【Mnetオフィシャルインタビュー】 「キム秘書がなぜそうか?(原題)」ヒロインのパク・ミニョンへインタビュー!!

2018/10/01 18:50:00

1. 今回演じたキム・ミソについて、簡単に説明をお願いします。
  キム・ミソは、ミソという名前よりもキム秘書と呼ばれることが多い女性です。また、ワーカーホリックで、プロフェッショナルな秘書界のレジェンドと呼ばれています。イ・ヨンジュンという上司のもとで、彼を9年間支えて来たので、彼について他の誰よりもよく知っています。そして、お互い気づかないうちに、お互いを頼りあっている、そんな関係です。ミソはとても魅力的で、自分の考えがはっきりしています。最近の女性たちなら皆あこがれる、そんなキャラクターです。

2. ミソはどんな状況にも決して屈することなく、常にクールに対応する人物でしたが、演じる上で気を付けた点は?
ミソは、仕事する時、恋愛をする時、家族といる時、社会生活をする時など、それぞれきちんと公私の区別をする人物です。なので、そんな部分を表現するために、状況、相手、場所、言葉遣いから表情や行動まで、それぞれのシチュエーションに合わせた微妙な変化をきちんと演じようと努力しました。

3.原作は人気ウェブトゥーンですが、負担に感じたことはありますか?
正直言うと、ありましたね。私の出演作の「トキメキ☆成均館スキャンダル」、「シティーハンター in Seoul」も原作のある作品でしたが、人気のあるキャラクターを演じる時にはいつも負担を感じます。人気作品の、人気のあるキャラクターを演じる訳ですから責任重大ですし、これは一種の通過儀礼のようなものだと思っています。今作では、パク・ミニョンなりのキム・ミソを作り出さなければならないので、どうすればいいか悩みました。原作のイメージに最大限近くなるように努力しましたね。そうやって試行錯誤してみた結果、キム・ミソのイメージにぴったりだけど、パク・ミニョンらしさも溢れている、そんなキャラクターになったのだと思います。

4. 原作とのシンクロ率100%という評価がありましたが?
  本当に最高の誉め言葉だと思いました。放送が始まってから割と早い段階でそう評価していただけたので「こうやって演じれば大丈夫なんだ」と思えましたし、おかげで現場の雰囲気もさらによくなりました。本当にとても嬉しかったですし、もっと頑張ろうというパワーにもなりましたね。

5. 撮影に入る前に原作をご覧になりましたか?
もちろんです。小説が先、その次にウェブ漫画の順で発表された作品で、ウェブトゥーンはまだ連載中なんです。撮影前に、まず先に小説を読んで、その次にウェブ漫画を何度か読んで参考にしました。


6.“秘書界のレジェンド”と呼ばれるミソ役を演じるためにダイエットをされたと聞きましたが、その他、キャラクター分析など、特別に準備したことは?
ダイエットは、体重を落とすために始めたのではなく、ミソのキャラクターを分析した結果、自然とすることになったんです。ミソは全てにおいて完璧に見せようとするので、自己管理も徹底しているのだろうなと思ったので。ウェブ漫画の中でも、ミソがお姉さんたちとお肉を食べに行くんですが、翌日ドレスを着なくてはならないからと一口も食べないエピソードがあります。ドラマを見れば分かる通り、ミソは体のラインが分かるぴったりした服を着ていることが多いのですが、そういう服を着るミソのような性格なら自己管理もとうぜん厳しいに違いないと思いました。もともと運動はあまりしない方でしたが、この役のおかげで運動するようになりましたし、結果的に自然と自己管理もするようになりました。スタイルもメイクも衣装も性格も、全てにおいて原作のキム・ミソに100%近付けようと努力したら、私自身にも自然といい影響を与えてくれる結果となりました。

7. では、秘書とはどんな職業だと思いますか?
  “秘書”という職業を一言で表現するのは難しいと思います。でも仕事の根本にあるのは、自分が仕える上司のことをいつも考え、仕事がやりやすい環境をどれだけ作ることができるのかだと思います。ドラマのの中で「自分が仕える上司に何か問題が起こっても、決して上司が困ることのないよう、つねに先に対応すること。それが自分のやりがいだ。」と言うミソのセリフがありますが、常に相手のことを考えて、相手のためになることを先回りしてする、そんな職業だと思います。

8.ミソとパク・ミニョンさんが似ている点や、共感できる部分がありますか?
  共感できる部分は多かったですね。20代、30代、40代までの未婚の女性たちならきっと皆そうだと思いますが、必ず一度は仕事と恋愛で迷ったり「私の夢ってこれなのかな?他に幸せがあるのでは?」と自問自答したりすると思うんです。ミソも同じで、そうやって悩みながらも何かを探そうとする、そんな姿に共感しました。また、1話の中で「誰かのために生きるのではなく、ただのキム・ミソとしての人生を生きたい」というセリフがありますが、私もスランプに陥った時には同じように思うことがあります。なので、その部分はとても共感できましたね。

9. ドラマが地上波を抑えて同時間帯で1位、話題性も1位と、まさに人気作品となりました。日常生活で実感したことがありますか?
今回のようにケーブルTVの作品に出るのは初めてだったのですが、最近は地上波とケーブルの間に、差がなくなって来たと思います。日常生活で実感したことは…、今は海外のスケジュールが多くて、フランスやパリも行きましたが、誰かと会うたびに私のことを「キム秘書」と呼んでくれたので、本当に驚きましたね。

