[ドラマ] 4年ぶりドラマ復帰のキム・ヒョンジュン、事務所代表ペ・ヨンジュンの助言は…(1)

2014/01/10 15:56:49

俳優キム・ヒョンジュン(28)が、言葉の前に拳が出るような朝鮮最高のケンカ屋として戻ってきた。15日に初放送されるKBS(韓国放送公社)第2テレビの新しい水木ドラマ『感激時代』でだ。キム・ヒョンジュンは、1930年代の日帝統治下で朝鮮最高の「拳」で名をはせた金斗漢(キム・ドゥハン)と「シラソニ(オオヤマネコ)」の異名を持っていた李聖淳(イ・ソンスン)をモデルに再創造した人物シン・ジョンテ役を演じる。

チェ・ジェソン、キム・ガプス、ソン・ビョンホ、チョン・ウンビン、ヤン・イクジュン、キム・ソンオらが韓日中の男たちが繰り広げる義理・友情を、イム・スヒャン、チン・セヨンとは重いメローラインを描く。24回作の『感激時代』は150億ウォン(約14億8000万円)の制作費を投入した2014年KBSの野心作。『イタズラなKiss』以来4年ぶりに華麗に復帰するように見えるが、出演から初撮影まで、そうたやすくはない過程を経てきた。2012年7月の1カ月間、日本撮影までしたKBSドラマ『都市征伐』の編成中止の痛みを体験した。それだけでなく昨年9月に『感激時代』の出演を確定した後、制作会社・女優の交替および作品の質向上などのためにドラマ編成が11月から3カ月延期される状況にも置かれた。キム・ヒョンジュンは9日午後、ソウル論峴洞(ノンヒョンドン)のインペリアルパレスホテルで開かれた『感激時代』制作発表会で、「一時は挫折感を覚えた時もあった。だが、すべてが良い勉強になったようだ」として「大変な時間をたどりながら良い姿をお見せできるという確信が持てた」と自信を示した。

- デビュー作『花より男子』(09)、『イタズラなKiss』で得た美男イメージは見いだせない。
「2つの作品はいずれも美男イメージが強かったことは事実だ。私の隠れたマッチョ的なイメージをお見せしたくてこの作品を選んだ。意欲が先走りすぎたのか、初めての撮影の時にキムPDから『あまり多くのものを見せようとするな』と指摘された。監督と相談しながらシン・ジョンテという人物を作り出した」

- 4年間の空白期間は困難が多かった。
「長い間の空白があったからこそ良い作品ができたのではないだろうか。『都市征伐』の編成が失敗に終わり、挫折もした。しかし振り返ってみると、良い制作スタッフや俳優らと一緒にした点、大変な経験で成熟したことなど得たものが多かった。お金では買えない授業を受けたと思っている。その間に『演技とは何か』について深く考えた。ある先輩が『演技は、ある人の人生を描くこと』という話をしてくれたが、それが胸に響いた。色々なことを体験して演技に対する自信もついた」


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
キム・ヒョンジュン
感激時代
関連記事
「感激時代」キム・ヒョンジュン、男の匂いを撒き散らす不世出のファイターに変身2014/01/10
「感激時代」キム・ヒョンジュンが、チャン・グンソクを応援2014/01/09
「感激時代」キム・ヒョンジュン&イム・スヒャンカップル、上海で新年あいさつを伝え2013/12/31
世界中のファンがキム・ヒョンジュンに18トンの米花輪をプレゼント2014/01/09
俳優キム・ヒョンジュン主演『感激時代』、日本・米国・タイなど先行販売2014/01/07
すべて一覧
【VIXX M COUNTDOWN STAGE PHOTO 12/12】 2014/01/10
【EXOクリスマスver M COUNTDOWN STAGE PHOTO】 2014/01/10
【VIXX M COUNTDOWN STAGE PHOTO 12/19】 2014/01/10
4年ぶりドラマ復帰のキム・ヒョンジュン、事務所代表ペ・ヨンジュンの助言は…(1) 2014/01/10
GOT7のグループ写真公開、 6年ぶりにJYPからデビューするボーイズグループとは?? 2014/01/10
RAINが整形をしなかった理由「二重の手術を勧められたけど…」 2014/01/10
RAINが自慢の腹筋を公開し、「毛深くなった。生え変わりかな?」 2014/01/10