[映画] チャン・ドンゴン主演映画『泣く男』、メインポスター解禁!

2014/08/07 5:58:52

韓国全土に<アジョシ・シンドローム>を巻き起こし、日本でも熱狂的ファンが多い映画『アジョシ』から4年。韓国アクション映画の新境地を切り開いたイ・ジョンボム監督、待望の最新作『泣く男』が10月18日(土)より公開が決定し、遂にメインポスターが解禁となった。

観客動員数630万人を記録し数々の映画賞に輝いた前作の『アジョシ』では、隣の家の少女を助けるために迷うことなく全てをかけて戦う元特殊工作員テシクを主人公に、感情を殺した“ぶれない男”を描いたジョンボム監督。今回の『泣く男』では罪を背負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋を主人公に据え、心の葛藤に揺れ動く“ぶれる男”を描き出した。“ぶれない男”と“ぶれる男”、両作の主人公はジョンボム監督の描く“男の姿”の合せ鏡とも言えるだろう。

主人公ゴンを演じるのは、強烈な男性美と圧倒的な演技力を兼ね備えるチャン・ドンゴン。本作のためにアメリカ特殊部隊の銃撃訓練にも参加、5ヶ月にもわたる訓練を経てプロの殺し屋のアクションを体得し、肉体をシャープに絞込んだ、今までのドンゴンとは違う役柄に挑んでいる。

そして、この度解禁となったメインポスターも今迄のドンゴンとは想像もつかないハードなものに仕上がっている。引き締まった肉体に彫り込まれたいくつものタトゥー。「その殺しの報酬は、贖(あがな)い」というコピーのイメージそのままに、哀しみを背負っているような表情で俯く男。男性だけでなく、女性の心をもグッと引き込むようなデザインになっている。

銃弾のようなシルバーを基調にしたイメージはこれまでの韓国映画とは一線を引くスタイリッシュな仕上がりとなっており、まさに、男のカタルシスを感じさせるポスターが完成した。

このメインポスターは8月16日(土)より、全国の公開劇場で掲出予定。また併せて、全ての汚れを殺し屋のように消し去る“拭く男”ファイバークロスが付いた特別鑑賞券の発売も予定している(※一部劇場のみ※数量限定)。クールな男になるための大切な一言コメントも入っているので、特別鑑賞券を買えば、貴方のメガネも心も磨かれること間違いなし!公式サイト(nakuotoko.jp )もOPEN!

*映画『泣く男』

【2014年/韓国映画/116分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵/R15+】

■監督:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』                    
■出演:
チャン・ドンゴン 『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』
キム・ミニ 『火車 HELPLESS』、『恋愛の温度』
ブライアン・ティー 『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『ウルヴァリン:SAMURAI』
キム・ヒウォン 『アジョシ』、『ミスターGO!』
■配給:CJ Entertainment Japan
■公開表記10月18日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー★
公式サイト:nakuotoko.jp

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

YGエンタのヤン代表、「G-DRAGONに演技挑戦を提案したが、断れた」

“ヨナの男” キム・ウォンジュン、選手資格剥奪!体育部隊の軍紀紊乱事態に世論の怒りが爆発

少女時代 ジェシカ、念願のファッションブランド「BLANC」を立ち上げ

JYJの新曲『BACK SEAT』、放送不可判定!「性行為を連想させるから?」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved.

タグ
チャン・ドンゴン
泣く男
すべて一覧
ICONIQ、GACKTとの2年間交際が破局へ 2014/08/07
チャン・グンソク、熱愛説に「対応する価値もないとんでもない報道だ!」 2014/08/07
WINNERとYG代表者ヤン・ヒョンソクが思う「WINNER」の意味 2014/08/07
チャン・ドンゴン主演映画『泣く男』、メインポスター解禁! 2014/08/07
「朝鮮ガンマン」、ギリギリ1位...水木ドラマ競争が熱い!! 2014/08/07
JYJの「JUST US」、オリコンランキングに初登場!!韓国語バージョンで“2位” 2014/08/07
YGエンタのヤン代表、「G-DRAGONに演技挑戦を提案したが、断れた」 2014/08/07