[K-POP] BIGBANGのV.I…アルバム制作の舞台裏を赤裸々に語る(1)

2013/08/28 14:20:46

“ストロング・ベビー”BIGBANGのV.I(スンリ、23)が、音楽的に貪欲になった帰ってきた。2011年1月の『VVIP』以後、2年7カ月ぶりに発表したソロアルバムのプロデュースをして、チームの兄貴分であるG-DRAGON(ジードラゴン)・SOL(テヤン)のようなミュージシャンの領域に一歩近づいた。これまでのV.IのキャラクターはBIGBANGのやんちゃな末っ子だった。だが今回はYGトップのヤン・ヒョンソクも彼の音楽的意見を尊重し、ヤンプロデューサーのサポートなしで全てV.Iのカラーが入ったアルバムを完成させた。

アルバム収録曲6曲の歌詞をV.Iが全て書き、作曲は共同作曲家と共に取り組んだ。V.Iは「駆け足で作業をした。その過程で私にもこんな才能があるのだなという気がした」と言ってぎこちなく笑う。タイトル曲『GGBE』は昨年、半年余り付き合ったというガールフレンドとの実際の話をとり上げたもの。「俺の女がどうして俺を置いて他の男のもとへ行く/じゃあ俺は何だ/俺をもてあそんだのか/悪い女」(『GGBE』から)など、当時彼に大きな傷を残した愛の苦い経験を写実的に表現した。約3年ぶりに、より一層濃密な男の香りを漂わせて戻ってきたV.Iに会った。

- 全曲を作詞・作曲・プロデュースした。

「実は1曲も書きたくなかった。初めはTEDDY(テディ)・G-DRAGONさんにお願いした。ところが皆とても忙しくて作業を一緒にできなかった。皆を待っているうちにアルバムの進行がずっと押し気味の雰囲気だった。ヤン・ヒョンソク社長から『お前が1回やってみろ』と言われて始めた。駆け足でアルバム制作に取り組んだ。私にもこんな才能があったんだなあと思った(笑)」

- アルバム制作の中で最も気を遣った点は。

「BIGBANGではないV.Iだけの特有のメロディが必要だった。ラップでもなくて普通の歌のメロディでもない、独特のメロディをつくり出したかった。メロディに対する私だけの自負心を持って独創的な才能を思う存分いかした」

- 他の人に曲を提供する考えもあるのか。

「私の曲をつくるのでさえ面白い作業なのに、ほかの人のために作曲するというのはどれほど興味深いことか。服を作るデザイナーの心境が分かるようだ」

- 作業過程は簡単だったか。

「7年間活動しながら学んだことをフル活用した。歌詞を書く時も、記憶をたどりながら一つひとつ書いていった。大衆が好む歌詞と嫌いな歌詞を選ぶ方法が分かったし、7年間メンバーらとやり取りした対話から多くのヒントを得た。どうしてもG-DRAGONさんから多くの影響を受けた」

- 共同作曲として名前を挙げている。どれくらい参加したのか。

「歌詞を書く時は(Epik Highの)タブロさんにも助けを求めた。G-DRAGONさんは『ファンは君の率直な言葉を聴きたいんだ』と助言してくれた。作曲をする時は私が主なメロディをつくった。メロディに合う伴奏と編曲は共同作曲家と一緒にした」

- 収録曲のジャンルが多様だ。

「ある歌手のアルバムをずっと聴いていると簡単に飽きてしまう傾向がある。時代が変わるほど人々は新しいものを望む。1番トラックから最後まで、重なる雰囲気の曲はない。楽器のサウンドや声のトーンまで変えようと努力した。ポジションを確実にして役割をうまく果たせるプロフェッショナルな姿を見せたかった」

- メンバーの評価はどうなのか。

「初回放送が終わってG-DRAGONさんから長文の文字メッセージが届いた。『ソロのダンスがすごく変。もう少し重みがあってもかまわない。衣装も普段着みたいだ。スタイルが年とって見える。からかい半分で言っているわけでも、疎ましくて言っているわけでもなくて、もっとうまくやれると思って言ってるんだよ』と。こんなふうに細かくモニターしてくれる」

- ヤン・ヒョンソク社長がアルバムに手をつけなかった。

「その通りだ。今回の制作作業にはほとんど干渉しなかった。関心がないのではなく、どのようにするのか見守ろうとしているようだった。おかしいぐらい全面的に私に全て任せてくれた。自分が先に提案することさえした。ヤン社長がどんな事案についても先に私の意見を聞いて相談したことはほとんどなく、本当に珍しかった。私をアーティストで見てくれている感じというか。その時の嬉しい気持ちは言葉では表現できない」

- ティーザー映像がものすごく派手だった。男性的なイメージを強調するための工夫だったのか。

「BIGBANGではなくソロで出た時は、これまでの姿とは違う差別化した姿を見せたかった。Rain(ピ)・SE7EN先輩やG-DRAGONさんのようにソロアーティストとしての姿を見せようと努力した。男性のソロ歌手がしなかったコンセプトを追及するうちに成熟したV.Iを込められた」

- 自らもセクシーだと感じるか。

「そうだと言うのは恥ずかしい。うーん、熱心に仕事をする男たちがセクシーに見えるようではある」


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
V.I (スンリ)
関連記事
BIGBANGのV.Iがカムバック記念のサイン会に登場[フォト]2013/08/28
BIGBANG V.Iが日本で報道されたスキャンダルについて初めて言及2013/08/28
ソロカムバックしたBIGBANGのV.Iが7日に“SNL”出演2013/08/23
【M COUNTDOWN】BIGBANGのV.Iがソロでカムバック2013/08/23
BIGBANGのV.I、6つの音源チャートで1位…デビュー7周年を自ら祝う2013/08/20
すべて一覧
女優チェ・ジウ、“韓国版三田”に完ぺき変身…松嶋菜々子とシンクロ率100% 2013/08/28
TEENTOP、新曲の制作発表会で今回の新曲についてコメント 2013/08/28
BIGBANGのV.I…アルバム制作の舞台裏を赤裸々に語る(2) 2013/08/28
BIGBANGのV.I…アルバム制作の舞台裏を赤裸々に語る(1) 2013/08/28
KARA新曲ティーザー第2弾公開…“ブラックホール視線”発射! 2013/08/28
防弾少年団が初のバラエティに挑戦“新人王チャンネル防弾” 2013/08/28
クォン・リセ、カムバックを前にアートメイクアップグラビアを公開 2013/08/28