[K-POP] [長編インタビュー①]東方神起日産スタジアムコンサート

2013/08/19 14:04:44

東方神起は8月17日、18日、日本の横浜日産スタジアムで “東方神起ライブツアー2013〜TIME〜ファイナル日産スタジアム”を開催し、二日間で約14万4000人を動員した。

このような驚くべき成果について、ユンホは 「今日スタジアム公演をしながら、いろいろ考えさせられた。スタッフの方々やファンの方々、そしてチャンミンと一緒に達成できたことだから嬉しい。ファンの方々が心から応援してくださって、国内ファンの皆さんにかっこいい姿、そして良いニュースをお届けできたようで気分が良い 」と話した。

東方神起の一問一答。

- 7万2,000人の前でパフォーマンスした感想は?
▲(ユノ)東京ドームも大きいけれど、日産スタジアムに立ったとき想像していたよりも大きくて心配していた。実際に走ってみるとドームの1.5倍の距離。できるかどうか心配だったがけど、ファンの応援を受けると僕たちも、不思議なエネルギーが出てくるみたい。本当にうまくやりきったと思う。

(チャンミン)ずっと前から僕たちが夢見ていた日本の5大ドームツアーを無事に終えたところで、すぐにスタジアムライブという想像も出来なかった夢を実現することができて嬉しい。公演開始は5時30分からだったけど、会場に入るために朝から並んで待ってくださったファンの方々に感謝している。僕たちが今まで行ってきたどの公演よりも一番規模の大きい公演だった。観客動員も大きく、スケールも大きい。史上最多の観客の前で公演するとなると緊張はしたけど、楽しめたからとても気持ちがいい。」

- 今回の日産スタジアム公演は、海外での活動の大きい分岐点であるともいえるが、自分たち自身どのように評価しているか?
(ユノ)僕たち東方神起はどんな舞台でも、より上を目指して行こうという考えよりも、その瞬間を楽しもうというタイプだ。小さな公演は小さな公演なりの面白さがあって、それを熱心にこなしていき、中くらいのホール公演もしながら、ここはこんな魅力があるんだと感じていた。どんどん場所を移しながら新たな魅力を捜していたら、ここまで来た。スタジアムでコンサートをしたからといって、大スターだとは思わない。こういうのが僕たちの魅力ではないかと思う。日本に初めて来た時もありのままの姿をお見せしようと頑張っていたら、それを評価してくれたんだと思う。真剣に相談をしながら完成させ、努力する姿を見てくれたようだ。

-東方神起を追って日本で活動するK-POPの後輩歌手たちが多い。東方神起のように成功するにはどのようなことが重要だと思うか?
▲(ユノ)韓国には実力があってかっこいい方たちが多い。より本気で取り組み、ここまで這い上がって来た時が始まりだ。どの国に行っても心から一生懸命頑張れば良い。見えるものがすべてではない。それで十分だ。韓国には立派なアーティストが多い。

(チャンミン)僕たちは外国人アーティスト初という気持ちの良い記録を残すことになったが、僕たちも初めて日本で活動していた時には、誰かの記録を塗り変えたとたくさん言われていた。実際に僕たち二人のような場合は、これから僕たちの後にも活動していく後輩、同僚たちが僕たちの記録を超えてほしいと本気で思っている。そうすることによって、韓国の歌詞が世界中に知られるようになり、韓国の音楽を広めることができるし、韓国という国を知らせることができる。国のためにも後輩たちが僕たちよりも広まったらと思う。そういう風に熱心に活動していき、ただ単に記録を立てることいりも韓国の音楽を広めていくことを望んでいる。

-今年で10周年。10周年を記念してどんなことを計画しているのか?
▲(チャンミン)今年12月末にちょうど10年目となる。最初に某テレビ局の初ステージで蚕室(チャムシル)総合運動場で行ったショーケース、日本に来て行ったハウス公演、ホール公演、さらにアリーナ、ドーム公演までした。僕たちの口から言うのも恥ずかしいけど、自信を持って言えるのが、10年前には小さな規模で公演していたが、今となっては大きな会場まで成長したということに関しては本当に感慨深い。ついさっき僕たちの周りのスタッフの方々と話していたら、スタッフが泣いているのを見た。僕たちは10年の間に、単に漠然と一生懸命やってきたのではなく、きちんと汗と努力を積み重ねながら、東方神起という道を作ってこられたようで胸がいっぱいだ。

