[K-POP] JYJ側「ローエンと円満に解決…ジュンスのプロモーション進めていく」

2013/07/10 14:20:59

“スーパー甲(絶対優位者)”ローエンが白旗を揚げた。

JYJの所属事務所C-JeS(シージェス)エンターテインメント(以下、C-JeS)側は10日午前、報道資料を通じて「ローエンエンターテインメントと業務協議上の紛争が円満に解決された」と明らかにした。

続いて「今月9日、ローエン代表級実務者と会ってジュンスのセカンドアルバムの流通を含め、協議していたすべての広報マーケティングプロモーションを予定通りに行うという公式的な立場を受け取った。その間、多くのファンが期待しているショーケースをメロンTVを通じて全世界に生中継する予定で、ローエンもメロンの顧客との約束を守ることができるようになった。オンライン広報プロモーションも正常化されて公正な音楽と舞台をお見せできる準備が整った」と伝えた。

C-JeSは9日午前、JYJメンバーのジュンスのセカンド・アルバムの発売を6日後に控え、流通会社のローエン側から広報マーケティング不可の立場を通知されたと主張した。C-JeS側は「今年5月からローエンとキム・ジュンスのセカンドアルバムについてオン・オフラインの流通業務を進めることを決定し、業務協議を進めてきた。実務者と数回にわたる会議と50通を越えるメール業務等を通して、ジュンスのアルバムに対するコンテンツ内容をすべて共有し、今月2日にはアルバム収録曲『11時、その程よさ』を正式にオンラインで流通させて海外サイトでの販売も進めていた」とし「15日の発売を控え、発売日から主な音源サイトで展開する広報マーケティングの最終協議を進め、メロンの顧客を招待したショーケースイベントを進めているところだった」と詳しく伝えた。

ローエン側はこれに関連して「イベント関連契約は確定でなく協議段階だ。具体的な内容を公開する訳には行かないが協議の最終過程」とし「意志決定していない状況では断言できないものではないだろうか」と説明した。続いて「流通契約は今も進めており、現在メロンのホームページにもキム・ジュンスのイベントに関するバナーが載せられている」と反応した。

関係者は今回の一件について「報道機関とファンが力を合わせて権利を取り戻した正しい事例と見ることができる」と説明した。

一方、キム・ジュンスは15日に新しいセカンドアルバム『INCREDIBLE』をリリースする。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
JYJ(ジェイワイジェイ)
キム・ジュンス
関連記事
JYJジュンス、強烈なサウンド+洗練されたビジュアル2013/07/08
JYJキム・ジュンス、marie claireに登場…歌手・俳優と変化自在2013/07/08
JYJジュンス、魅力たっぷり「少年と大人の男の狭間」2013/07/06
JYJジュンス、「毎日レコーディング室で過ごせて幸せだった」2013/07/05
JYJキム・ジュンスの新曲『11時、その適当さ』、チャート上位圏に2013/07/03
すべて一覧
CNBLUEの妹グループAOA、23日に日本ショーケース 2013/07/10
歌手Rainが除隊…芸能兵士とキム・テヒについての言及なく「努力する」 2013/07/10
テギョン、オ・ヨンギョル仮想結婚終了…”また会えるかも” 2013/07/10
JYJ側「ローエンと円満に解決…ジュンスのプロモーション進めていく」 2013/07/10
2NE1”飛行機事故によりカムバック延期” 2013/07/10
少女時代の歯磨き動画 2013/07/10
勇敢な兄弟の弟子BIGSTAR、EXID、D-UNITが日本に! 2013/07/10