10.今作で初めてロマンティックコメディに挑戦されました。今までに挑戦された時代劇やコメディと比べて難しかった点などがあれば教えてください。
人を笑わせる演技はとても難しいと聞いていました。演じてみて実際に難しい部分もありましたが、とても楽しく演じることができました。作品自体も明るく楽しい内容なので、現場も同じようにとてもいい雰囲気でしたし、常に明るいエネルギーで満ち溢れていましたね。撮影が終わって暫く経ちますが、また皆で集まりたいですし、もう一度現場に行きたいと思えるほどです。どの作品でも、撮影に入れば同じ様に大変で辛いこともあるけど、その度合いが低いというか。演じていて、自分も自然と明るくなっていきました。そういう意味でも、ロマンティックコメディは他のジャンルとは確実に違う何かがあると思います。私が一番好きなジャンルになったと思います。

12.ドラマで印象に残っているシーンがありますか?
ミソの後任として入って来たジアが、使用禁止と指示していた結束バンドを使ってしまうシーンです。ミスを犯したジアに対して、ミソはジアが涙を浮かべるほど厳しく叱りますが、ちゃんと冗談を言ってフォローしてあげます。もちろんこのシーンには私のアドリブも入っていますが、叱るところはきちんと叱って、その後は後腐れないようにきちんとフォローも忘れない、皆が憧れるカッコいい女性の面と、親しみやすいお姉さんのような面の両方を見ることができます。ミソがどんなキャラクターなのかをよく表現していて、個人的にもとても好きなシーンです。

13.撮影現場の雰囲気はどうでしたか?
 雰囲気はとてもよかったですね。現場は暑かったので、誰か一人くらいはイライラしても仕方ない雰囲気でしたが、誰も文句を言う人はいませんでした。スタッフも出演者も皆優しくて親切であたたかい人ばかりで、こんないい現場は他にないのでは?というほど、いつも笑いであふれていたという記憶しかないですね。

14. これから挑戦してみたい役やジャンルは?
これまでにも色々な作品に挑戦してきましたが、まだまだやってみたいことが多いです。今回挑戦したキム秘書も初めて挑戦するキャラクターでしたが、やりずらいとかそういう感じはなかったです。これから挑戦するとしたら、これまでにも自分と似たようなキャラクターを演じてみたので、自分とはかけ離れたイメージのキャラクターを演じてみたいですね。たとえば、女版イ・ヨンジュンとか(笑)

15.このドラマのみどころは?
人気作品が原作ということで、それだけで興味をひきつける面もある反面、よくあるロマンティックコメディだと言えるかもしれません。でも、だからこそこの二人の純粋な愛に知らずにハマってしまう、そんな魅力がある作品だと思います。とても純粋で一途なラブストーリーで、まるで小さい頃に見た童話に出てくる王子様とお姫様のお話を見るような、童話のような美しいラブストーリー、そんな印象を持っていただけると思います。さらに、軽いタッチでコミカルに描きながらも、心に響く内容も込められています。

16.最後にMnet Japanの視聴者へメッセージをお願いします。
Mnet Japan視聴者の皆さん、パク・ミニョンです。「キム秘書がなぜそうか?(原題)」で皆さんにご挨拶することになりました。
何度も繰り返し見たくなる、一人でご覧になっても十分楽しめる作品だと思います。あ、ビールを飲みながら見るのもいいと思いますね(笑) ぜひ楽しんでいただけたらと思います!

「キム秘書がなぜそうか?(原題)」
10月19日(金)日本初放送スタート!(※10月7日(日)17:00~18:15 1話先行放送)
本放送:(金)(土)22:00~ ※回により終了時間に変動あり
再放送(土)(日)6:00~ / (月)(火)深1:15~ / (金)16:00~(2話連続放送)
出演者:パク・ソジュン、パク・ミニョン、イ・テファン(5urprise)、チャンソン(2PM)、カン・ギヨン
2018年 tvN / 全16話 / 各75~90分 / 字幕放送
©STUDIO DRAGON CORPORATION

番組ページ

http://jp.mnet.com/program/2039

Copyright(C) CJ E&M Japan INC, All Rights Reserved

タグ
パク・ソジュン
キム秘書
関連記事
【Mnetオフィシャルインタビュー】「キム秘書がなぜそうか?(原題)」に主演のパク・ソジュンへインタビュー!!2018/09/21
注目度 No.1 俳優パク・ソジュン最新作! 2018年韓国ドラマ界を代表する副会長×秘書の胸キュンラブロマンス「キム秘書がなぜそうか? (原題 )」10月日本初放送決定!!2018/08/14
すべて一覧
「キム秘書がなぜそうか?(原題)」第1話無料試写会イベントにガリットチュウが登場!! 2018/10/10
ナ・ヨンソク PD 最新作!大人気バラエティ「新西遊記」シーズン5!「新西遊記 5」12 月 18 日 日本初放送スタート!! 2018/10/10
【2018年10月4日放送 M COUNTDOWN 590回 ステージフォト】 2018/10/08
【Mnetオフィシャルインタビュー】 「キム秘書がなぜそうか?(原題)」ヒロインのパク・ミニョンへインタビュー!! 2018/10/01
9月29日、30日にタイのバンコクで開催「KCON 2018 THAILAND × M COUNTDOWN」10月11日(木)18:00日韓同時オンエア!! 2018/10/01
【2018年9月20日放送 M COUNTDOWN 588回 ステージフォト】 2018/09/27
THE ROSEスペシャルインタビュー 2018/09/27