[K-POP] 少女時代、予想を覆す挑戦を選んだ理由とは?

2013/02/28 16:19:50

2013年は年初から韓流ファンの目と耳が少女時代に集中した。

トップ級韓流スターの少女時代(テヨン、ティファニー、ジェシカ、ユリ、スヨン、サニー、ヒョヨン、ソヒョン、ユナ)がおよそ1年2カ月ぶりに4枚目のアルバム『I Got a Boy』をリリースしたためだ。少女時代はデビュー作『また巡り逢えた世界』から『Gee』『Run Devil Run』『The Boys』など発表する曲をすべてヒットさせてきたK-POP界の代表的な“興行保証小切手”だ。成功を超えてK-POP界の地殻変動を予告させるには十分だった。

しかし蓋を開けてみれば反応が以前のアルバムとは全く違った。「実験的だ。大衆の好みを満足させるのは難しいだろう」との評価から「K-POPの水準を一段階引き上げたアルバム」という外信による絶賛までさまざまな反応があった。賛否両論はファンにとっても予想されたものだった。少女時代が約束されている成功の道をあえて外れたのはなぜだろうか。韓流雑誌『K&』3月号で“ヒップホップガールズ”に変身しカムバックを果たした少女時代にその理由を尋ねた。「ファンが首を長くして待っていてくれた分、さらなる新しい姿を見せたかったので、タイトル曲に挑戦的なものを準備した」というみなぎる覚悟のほか、恋愛や結婚などについての20代女性の等身大の少女時代の本音は『K&』3月号で紹介されている。

『K&』3月号にはこのほかにも、ゴールデンディスク3冠王に輝いたSUPER JUNIOR(スーパージュニア)、キム・スヒョンの酔中トーク、ヒップホップユニットとしてスタートしたINFINITE H(インフィニットエイチ)、ワールドスターとして羽ばたこうとしているCNBLUE(シーエヌブルー)などのホットニュースで盛りだくさんだ。

Copyright 中央日報日本語版

タグ
少女時代
関連記事
少女時代のスヨン&ソヒョン、完ぺきプロポーション「まるで双子」2013/02/20
日本に少女時代コンサートのラッピングカー行列2013/02/18
少女時代テティソ、女神オーラを漂わせながらの登場2013/02/14
少女時代の平均年齢は24.5歳…もう“少女”じゃない?2013/02/13
少女時代ユナ「自分のせいで撮影中断し涙流したことも」2013/02/13
すべて一覧
ICONIQ、鏡セルフ写真でガリガリになった近況を公開 2013/02/28
『パバロッティ』ハン・ソッキュ「イ・ジェフンは正直な俳優」 2013/02/28
ハ・ジョンウ『時の人』は危険な単語、運が良かっただけ [インタビュー] 2013/02/28
少女時代、予想を覆す挑戦を選んだ理由とは? 2013/02/28
MBLAQイジュン『IRISⅡ』に初登場…演技力もピカイチ 2013/02/28
イ・ナヨン、密着ジーンズでポールダンスの実力アピール 2013/02/28
未成年者性暴力容疑の韓国有名歌手に“電子アンクレット”装着? 2013/02/28

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top