[ドラマ] 女優キム・テヒ「順調だった人生…“張玉貞”で毒気が生まれた」(1)

2013/07/01 16:46:05

“張玉貞”を手放した女優キム・テヒ(33)は多少やつれて疲れを見せていた。朝鮮王朝実録が認めた美貌の持ち主・張禧嬪(チャン・ヒビン)を演じるほどに美しい顔だったが、どこか“気をすっかり吸われてしまうような”姿だった。彼女は25日に放映終了した自身の初めての史劇挑戦作であるSBS(ソウル放送)のドラマ『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』で歴代9番目の張禧嬪であり権力争いよりも粛宗(ユ・アイン扮)との愛に人生を捧げた張玉貞役を演じた。ドラマ序盤で“優しい張禧嬪”“朝鮮時代のファッションデザイナー”という新しいキャラクターを持ち上げて意欲に満ちた姿を見せたが、以後、これまでの“あくどい張禧嬪”になじむ視聴者たちから非難を受けた。蓋然性のないストーリーや偶然に依存した展開にも非難が激しくなった。

最近、韓国日刊スポーツと会ったキム・テヒは、史劇特有の殺人的なスケジュールだけでなく、自身に3カ月間向けられ続けた“演技力非難”にひどく精神的な苦労をしたような印象だった。彼女は「私の演技力について否定的な視線を向けていた方々の意見も十分に尊重する」と淡々と話しながらも、「“張玉貞”は今まで出演したドラマの中で最も大変だった作品」と内心を打ち明けた。

- 『張玉貞』の殺人的スケジュールについて言及したが。

「たくさん苦労した。今まで経験した中で最も大変なドラマだった。寝られずシャワーもできないのは言うまでもない。今でも監督やスタッフのことを考えると胸が痛くなる気持ちだ。これまでは主に16~20回の作品をしてきたが、24回の作品が本当に長く感じられた。終わって1人で半身浴をしながらゆっくり休んだ」。

- すごくやせたようだ。

「思ったよりあまりやせなかった。本来ドラマに入れば2~3キロ程度は落ちる方なのに、今回は移動中、時々キムパプ(海苔巻き)などの買い食いをしたおかげなのか1キロしか落ちなかった。時間のあるときはカルビタンなどのスープ類を食べながら体力補充に力を入れた。ユ・アインさんは7キロもやせたと言っていた」。

- 思ったよりも背が低くないが。

「大韓民国の女性の平均的な背の高さだ。160センチちょっとになる。今までドラマで共演した方たちの背があまりにも高かった。コン・ユ、クォン・サンウ、シン・ヒョンジュンさんやチェ・ジウ、ホン・スヒョンさんたちはあまりにも大きいのではないか。ユ・アインさんもそんなに見えなかったが、実際の背は180センチぐらいだった。『天国の階段』で共演したチェ・ジウさんは174センチだが、私が見るに少し縮んでいたようだ(笑)。小学校の時は教室で一番後ろに座るほど背が高かった。その時は“どうか、もう少し小さく可愛く”と望んでいたが、その夢がかなえられてしまった(笑)」。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
キム・テヒ
関連記事
女優キム・テヒ「『張玉貞』、私の人生の大きな波」2013/06/27
『チャン・オクチョン』キム・テヒ、愛に生きて死ぬ…視聴率10.3%で終了2013/06/26
女優キム・テヒ、『張玉貞』終映を迎え「心がとても痛かった」2013/06/26
KARAスンヨン、『張玉貞』でキム・テヒより光る“悪女演技”2013/06/25
KARAスンヨン、『張玉貞』にようやく登場…存在感はキム・テヒより上?2013/06/18
すべて一覧
渡仏チョン・ジヒョンの空港ファッション「ディオール一色」 2013/07/01
CNBLUEイ・ジョンシン、今度は史劇に挑戦 2013/07/01
女優キム・テヒ「順調だった人生…“張玉貞”で毒気が生まれた」(2) 2013/07/01
女優キム・テヒ「順調だった人生…“張玉貞”で毒気が生まれた」(1) 2013/07/01
奇誠庸、ハン・ヘジンの頬に甘いキス 2013/07/01
CNBLUE「虚偽事実を流布するな」…Crying Nutを告訴 2013/07/01
FTISLANDイ・ホンギ「鼻の奥がジーン…感動したから初映画の出演を決心」 2013/07/01