[ドラマ] 少女時代スヨンvs f(x)クリスタル、SMの演技ドルが水木劇で激突予告

2014/09/11 4:06:34

お茶の間に“演技ドル(演技+アイドル)”たちの魅力対決がエンジンをかけようとしている。少女時代のスヨン、f(x)のクリスタルがそれぞれMBC水木ドラマ「私の人生の春の日」と、SBS水木ドラマ「僕にはとても愛らしい彼女」で、激突を予告したのだ。

アイドルという共通点以外にも、SMエンターテインメントで同じ釜の飯を食っている二人は、地上波ドラマの初主演という重さを耐えて、本物の女優を目指しながら玉の汗をかいている。スヨンとクリスタル、果たして勝利の女神は、誰に向かって微笑みをみせるだろうか。


10日初放送された「私の人生の春の日」は、放送前から主役のキャストで話題を呼んだ。少女時代のスヨンがヒロインを演じることになり、さらに相手役のベテラン俳優カム・ウソンとは20歳も年齢差があるからだ。

スヨンは劇中、余命を宣告され臓器移植を通じて新しい心臓を得ることになったイ・ボミ役を務める。すでに映画「純情漫画」(08年)、tvNドラマ「第3病院」(12年)「恋愛操作団:シラノ」(13年)などを通じて、女優としての立地を地道に歩んできながら肯定的な評価も受けたが、今回は初めて地上波主演を務めることでもう一度試験台に上がることになった。特にカム・ウソンは、スヨンの演技についてドラマの制作発表会があった4日、「ただよくやっているのではなく、本当にうまい」とし「褒めることはあまりしないが、うまい方と単純に比べてほとんど差を感じなかった」と期待を寄せた。

共演俳優の絶賛のおかげか、初放送後の11日、「私の人生の春の日」は同時間帯のドラマの中で視聴率2位(8.1%・全国基準・ニールセンコリア)を記録しながら順調なスタートを切った。スヨンの演技に対して半信半疑していた視聴者の評価も悪くない。「ウソンさんとの組み合わせ、いい感じ」「期待以上」「満足できるレベル」などの意見が、ドラマの視聴者掲示板で見られた。


SBS新水木ドラマ「僕にはとても愛らしい彼女」は、「私の人生の春の日」より一週遅れた17日に初放送される。歌手兼俳優のRAIN(チョン・ジフン)が4年ぶりに臨むお茶の間の復帰と、クリスタルがヒロインとなって話題を呼んだ。

クリスタルは劇中、事故で亡くなった姉の彼氏、ヒョヌク(RAIN)を愛することになる作曲家志望者のセナ役を演じることになり、初めて感性メロドラマに挑戦する。過去MBCドラマ「ハイキック3」(11年)SBSドラマ「相続者たち」(13年)などでさわやかな魅力を発散して存在感を高めたクリスタルだが、今作は地上波ドラマの初主演という試みで熱い関心が寄せられる。

こうして同じ所属事務所の先輩後輩である二人は、アイドルという偏見を破り、善意なる競り合いを展開していく状況だ。「お互い応援しています」というスヨンとクリスタル。最後に笑うのは誰になるだろうか。その帰趨が注目される。

THE FACT|キム・ハンナ記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

イ・ビョンホン側、「決別の話で偶発的に犯行!?とんでもないデマだ」

少女時代のユニット“テティソ”、ミニアルバム「Holler」で16日カムバック!!

JYJ、11日の台湾公演前に“サプライズ”写真公開!!

Girl\'s Day ヘリの一言で軍部隊に広まったあるキャンペーンとは?

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
私の人生の春の日
スヨン
少女時代
僕にはとても愛らしい彼女
クリスタル
f(x)
SM
すべて一覧
また因縁をつける?カン・ビョンギュがイ・ビョンホン関連記事をRT 2014/09/11
「ルームメイト」の新メンバーに、少女時代サニー&GOT7ジャクソン&godパク・チュニョン 2014/09/11
KARAハラ、「大丈夫、愛だ」最終回にカメオ出演!チョ・インソンの熱血ファン 2014/09/11
少女時代スヨンvs f(x)クリスタル、SMの演技ドルが水木劇で激突予告 2014/09/11
JYJ、11日の台湾公演前に“サプライズ”写真公開!! 2014/09/11
少女時代スヨンの地上波初主演作「私の人生の春の日」、視聴率2位で爽やかな船出! 2014/09/11
イ・ビョンホン側、「決別の話で偶発的に犯行!?とんでもないデマだ」 2014/09/11