[ドラマ] 女優パク・シネ、『相続者たち』主人公確定…ロマコメクイーン帰還!

2013/04/05 11:55:02

“韓流クイーン”パク・シネ(23)が“ロマンチックコメディー(=ロマコメ)の鬼才”と呼ばれている脚本家キム・ウンスク氏とタッグを組んでカムバックする。

SBS(ソウル放送)のドラマ関係者によると、パク・シネはキム・ウンスク作家の『王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち(以下、相続者たち)』を次回作に選んだ。2月に終映したケーブルチャンネルtvNのドラマ『隣のイケメン』以降、休みなく次回作を選んで“旬の女優”であることを立証した。

関係者によるとパク・シネと所属事務所は、ドラマ『パリの恋人』『シークレット・ガーデン』『紳士の品格』など多くのヒット作を世に送り出したキム・ウンスク作家に対し、全幅の信頼を寄せた。制作陣には作品のあらすじやキャラクターについて口止めする緘口令が下されている関係で、キャスティングの有力候補に上がった俳優・女優らは役について何も分からないまま作家への信頼だけで契約書にサインしたと伝えられた。放送界では『相続人たち』がKBS(韓国放送公社)第2テレビの『花より男子』と米国ドラマ『ゴシップガール』をミックスしたようなロマンチックコメディーものになるだろうといわれ、パク・シネの相手役には“韓流プリンス”イ・ミンホがすでに合流を決めて期待を高めている。10月の放送予定で編成はSBSに確定している。

関係者は「キム・ウンスク作家がパク・シネにラブコールを送り、SBSドラマ局からもOKサインが出た。キム作家がフレッシュな顔ぶれを求め、最近のパク・シネの作品に注目していたという。一部、ガールズグループのメンバーも有力な候補に上がったが、安定した演技力のある女優を第一条件として選んだものと思われる」と伝えた。

一方、パク・シネは最近フィリピンと日本でファンミーティングを盛況裏に終えた。デビュー10周年を迎え、韓国を越えて世界に羽ばたく女優として活動範囲を広げている。最近終映した『隣のイケメン』と映画『7番部屋の贈り物』を通じて、演技力も高く評価されており、キム・ウンスク作家との出会いで人気がいっそう加速していくものと思われる。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
パク・シネ
相続人たち
イ・ミンホ
関連記事
パク・シネ、女優初アジアツアーのため出国「学業も後回し」2013/03/15
ユン・ゲサン&パク・シネ、キム・ジウン監督の初ラブコメ映画主演2013/03/14
パク・シネ、キム・ジフンと腕組み“恋人ポーズ”で登場2013/03/12
パク・シネ『幽霊大学生? 情熱を傾けた。成績も3.0以上』2013/03/11
すべて一覧
ホン・スヒョン、米花輪の前で顔よりも心の美しい俳優認定 2013/04/05
“一児のパパ”俳優イ・テソン「ドラマ撮影を済ませてから結婚式・入隊」 2013/04/05
JYJ「10年間たくさんのことあったが、すべてが貴重」(2) 2013/04/05
女優パク・シネ、『相続者たち』主人公確定…ロマコメクイーン帰還! 2013/04/05
JYJ「10年間たくさんのことあったが、すべてが貴重」(1) 2013/04/05
CNBLUE、ワールドツアー寄付金でアフリカにスクール2号設立『公約』 2013/04/04
ガインのデュエットパートナーは誰? よく見ると『偉大な誕生1』出身チョ・ヒョンウ 2013/04/04