[K-POP] [インタビュー]驚異的な成長を見せるEXO、「僕たちはまだまだこれからだ」

2013/06/26 17:48:06

12人のオオカミがステージの上で暴れている。オオカミのように強烈なカリスマで、大衆の視線を惹きつける彼ら。6人ずつ分かれて韓国と中国で活動するグループEXO(エクソ)の話だ。

SMエンターテインメントから昨年、歌謡界に挑戦状を出したEXOは、1stフルアルバムのタイトル曲「狼と美女 (Wolf)」で12人が共に活動を始めた。分散した力がひとつに固まるからか。デビュー1年で大きな成果を上げた。低迷したレコード市場で、アルバムは予約注文だけ30万枚に達したし、地上波3社の音楽番組で1位を占めてトリプルクラウンを飾った。それだけでなく、ファンからのあふれる応援のおかげで、KBS 2FM「SUPER JUNIORのKISS THE RADIO」に出演した当時、聴取者などの爆発的な反応を導いて、サーバーダウンする初めての事態も発生した。

果たしてEXOの魅力は何なのか。実際会った彼らには魔性の何かがたくさんあった。模範回答を出すつまらないアイドルでない、自由奔放の中にも反転の姿がある12人のオオカミだった。

ひとまずすっきりとした容姿で視線を集めた彼ら。ここにセンスあふれる話しぶりで、話をさらさら解きほぐし、短い時間にも自身たちの魅力を表わした。時にはいたずらっ子な少年のように、時には覇気あふれる情熱的な男の姿も表わした。

「1位になったおかげで韓牛を思う存分食べた」という純粋さから「まだまだこれからだ」という真剣な姿まで、様々な顔を持つEXOにインタビューしてみた。

-デビュー1年で1位を獲得した。まぶしい成長のようだが感想が格別だっただろう。特に透明な涙を流したと話題にもなった。

「アルバムの発売まで練習期間も長かったのに1位候補に上がった。メンバーと1位を取れるか気をもんでいたがEXOと呼ばれた瞬間、今までのことが走馬灯のように過ぎ去った。その瞬間、メンバーと目が合ったが涙が出た。とても緊張して話したいこともでなくて、ずっと両親、イ・スマン社長、メンバーありがとうと何度も言っていた(笑)。感激の瞬間で思いが溢れすぎて泣きたかったが、感想を言わなければと涙をこらえるのに必死だった(笑)。おかげで透明の涙だとファンの間で言われたりもした。」(スホ)

-1位という感激に普通には過ごせなそうだが。

「翌日練習があって、メンバーどうし写真を撮ってお祝いしながら遊んだ。」(ベッキョン)

「いつもとは違うジャジャン麺も食べてカルビも食べた(笑) 。リーダーのスホがおごるとカードまで持って行ったが、30人を越える人が共に祝ったため、マネージャーが計算した。スホ兄さんは残念ながら飲み物だけ払ったよ(笑)。次また1位を取ったら兄さんがおごってくれるだろう」(チャニョル)

-1位を取った後、イ・スマン会長からの言葉はなかったか。

「本当におめでとうと連絡が来たし、1位を取ったが常に謙虚でという言葉も言ってくれた。」(チェン)

-今年はEXOの年であるようだ。初のフルアルバムなのに多くの記録を作っている。

「本当に感謝する。本当に運が良かったようだ。僕たちはカムバック期間がちょっと長かったが、それだけ今回のアルバムは一生懸命したし、力を注いだ。そのような部分をたくさん分かってくれて、多くの記録を立てているようだ。」(スホ)

「今回のアルバムに含まれた収録曲、パフォーマンスに対して僕たちが愛着をたくさん持っているだけに、ファンも関心が高くて良い結果が出たようだ。カムバックの知らせが出るや、その話もたくさんしてくれて本当に感謝する。」(レイ)

「発売1週間後のチャートで、11万8,000枚を記録した。KBS 2FM「SUPER JUNIORのKISS THE RADIO」の聴取者掲示板がダウンして、メッセージも10万件以上が掲載された。このようなことを見ると、僕たちに対する反応が熱いのは間違いないようだ(笑)。」(シウミン)

「兄さんたちが話したように運が本当に良かった。韓国のファンだけでなく、海外ファン、特にEXOを好む中国のファンがたくさん応援してくれた結果だろう。」(カイ)

-12人が共に活動することになった。良い点がさらに多いと思うが、あえて不便さを感じるのはどんな時か。

「まず長所はステージパフォーマンスだ。6人の時も華やかだったが、12人だとさらに良い姿を見せられるからだ。不便な点を挙げるなら、シャワーをする時ではないか(笑)。部屋が5つにトイレが2つなので、支度をする時は2、3人が共に使用することになる。そうした点が短所だがそれも皆、幸せだ(笑)。」(ベッキョン)

「人数が多いから僕たちから見ても、まとめるのがちょっと大変だ(笑)。車2台に分けて通っているが、生活的な面で不便なことはある。しかし、活動するにあたって12人が共にしたら、さらに力が湧いて楽しい。ステージに立つ日はいつもときめく。」(チャニョル)

「12人だから個人スケジュールをこなす時ちょっと大変だ。また、12人が共に仕事をする時も生活面において難しい点がある。しかし、おかげで僕たち12人が共に初めてのアルバムを発売できたので良い点が多い。」(カイ)

-マネジャー4人の計16人で生活してるそうだが、どのように部屋を使うのか気になる。

「部屋はマネジャーの兄さんたちが決めた。チャニョル、ベッキョン、タオ、シウミン、この4人が1番大きな部屋を使って、ルハン、D.O、セフンで同じ部屋を使う。そして、カイ、チェン、スホの3人で部屋を使って、クリスとマネジャー、レイとマネジャー、このように部屋を使う。さっきも話したように、2、3人で共にシャワー室を使う時もある。」(チャニョル)

