[映画] 『友へ チング2』のユ・オソン「全盛期取り戻す欲? これが失敗すれば終わり」(2)

2013/11/27 15:03:21

- クァク・キョンテク監督と『友へ2』を機に長年うっ積したものを取り払ったそうだが。

「厳密に言えば、映画制作会社側との摩擦のためにクァク監督とも疎遠になった。クァク監督とは『チング』と後続作『チャンピオン』を相次いで一緒にした。2002年の『チャンピオン』の映像の一部が某衣類会社の広告に使われ、私が著作権訴訟を起こす中でクァク監督と私をめぐるさまざまなデマがあふれた。以後、距離をおいて過ごしていたのが事実だ。昨年2月、クァク監督から『友へ2』の出演提案を受けながら自然に和解した。互いに酒杯を傾けながら『今回の作品がつぶれたら2人とも苦労することになる』という話をやりとりして内心を打ち明け合った」

- 前作で「ツートップ」として登場したチャン・ドンゴンの空席を、若きスター、キム・ウビンが埋めた。そばで見守った後輩キム・ウビンはどんな俳優なのか。

「あらゆるものが素晴らしい後輩だ。会う前から期待が大きかったが、それ以上にうまくやってくれた。何よりとても誠実な友人で、ひときわ多くの愛情を向けた。わざわざ先輩役をしようとはしなかったが、あまりにもウビンを気に入ってしまい、思わずあれこれ助言をすることになった。若い俳優の中で久しぶりに本当になかなか良い友人に会ったようで、気分が良かった」

- この頃、忠武路(チュンムロ)では「ユ・オソンがとてもやわらかくなった」という話をする人が多い。

「20、30代の若い時期には、私だけのものさしで『良い悪い』を評価して、そのまま言葉や行動で表現した。そうすると多少過激に見えたのも事実だ。未熟で至らなかった部分が多かったためのようだ。時間が過ぎる中で多くの経験をしたし、私の考えだけが正しいわけではないとの事実を認めることになった。この頃『とてもやわらかくなった』という話を聞くのだが、そのたびに『年齢のせいか筋力が落ちたからだろう』と笑ってすごす」

- 2人の息子にとってどんな父親なのか。

「よく気がきく方だ(笑)。長男は中学生、次男は幼稚園児だ。成績表で叱ることはしない。時々、長男が良くない点数を取った時も『クラスの友達に配慮しているんじゃないのか』という笑い話にしている。そして子供たちには『ひとつの分野で飛び抜けた存在になったら良い』という話をたびたびしている。人生の目標を提示する父よりも、人生の方向性を提案する人生の先輩になりたいと思っているからだ」


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
ユ・オソン
友へ
クァク・キョンテク
関連記事
俳優キム・ウビン「映画『友へ』、父親と一緒に観賞した大好きな映画」2013/11/22
映画“友へチング2”1位…またしても始まった“チングシンドローム”2013/11/18
「友へ チング2」青少年観覧不可でも公開4日で100万人を突破2013/11/17
映画『友へ チング2』、米フィルムマーケット通じて3カ国に先行販売2013/11/14
「友へ チング2」キム・ウビンの撮影現場スチールカットを公開2013/11/03
すべて一覧
俳優イ・サンユン、日本で初の単独ファンミーティング 2013/11/27
ヒョナ-ヒョンスン、旭日旗ペアTシャツ論争「コンセプトは?」 2013/11/27
2AM、8カ月ぶり新譜で冬の感性を刺激 2013/11/27
『友へ チング2』のユ・オソン「全盛期取り戻す欲? これが失敗すれば終わり」(2) 2013/11/27
『友へ チング2』のユ・オソン「全盛期取り戻す欲? これが失敗すれば終わり」(1) 2013/11/27
“完全体”KARA、活動終了まであと1カ月…第2期のカギ握る・ジヨン 2013/11/27
“完全体”KARA活動終了目前、2期のキーポイントは「ジヨン」 2013/11/27