[映画] 話題の新作映画『標的』、原作『Point Blank』との違いは??

2014/04/23 12:16:20

俳優リュ・スンリョンが初めてアクションに挑戦し、話題を集めている映画『標的』が原作『Point Blank』とは異なる見どころポイント3つを公開した。

30日に公開を控えている『標的』は、2010年のフランス映画『Point Blank』をリメイクした作品だ。2011年に韓国で公開された『Point Blank』は、スピード感のある展開と手に汗握るような緊張感溢れるストーリーで好評を集めていた。そのような原作『Point Blank』と『標的』はどのように違うのだろうか。


▶ 2人→4人へ。見どころ満載になったストーリー

『Point Blank』と『標的』の最も大きな違いは、キャラクターの関係設定だ。

『Point Blank』では、妻が拉致された“男性看護師”サムエルがストーリーの中心だった。主人公のサムエルに加え、危機に陥った“キラー”ウィーゴがお互いに異なる目的を持ちながらも、一人のターゲットを追うというストーリーを描いた。

一方、『標的』は謎の殺人事件に巻き込まれた男ヨフン(リュ・スンリョン)を中心に、妻を助けるためにヨフンを手助けすることになった医師テジュン(イ・ジヌク)、そして息子を追う二人の刑事ソン班長(ユ・ジュンサン)とヨンジュ(キム・ソンリョン)の追撃戦を描いた。


▶ さらに壮絶になったアクション

リュ・スンリョンが初めてアクションに挑戦し、話題を集めている分、俳優達のアクションにも注目が集まっている。

『Point Blank』はスピード感溢れる展開とウィーゴの巧みなアクションで観客を楽しませたが、『標的』はずっしりとした重みのあるアクションを披露する。多くのアクションシーンをこなしたリュ・スンリョンをはじめとし、イ・ジヌク、ユ・ジュンサン、キム・ソンリョンの全員がそれぞれの状況に合ったアクションを見せる。


▶ 韓国の情緒がちりばめられている

『Point Blank』のストーリーの中心は平凡な男性看護師だったが、今回の『標的』では、韓国の文化に合わせて主人公の職業がレジデント医師に変更された。それだけでなく、キャラクター間の関係を細かく設定した上で同僚愛や家族愛を描き、韓国の観客の共感を得られる内容になっている。

また、妻を救うために奮闘するテジュンの劇的なシチュエーション、そして家族を守るための切実な心情をよりリアルに描き、韓国の観客からも絶賛されることが予想される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
リュ・スンリョン
イ・ジヌク
ユ・ジュンサン
キム・ソンリョン
関連記事
映画『標的』の原作監督「リュ・スンリョンの演技は強烈」絶賛2014/04/18
すべて一覧
90年生まれのアイドルガールズ編【年齢別アイドルピックアップ】[フォト] 2014/04/23
89年生まれのアイドルガールズ編【年齢別アイドルピックアップ】[フォト] 2014/04/23
イケメンだからこそ挑戦できる長髪!!スター達のヘアスタイルに注目 2014/04/23
話題の新作映画『標的』、原作『Point Blank』との違いは?? 2014/04/23
パク・シネ、沈没事故の犠牲者らのために5千万ウォン寄付 2014/04/23
ヒョンビン主演映画『逆麟』がついにベールを脱ぐ!! 2014/04/23
4月は“純粋”ブーム!?IU、A Pink、楽童ミュージシャンなどがブームの中心に!! 2014/04/23