[K-POP] ヒチョルのSM卑下?今回は作曲家ユ・ヨンジンがターゲット

2013/11/08 14:32:03

“舌戦”のキム・ヒチョルがまたしてもSMエンターテイメントに関する暴露をした。

今回はSMを代表する作曲家ユ・ヨンジンがターゲットとなった。

11月8日に放送されたJTBC“舌戦”37話で、キム・グラが「ユ・ヨンジンの曲がまだ競争力があると思うか」と聞くと、ヒチョルは「これは違うなと思ったこともあった」と正直に明かした。

ヒチョルは「僕たちもガイドバージョンを聞いて「どうしよう」と思ったことがある。少女時代の『The Boys』の場合も、当時「少女時代だからうまくいっただけで、他のチームだったら分かんない」と言ったこともある」と明かした。少女時代の『The Boys』の韓国語バージョンはユ・ヨンジンが作詞した。

ユ・ヨンジンは歌手出身の作曲家としてSMの歌手たちのために多くの歌を作詞してきた。東方神起の『Rising Sun』、『Triangle』、SUPER JUNIORの『Sorry Sorry』、『ミイナ』、BoAの『Girls on top』などが代表作だ。

この日の放送では、昨年の著作権収入1位を探った。1位には約12億ウォンの収入をあげたパク・ジニョンがランクした。作曲家チョ・ヨンスを除いた5位圏内の人物達がすべて大型事務所の所属だという点に注目が集まった。YGエンターテイメントではテディとG-DRAGONがそれぞれ3位と5位にランクした。

著作権収入ランキングを見たパク・ジユンは、「SMはシンガーソングライターをたくさん育てない雰囲気みたいだ」と話した。

これに関し、SMエンターテイメント所属SUPER JUNIORのメンバーであるヒチョルは、「イ・スマンは専門家たちよりも上手いわけじゃなければ、歌をもらってうまく歌うことが大事だという考えを持っている」と明かした。

キム・グラが「イ・スマンの考え方が正しいかもしれないが、YGのように上手くいった曲はアルバムにいれてやる気を出させてあげれば、ずば抜けたシンガーソングライターがでてくるんじゃないのか」と話すと、ヒチョルは「そういうことを考えてないわけではない。でも僕たちは決定的に作曲家ユ・ヨンジンとケンジという壁を越えることができない」とSMエンターテイメント内でのユ・ヨンジンの存在感を示した。

ヒチョルが公開した新たなSM内の秘密は、著作権料以外の歌手たちに入る副収入に関することだった。ヒチョルは「著作権料の代わりにMD商品の販売をして副収入を得る」と明かした。映画評論家ホ・ジウンが「海外でたくさん売れそうだ」と言うと、ヒチョルは「海外での販売がすごい」と明かした。

また、「誰の商品が一番良く売れるか」という質問に対し、ヒチョルは「少女時代テヨンが一番売れる。タンブラーやTシャツにテヨンの顔がはいっていれば完売だ」と明かした。

ヒチョルは9月に“舌戦”に合流し、所属事務所SMエンターテイメントに関する正直な評価で注目されていた。SMが制作したドラマに続き、SM所属の男性歌手たちの音源実績、副収入、SMの作曲家ユ・ヨンジンに関する暴露まで告白し、これからのヒチョルの発言にも注目が集まっている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
SUPER JUNIOR(スーパージュニア)
ヒチョル
関連記事
ヒチョル「SMの中でテヨンの商品が一番売れる」2013/11/08
ヒチョル「ヒョナとヒョンスンの19禁は、付き合ってないと不可能」2013/11/01
ヒチョルが暴露「ヒョナのリハーサル、男性アイドルはみんな飛び出す」2013/10/30
SUPER JUNIORヒチョルが漫画家に転身?!2013/09/27
すべて一覧
トニー・アン&ヘリ破局「頻繁に会えずに疎遠になった」 2013/11/08
ヒョナ「TROUBLE MAKERキスシーン、ムードを作れないまま撮影した」 2013/11/08
ヒョンスン「BEASTメンバー、TROUBLE MAKERの活動羨ましがらない」 2013/11/08
ヒチョルのSM卑下?今回は作曲家ユ・ヨンジンがターゲット 2013/11/08
ヒチョル「SMの中でテヨンの商品が一番売れる」 2013/11/08
ソルリ、チュウォンの女に?映画“ファッション王” 2013/11/08
EXO、SUPER STAR K5のパク・ジェジョンと対面 2013/11/08