[K-POP] 『SUPER STAR K5』イ・ソニョンPDが陣頭指揮『破格変化』どうやって変えるのか

2013/03/05 17:56:06

オーディションの元祖Mnet『SUPER STAR K』が大々的な変化と共にシーズン5で帰ってくる。

音楽チャンネルMnetは国家代表オーディション『SUPER STAR K5』参加者受付を3月7日木曜日から開始すると発表した。

目を引くのはオーディションを控え、番組全般に及ぶ大々的な変化だ。『SUPER STAR K』は昨年シーズン4を華麗に飾ったキム・テウンPDを経てイ・ソニョンPDがシーズン5のメガホンを取り、陣頭指揮に乗り出すことになる。

イ・ソニョンPDは昨年Mnet『SHOW ME THE MONEY』を企画演出し、オーディション番組にまた一つの波乱を起こした主人公。音楽的な深みを込めたプログラムはもちろん、ファッション、トレンド、スターリアリティーを込めた番組も担当し、幅広い演出力を見せてきた。

イ・ソニョンPDは本格的な参加者受付を前に「『SUPER STAR K』は過去4年間、大韓民国音楽界をも揺らした数多くのスターを輩出してきた酸素タンクのようなオーディション」であり、「今年も音楽産業に実質的な影響力を及ぼすアーティストを発掘できる新たな仕掛けを準備する予定」と明らかにした。

Mnetは人材発掘のためにはどんな実験的な試みもいとわない方針だ。昨年の陸軍予選もその中の一つであり、今シーズンにも『訪ねて行く予選』方式を大幅に増やす計画であることが分かった。

Mnet『SUPER STAR K5』は1歳から99歳まで老若男女だれもが1次予選に参加可能だ。ARS1600-0199番案内に沿って個人と団体を選択し、名前と年齢を入力後、与えられた時間内に歌を歌えば応募が完了する。

Mnet側は受付初日、志願者が集中することに備え、回線を増やすなど万全の準備をしていると明らかにした。『SUPER STAR K5』は7日参加者受付を始め、4月から7月まで地域予選を経たのち、8月から本放送を開始する予定だ。

2009年、帆を揚げた『SUPER STAR K』は4シーズンの間、ソ・イングク、ホ・ガク、ULALA SESSION、Busker Busker、ロイ・キムなど傑出したスターを輩出し、大韓民国代表オーディション番組としての地位を確立した。2009年初シーズンに約71万名、2010年シーズン2に約134万人、2011年シーズン3には約196万人が応募し、昨年には208万人という大規模な応募者数を記録し、名実共国民オーディションの威容を誇った。

写真提供= CJ E&M


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
SUPER STAR K
すべて一覧
チョン・ジヒョン、大胆なサイド見せのロングドレスで魅了 2013/03/06
イ・ジュンギ「5億ウォン台訴訟」のその後は“泥沼” 2013/03/06
ZE:Aヒョンシク-ドンジュン、『その冬』名場面綿あめキス再現 2013/03/05
『SUPER STAR K5』イ・ソニョンPDが陣頭指揮『破格変化』どうやって変えるのか 2013/03/05
いとしのソヨン』パク・ヘジン、日本ファンミーティングで涙の終了所感 2013/03/05
バスケット選手カン・ビョンヒョン-俳優パク・ガウォン、5年間熱愛の末にウェディングマーチ 2013/03/05
ホン・スア、“天女”から“妖精”に変身…“清純さ発揮” 2013/03/05