-タイトル曲「狼と美女 (Wolf)」ではEXOのどんな魅力を見られるか。

「オオカミがコンセプトなので、オオカミのように強い生命体になりながらステージで暴れるのが今回のスタイルだ。しかし、ステージの下ではあたかも子犬のような姿を見せるのが、僕たちの魅力だ」(チャニョル)

「初めて歌を聴いた時から『この歌だ!』という気がした。『MAMA』という歌で初めてデビューし、当時は雄壮で強烈なパフォーマンスに多くの方が関心を持った。1年ぶりのカムバック時に、僕たちEXOの強みであるパフォーマンスを、どのように表わすか悩んだ末に出会った曲が今回の曲だった。歌自体が新鮮でパフォーマンス中心の曲なので、僕たちの個性を表わされると思った。」(スホ)

「歌も新鮮でこれに合う振付も新鮮だった。特に今回の曲のジャンルも多くの人がしていないので、僕たちの個性をよく生かせると思ってステージに上がったし、反応も本当に良かった。」(D.O)

「歌を歌う時は12人なのでパートが制限されているが、振付は制限なくメンバーの強烈さを表現できる。EXOの振付を見ながらメンバーに関係なく12人それぞれの色をよく表わされる曲だと思う。」(チェン)

-普段は何をしながら過ごすのか。趣味は何?

「僕たちが住む場所は漢江(ハンガン)が近くて、よく自転車を乗りに行ったりバスケットボールをしに行く。サッカーやバドミントンをするのも好きで、夜に皆でショッピングもする。」(シウミン)

「ジムや運動するのが好きだが、僕たちは素朴に自転車に乗ったりしながら過ごす時間もある。何でも共にする時が楽しい。」(チェン)

「週末やスケジュールがない時は料理もよくするが、最近は12人が共に過ごしてるので、外食をしたり出前を頼んで食べることが多い。」(クリス)

-メンバーの理想のタイプが気になる。

「僕は目が美しい人が良い。そこにしか目がいかないくらいきれいな人が理想だ。」(チェン)

「僕はミランダ・カーが良い。今回、韓国に来韓したが会えなくてちょっと残念だった(笑)。」(セフン)

「可愛いスタイルが良い。あまり痩せていないほうがいいな。」(ペクヒョン)

「広く言うと僕と音楽の好みが同じで、お笑いのコードも似ていて話がよく通じる人が理想だ。最近は女性と話したことがなくて誰だとは言いにくいが、外国の俳優で言うならばスカーレット・ヨハンソンが僕の見た目の理想だ。」(チャニョル)

「天使のように美しい女性が僕の理想だ(笑)。」(クリス)

「一目惚れすることはなくて、出会いを持ちながら気が合う人が良い。」(シウミン)

「ストレートのロングヘアに文学少女が良い。イメージは清純派だが性格はおてんば少女が良い(笑)。」(スホ)

「まず優しい女性が理想で、顔が小さくて美しければさらに良い(笑)。」(レイ)

「ロングのヘアスタイルに、静かで肌が白い女性が良いが、気が合うのが最も重要だろう。」(ルハン)

「よく笑って笑顔が美しい女性が良い。海外の俳優で言うならばアマンダ・サイフリッドが理想に近い。」(D.O)

-今年の目標はどこまで計画したか。

「今年は大きくて良い賞を授賞したい(笑)。」(クリス)

「昨年、新人賞を授賞したので、今年はもう少し良い目標を持つようになった。今年は新人賞より、もう少し高いところに立ってみたい。来年は単独コンサート、再来年にはアジアツアーをしてみたい。ワールドツアーをする先輩たちを見たら素晴らしいと思うが、まず僕たちの目標はこのように捉えている。」(スホ)

「そして僕たちの最終目標は、韓国と中国のアイコンになることだ。EXOには終わりがないという表現がよく似合うように努力したい。」(チャニョル)

「シングル『MAMA』の活動を終わらせて、久しぶりのカムバックなためかステージが懐かしかった。今はとても幸せだ。12人で韓国で正式に活動するのが初めてなので、さらに楽しい。」(カイ)

「カムバックをしたというよりは、新人の時の心を失わないで、さらに一生懸命して認められたい。」(チェン)

写真提供=SMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
EXO(エクソ)
関連記事
EXO、ビルボード・ワールドアルバムチャート1位!台湾、日本も席巻2013/06/14
EXO、1stフルアルバム7日間で12万枚の売上突破!2013/06/10
少女時代ヒョヨン「EXOは期待している後輩」2013/06/10
EXO、中国バラエティー番組『快楽大本営』に出演2013/05/29
カムバックEXO、来月3日、1st正規アルバム全世界公開2013/05/21
すべて一覧
SHINee、日本2ndフルアルバム2位出発…QBS・BoAも上位圏 2013/06/27
韓流スターパク・ヘジン、パク・ジョンアの中国進出を応援 2013/06/27
ロイ・キム&パク・スジン所属事務所「熱愛?本人に確認中」 2013/06/27
[インタビュー]驚異的な成長を見せるEXO、「僕たちはまだまだこれからだ」 2013/06/26
清純派女優イ・ヨニ、金髪ショートカット+下衣失踪ファッション 2013/06/26
俳優チュウォン、出張バイキングのプレゼントに満面の笑顔 2013/06/26
[フォト]キム・ジェウォン「デビュー後初めての男性的な役」 2013/06/26

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top