[映画] 『ザ・ファイブ』のキム・ソナ、迫真演技の裏にイム・チャンジョン?

2013/11/12 15:47:12

新作映画『ザ・ファイブ』(チョン・ヨンシク監督)に出演した女優キム・ソナが「イム・チャンジョンから演技を間違って学んで苦労した」という発言をして目を引いた。

キム・ソナは11日午後、韓国日刊スポーツとのインタビュー中「キャラクターに没頭して苦労したことが多かった」として「2003年に公開された映画『偉大なる遺産』の撮影中にイム・チャンジョンから間違って学んだからだ」と冗談を言った。さらに「当時チャンジョンさんが、体もよく洗わない怠けた失業者を演じた。キャラクターに没頭するのは良いが、歯も磨かず目やにがついた状態でカメラの前にそのまま立っていた。そうでなくても人見知りする人なのに、チャンジョンさんのそんな姿を見て『本当にひどい』と思った。ところが共演してみたらキャラクターそのものになったチャンジョンさんのおかげで私まで演技がうまくいった」と付け加えた。

また、「自分を捨てて最初からそのキャラクターとして生きていくチャンジョンさんを見て多くを学んだ。その後から私も少しずつ変わった。外泊後、家に戻るシーンを撮る時はメーキャップベースも塗らない状態でそのまま撮影に入った。その後も毎度、別のキャラクターを演じるたびにその人物の感情に徹底して同化しようと努力した」としながら「チャンジョンさんを見ながら『あんなふうに演じなければならない』と思って、おかげで『苦労を買ってまでやっているのではないか』と思うことも多かった。それでも今までチャンジョンさんを『演技を教えてくれた先生』と思っているのは変わらない」と伝えた。

芸能界関係者たちによれば、実際にキム・ソナは『偉大なる遺産』以後、演技スタイルが変わった。出世作のドラマ『私の名前はキム・サムスン』(05)に出演する際、リアリティーのためにわざわざ体重まで増やしたのはもちろん、衣装1つにまで注意深く気を遣ってキャラクターを精巧につくった。突然太ったために衣装の協賛が容易ではなく、スタイリストなど知人たちが着ていた服の中から撮影用の衣装を選ぶ場合も多かった。この時もキム・ソナが直接衣装を選んでサムスンの「スタイル」を作った。

映画『闘魂』(11)やドラマ『女の香り』(11)で続けて余命宣告を受けたキャラクターを演じた時は特に大変だった。死を前にしたキャラクターを、説得力を持って表現するために体重を減らしたのはもちろんで、最初から寝る時間まで減らして青白い顔を作った。特に『女の香り』の撮影時は6カ月かけてわざわざ一日2時間以上眠らずに耐えた。死が差し迫った人物を視覚的に見せて自らキャラクターに没頭するために選んだ方法だった。

キム・ソナは「あまりに無理をしたために2週間ぐらいは最初から気が抜けた状態だった。なぜこんな苦労を買ってまでするのかと泣いたりもした。無理にやせて眠りたいのをこらえつつ、かなりデリケートになって周囲の人々まで疲れさせた。後で体を元どおりにするために食べようとしても消化できなかった」として、深く没頭して演じていた当時を思い出した。

『ザ・ファイブ』でキム・ソナは殺人鬼に家族を奪われた後、復讐を誓う女性ウナを演じた。下半身が使えなくなった状況で車椅子に頼りながら復讐を試みるキャラクターの心理状態と外見を描写するために、今回も「すさまじい」という言葉が出るほど没頭する姿を見せた。14日封切り。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
キム・ソナ
ザ・ファイブ
関連記事
女優キム・ソナ、『ザ・ファイブ』現場スチールカット公開2013/11/07
「ザ・ファイブ」出演陣が釜山国際映画祭で舞台挨拶 [フォト]2013/10/05
キム・ソナ主演映画「ザ・ファイブ」11月14日に公開決定2013/10/01
キム・ソナ主演映画「ザ・ファイブ」強烈インパクトのポスター公開2013/09/23
キム・ソナ『ザ・ファイブ』で1年ぶりにスクリーン復帰2013/01/29
すべて一覧
ソロカムバックのBIGBANGのSOL「今したいのは愛すること」(2) 2013/11/12
ソロカムバックのBIGBANGのSOL「今したいのは愛すること」(1) 2013/11/12
女優チョン・ドヨン「ハンサムなコ・スの顔のせいで心配だった」 2013/11/12
『ザ・ファイブ』のキム・ソナ、迫真演技の裏にイム・チャンジョン? 2013/11/12
整形疑惑の2NE1ミンジ側「20歳になって可愛くなっただけ、整形ではない」 2013/11/12
FTISLANDとCNBLUEの普段の姿は?FNCリアルドラマ公開 2013/11/12
ジェジュン、日本の練習室公開“ロッカーカリスマ満点” 2013/11/12