました!

――憧れのアーティスト

憧れのアーティストは一人では無くたくさんいるんですけど、BEASTではヨソプさんやギグァンさん、防弾少年団ではジミンさんです。自分が小柄なので、小柄だけどダンスがパワフルな方が好きです。歌手ではホ・ガクさんという双子でそれぞれ歌手をやっている方が大好きです。僕は普通にファンだったんですが、たまたま知り合えた時にガラガラ蛇のことも知ってくれて、「応援します!」と言ってくれました。

――2015年の抱負とファンヘ一言

これまではガラガラ蛇のパフォーマンス担当でしたが、2015年は歌も頑張って練習してみようと思っています。ホ・ガクさんのように歌が上手になりたいです。これから準備期間に入って、たくさん練習をして格好良くなって帰ってくるので、ダンスはもちろん歌もイケるじゃないか!と思わせるように出来たらいいなと(笑)頑張ります!ガラベビのみんな!待っていてください!!


【REI】

――金髪はパフォーマンスのために?

はい。今回は髪を金色に染めてVIXXのエンを担当しました。ダンスの上手な方なので、自分に出来るかぁ?という気持ちもありましたが、個人的にVIXXが好きなので、カバーダンスが出来て今回は本当に嬉しかったです!やる気満々でステージに立てたのも良かったです(笑)“DREAM ON!”は今回で11回目の開催ですが、自分は2回目から参加していて、結構カバーダンスを長くやって来たので、いつも主催者の方々にはお世話になっていてとても感謝しています。

――憧れのアーティストはVIXX?

憧れのアーティストというか、カバーダンスをはじめたきっかけはBEASTのコピーユニットからで、自分は顔が濃いめなのとソン・ドンウンさんのパフォーマンスが好きでずっと担当していました。なので、VIXXも好きですしBEASTも好きです。

――今年の目標とファンヘのメッセ―ジ

2015年の目標は自分の成長!自分に厳しくストイックにやっていこうと思っています。特にパフォーマンスと自分の出来ることの幅を・・・モデルや映像面でももっと活動を増やして行きたいです。昨年末にメンバーのSHINくんの脱退やガラガラ蛇としての活動休止発表がありましたが、ファンのみんなにメンバー個々の頑張りで、ガラガラ蛇として見せるパフォーマンスや色々なところで自分の武器を持って戦って行きたいという気持ちでいます。またファンの前に戻ってきた時には一皮剥けたガラガラ蛇になれるように必死に頑張るので、忘れないで!頑張るから!待っていて!と言いたいです。

――チーム内でお笑いを担当

人に笑ってもらえること、みんなの笑顔が見れることが自分にとっても楽しいし嬉しいことなので、人の前に出てカッコいいというよりも面白い!とか元気もらえた!って言ってもらいたいです。落ち込んでいる人がいた時に元気や勇気づけられる存在でいたいですね。また新ネタも仕込みます(笑)


【KAZ】

――今回のパフォーマンスについて

今回のVIXX『ETERNITY』で担当したのは、メインボーカルのレオです!理由は僕がガラガラ蛇のメインボーカルだからです!(笑)初めて披露するパフォーマンスでしたが、緊張せずに出来ました。本番に強いタイプなので!(笑)ただ、コピーする中でウエーブの部分は努力しました。どれだけセクシーに出来るかとても研究しました(笑)

――ソロ活動も並行している。練習が大変だったのでは?

振り付けを覚えるのが早いので、ぜんぜん大変ではなかったです。結構効率良く出来たなぁと思います。

――好きなアーティスト

好きなK-POPアーティストは、JYJのジュンスさんとBIGBANGのSOLさん!どちらも歌とダンスの両方が素晴らしいからです。

――今年の抱負とファンヘ一言

2015年は曲作りを始め、ダンス、ピアノなど、歌以外のところももっと飛躍したいと思います。ピアノはステージで見せるというより、作曲するに当たって、もう少し音楽的理解を深めるために楽器から勉強する感じですね。こんな自分を応援して下さるファンの皆さんのお蔭でここまで頑張れているので、これからも応援よろしくお願いします!ソロ活動は続けているので、たくさん会いに来てくれると嬉しいです!


【YU-KI】

――今日は緊張気味?

これ(インタビュー)緊張しますね(笑)あけましておめでとうございます!ステージはすごく緊張しました。今日カバーしたVIXXのラビ!髪色も変えたんですけど、本人とそんなに近付けなかったんですよね。実は色が・・・そんなこんなありましたが、ステージは大成功でした!自分的に(笑)

――憧れのアーティスト?その理由

憧れのアーティストはBEASTのヒョンスンさんが大好きです。憧れていて大好きな人です!彼のステージでの自分の見せ方だったり歌声だったり、あと彼自身の過去をいろいろ調べた時にたくさん苦労して今の姿があるのを見ると、心の底から尊敬できます。必ず自分もヒョンスンさんのようになります!!

――今年の抱負は?

ガラガラ蛇ではラップを担当しているので、活動休止中はラップを一番に優先してレベルアップしたいです。ラッパーで好きなアーティストはBIGBANGのT.O.Pさんです。ルックスが良くて声もクール!ダンスも個人的にメニューを組んでいます。周りのメンバーに追いつくためにも、この期間を最大限に有効活用していく予定です。

――ガラベビのみんなに一言

今年は年始からライブ活動休止となってますけど、それを「活動休止して良かったんじゃない?」って逆に思ってもらえるくらいに成長して帰って来て、2015年を突っ走りたいと思うので待っていてください!


