[映画] イ・ビョンホン主演『G.Iジョー2』ボックスオフィスで1位

2013/04/02 10:21:34

トップスターのイ・ビョンホンが出演作『G.I.ジョー バック2リベンジ』で韓米両国のボックスオフィス1位に乗せ興行パワーを誇示した。

『G.I.ジョー バック2リベンジ』は先月28日に世界で同時公開され、韓国と米国のボックスオフィスで頂点に上った。韓国では先月31日までの4日間に全国で累積観客83万48人(映画振興委員会映画館入場券統合コンピューターネットワーク)を記録し、閑散期の劇場街に活力を吹き込んだ。同じ期間に米国でも5,170万7,000ドル(ボックスオフィスモジョ)の興行収入を上げ週末興行順位1位に上がった。世界的にも1億3,200万ドルを稼ぎ興行街道を走っていると集計された。

『G.I.ジョー バック2リベンジ』関係者は興行要因に対して、「1作目を通じ構築されたファンの影響が大きかったため」と口をそろえた。イ・ビョンホンが演じたストームシャドーとライバルのスネークアイズなど1作目に登場したキャラクターの比率を拡大し没入度を高めたことが既存ファンの好みに合致したという説明だ。公開前の試写会後に映画の内容に対する評価が交錯したが、すでにマニア層を確保したキャラクターの活躍が面白味を与え観客を引き込んでいるという分析だ。

この言葉通りならばイ・ビョンホンは『G.I.ジョー バック2リベンジ』の興行を牽引する中枢的な役割をやり遂げている。1作目に続き2作目にも登場した少ないキャラクターであることに加え、その中でも唯一比率が大きくなり存在感を誇示しているためだ。ロンドンとロサンゼルスで開かれた『G.I.ジョー バック2リベンジ』のワールドプレミア行事でもイ・ビョンホンの登場に「ストームシャドー」と叫んで喜ぶ観客が簡単に見られた。いまのところ米国では『G.I.ジョー バック2リベンジ』がドウェイン・ジョンソンとブルース・ウィリスの出演作として知られているのが事実。だが、現地で映画を見た観客にはオンラインとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じてイ・ビョンホンの演技力を称える人たちが増えている。下半期にブルース・ウィリスと共演した『レッド2』まで公開されれば認知度をアップする次元ではなく米国内スターの隊列に上ることもできるだろうと期待を集めている。

『G.I.ジョー バック2リベンジ』の韓国とアジア興行の主な要因はなんといってもイ・ビョンホンだ。すでに『G.I.ジョー』は2009年に1作目が公開された時もイ・ビョンホンのスター性により韓国を含むアジアで高い興行収入を上げた。特に韓国では米国に次いで2番目に大きな成果をあげた。アジア攻略のために2作目でイ・ビョンホンの比率を拡大した制作スタッフが「意図がうまく合致した」といいながら喜んでいるという話だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版

タグ
イ・ビョンホン
関連記事
イ・ビョンホン「ハリウッドでは最年少、くじけた」2013/03/31
イ・ビョンホン弁護人「カン・ビョンギュ名誉棄損で起訴、量刑が増えることも」2013/03/29
『G.I.ジョー2』イ・ビョンホン、豪シドニーに続き英国でも熱狂的歓迎2013/03/19
イ・ビョンホンが自身のゲイ説に一言! 「前髪が長かったらゲイなの?」2013/03/19
イ・ビョンホン、恋人イ・ミンジョンの前で号泣?2013/03/18
すべて一覧
『シン・ボラの男』キム・ギリ、過去発言を集めてみると...キム・ジミンと理由ある熱愛説否認 2013/04/02
ウニョク「もうすぐよい知らせ…嘘ではない」 2013/04/02
“リダ”キム・ヒョンジュン『Lucky Guy』MVで日本映画祭主演男優賞受賞 2013/04/02
イ・ビョンホン主演『G.Iジョー2』ボックスオフィスで1位 2013/04/02
PSY『GANGNAM STYLE』の後続曲は『ジェントルマン』 2013/04/02
BIGBANG D-LITE、1人でも強かった...日本コンサートツアー開催成功 2013/04/01
JYJ東京ドームコンサートD-1、ユチョン『東京ドームで新曲発表』サプライズ予告 2013/04/01