(ユノ)10周年になってたくさんの考えがある。アルバムなりコンサートなりイベントなり、何かあるはずだ。東方神起の新しい姿をお見せする機会もありそうだけど、どのような形でお見せできるかが課題だと思い、最近悩んでいるところだ。

-スタジアム公演は、それぞれどんな意味があるのか。また、今回の公演で何を見せたかったのか?
▲(ユノ)観客の方々にどのように楽しさを提供するかが課題だった。僕たちが直接近くに行くのが良いと思い、たくさん走るためにダイエットもした。僕のような場合、振り返る機会になった。僕が正直になって自信を持って自分自身を見つけることができる場所はどこなのか考えてみたけど、ステージだった。悟らせてくれるところが舞台だと思う。僕たちは希望を与えることができるという思いをより感じた。

(チャンミン)子供の頃、サッカーの試合で見てきた競技場だ。僕たちが世界中で行ってきた公演をあわせても最大規模の公演だった。僕たちはここが外国で、外国人が行う公演なのに僕たちの公演の中で最多観客を動員できたことが本当に心から嬉しい。そういう意味で、これから僕たちがもっと熱心に努力をして、より多くの日本の方々、さらには海外のファンの方々に愛される、国や言語の壁はあるけれど、それを乗り越えることができる国際的な歌手になるためにもっと頑張らないといけないと思う。

-さらなる次の目標は?
▲(チャンミン)次はどこでしたいというよりも日産スタジアムで僕たちが公演することができたというだけでも夢のようだ。実際に会場がとても大きいから、いくつかの演出が可能にはなるけど、観客の方々の立場から見た時、歌手との距離が遠いため一体感を作るのが難しい。熱い熱気の中でするのも良いが、より近い距離でできなかったのが少し残念だった。ずっと長い時間炎天下で待ってくれたファンにちゃんと目を合わせて挨拶をしたかった。会場に関係なく、観客と一体になることができる、見た目が派手なものよりも中身が濃くて凝縮されている、より多くの観客、僕たちファンの皆さんとしっかりとした関係を形成することができる歌手としてロングランしたい。

(ユノ)チャンミンの言う通りだ(笑)個人的な考えだけど、より大きいところで公演することも重要だけど、移動しながらもサイズに合う公演をするのが本当にかっこいいんじゃないかと思う。ファンが望んでいるサイズ、コンセプトに合ったアーティストになりたい。長く活動している立派な先輩たちのように密度のあるアーティストになりたい。かっこよく変化して素晴らしいアーティストになって後輩たちに共感できる歌手になりたい。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
東方神起(TVXQ)
関連記事
東方神起は「最初、最高」、彼らが歩んできた道を語る!2013/08/16
東方神起 チャンミン、「日本代表コーチにバドミントン学んだ」2013/08/14
韓流危機克服レポート、「東方神起とJYJの合同公演が糸口になる!?」2013/08/13
東方神起の友情ブレスレットが話題! パフォーマーたちとの仲を誇示2013/08/13
東方神起、日本市場の頂点突き抜ける…日産スタジアム公演が持つ意味2013/08/19
すべて一覧
俳優ソン・ジュンギ、入隊前のファンミで涙…親友チョ・インソンも登場 2013/08/19
ヘンリー後続曲『1-4-3』のティーザー公開 2013/08/19
[長編インタビュー②]東方神起日産スタジアムコンサート 2013/08/19
[長編インタビュー①]東方神起日産スタジアムコンサート 2013/08/19
A PinkハヨンとGirl’s Dayヘリの美貌対決“堂々と腹筋公開” 2013/08/19
SISTAR秋のグラビア“露出しなくても超セクシー” [フォト] 2013/08/19
今、韓国映画がアツい!!! 2013/08/19

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top