【RIKYM】

――どんな気持ちで今日のパフォーマンスに臨んだのか?

今日はVIXXの最年少ヒョギを担当しました。自分もグループの最年少ですし、元々顔が似ていると良く言われるんです。自分でもヒョギの写真をネットなどで見て、自分と間違えることもあるくらい「似てる!」と思ったアーティストなので、担当出来て良かったです(笑)

――憧れのアーティスト憧れのアーティストは

TEENTOPのリッキーさんで、リキムという名前もリッキーさんから取っています。僕のサインは天使の顔になっているんですが、それもTEENTOPのファンクラブがエンジェルという名前なので、そこからアイデアをもらいました。

――20歳の誕生日にステージに立った気分は?客席にはファンのメッセージも

はい!見えました!!演目中は集中していて客席をあまり見れなかったんですが、MCの時にファンのみんなが掲げているお祝いメッセージが、1階だけじゃなく2階にも見えて嬉しくて!目に焼きつけました(笑)去年の誕生日もこの“DREAM ON!”と重なって、その時もお祝いしてくれたので、いつもファンの皆さんにはありがたく思っています。今日は大きなバルーンも届いていて、本当に嬉しいし感謝しています。ありがとうございます!

――2015年の抱負

今年は20代になったということで、僕自身もっと成長できる1年にしたいと思っています。ファンの皆さんにはガラガラ蛇の活動再開を待っていて頂きたいし、待って頂けたらなと思います。これからもよろしくお願いします!


【ガラガラ蛇】とは?

都内を中心に活動するダンスボーカルユニット。 “K-POPカバーダンス”と言うジャンルでそれぞれが活動していく中で知り合い、1度限りの企画ユニットとしてリーダーKENにより集められ結成されたグループだったが、そのステージパフォーマンスと集客が話題を呼び活動を続けることとなる。

フィリピンとのハーフであるメインボーカルKAZ以外は日本人。個性的な「ガラガラ」としたメンバーが集まったということで、【ガラガラ蛇】と命名。当初は7人で活動をしていたが、昨年末にダンス担当SHINがソロ活動に注力するため脱退し、2015年から6人体制となった。

昨年8月18日には活動開始から1年にして300人以上を動員し、ワンマンLIVEを成功させた。

さらに同日、初のオリジナル曲CDシングル『I get a dream』をリリース。初日の手売りのみで600枚以上のセールスを達成。オリジナル曲の 作詞・作曲・振り付け・ステージングや、イベントブッキング・LIVE制作・グッズ制作・番組(配信映像)制作・プロモーションなど、活動に関わるすべてをメンバーのセルフプロデュースで行っている。

【メンバープロフィール】

KEN(リーダー、ボーカル担当)
1989.4.17(25歳)171cm / 62kg A型 ニックネーム:ケンちゃん・ヤナギ

YUTO(おちび、パフォーマンス担当)
1990.5.30(24歳)165cm / 53kg O型 ニックネーム:ゆうと・アゴ・ゆとぴん

REI(顔濃い・お笑い、パフォーマンス担当)
1992.3.9(22歳)177cm / 54kg B型 ニックネーム:怜くん・れいれい・れいつん

KAZ(作詞・作曲、メインボーカル担当)
1992.10.29(22歳)172cm / 57kg O型 ニックネーム:カズくん・カズたん

YU-KI(イケメン、ラップ担当)
1993.2.25(21歳)170cm / 57kg B型 ニックネーム:ゆうき

RIKYM(マンネ、パフォーマンス担当)
1995.1.10(20歳)173cm / 56kg B型 ニックネーム:りきむ

テキスト:長谷川順子

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

B1A4、マレーシアでムスリム女性にバックハグ!!激しい反発に「事前同意を得た」

SUPER JUNIOR ソンミン&サウン夫婦、思わずの“別居生活”…出会いから結婚までのストーリー

‘違法取引疑惑’にSM側「一部ぬけがあったため自主申告した」と釈明

JYJ ユチョン、来月中国で単独ファンミーティングツアー開催

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
ガラガラ蛇
K-POP COVER DANCE FES' “DREAM ON! Vol.11”
カバーダンス
インタビュー
すべて一覧
「SMTOWN@coexartium」が遂にオープン! 2015/01/14
キム・レウォン&イ・ミンホ、カリスマ男たちのお水の飲み方! 2015/01/14
映画「国際市場」1千万観客動員!!主演ファン・ジョンミン「本当に幸せ」 2015/01/14
[INTERVIEW]ガラガラ蛇『DREAM ON! Vol.11』出場!2015年は新たな始動をかける 2015/01/14
『K-POP COVER DANCE FES' “DREAM ON! Vol.11”』、情熱と熱気!これ以上ない幸せで平和的な空間を作り上げた! 2015/01/14
[Pストーリー]防弾少年団、7人7色のファンサービスが最高!! 2015/01/14
キム・ジュヒョク&ソン・イェジンの映画「幸せがいっぱいの家」、撮影終了!!風変わりのスリラーに期待アップ 2015/01/14

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top