[ドラマ] アン・サンテとユン・ボンギルが語る『馬医』人気の秘訣 [インタビュー]

2013/02/13 16:08:48

愛されることにはすべてそれだけの理由がある。MBC月火ドラマ『馬医』がずっと同時間帯1位を記録し、強固な視聴者層を確保した秘訣は興味深々なストーリー、演出力、そして俳優たちの魅力溢れる演技があるからだ。ドラマの雰囲気が少し重くなる度に登場し、小さな笑いを見せてくれる2人の俳優、アン・サンテとユン・ボンギルの功を無視することはできない理由だ。

忙しい撮影の中で時間を作ってくれたアン・サンテとユン・ボンギルにeNEWSがやっとの思いで会った。時代劇の特徴上、休みの日にも突然生じるスケジュールで呼び出される忙しい状況での劇的な出会いだ。現在アン・サンテは『馬医』で幼少時代ペク・グァンヒョン(チョ・スンウ)がいる牧場で働く馬医チャボンとして、ユン・ボンギルは可愛い医女たちに会いたくて惠民署(へミンソ)の医学生として入った後、グァンヒョンと出会い、生涯の友になるパク・テマンを熱演中だ。

◆「『馬医』を通じて演技パートナーとして生まれ変わる...それはまさに視聴率1位の秘訣!」

一緒のドラマに出演中だとはいえ、同伴インタビューをするのはまれだ。それなのにアン・サンテとユン・ボンギルは時間を合わせて一緒にインタビューに来た。『馬医』撮影前は全く知らなかった彼らに一体何があったんだろうか。

「聞くところによると私の役は最初は(アン)サンテ先輩に行くところだったらしい。だから初めて会った時先輩が、冗談半分本気半分で「それ、俺の役だったんだけど」と親しく話しかけてくれた(笑)そうやって初めて話をした後、演技の話をして親しくなった。ギャグの感性も合っていて、演技に対する考えも一緒で」(ユン・ボンギル)

挙句の果てにはアン・サンテとユン・ボンギルは撮影がない日にも一緒に映画も見て食事もし、酒も酌み交わす『演技パートナー』に生まれ変わった。アン・サンテは「ユン・ボンギルと最近『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』をを3Dで一緒に見た」と冗談を言った。

事実映画と違い、ドラマは一緒に共演したからといって私的にまで会う事はまれだ。恋人として出演した俳優の連絡先を知らないのが常だ。だが自分が演じるかも知れなかったキャラクターを奪われたからと言っても過言ではないアン・サンテとユン・ボンギルは2人といない親友になった。どうすればこんなことが可能なのか。

「『馬医』撮影現場の雰囲気のおかげです。どこにでも気の合わない人がいるもの。だが50部作ともなると自然に親しくなり、後半部に行けばいくほど良くなるんです。それが『馬医』の人気の秘訣だと思う。イ・ビョンフン監督を筆頭に、合わない人が1人もいないチームワーク、そして昔から一緒にやって来たスタッフたちの自分を犠牲する努力が俳優たちを一つに作り上げた」(ユン・ボンギル)

「ボンギルの言う通り、スタッフの皆さんが半分以上を作ってくださいます。おかげで俳優たちが心おきなく演技出来るんですよ。私やボンギルが親しくなれたのもこういういい雰囲気のおかげでしょう」(アン・サンテ)

お互いの演技をモニターリングしてあげ、寒い天気など大変な条件の中でも励まし合いながら深い友情を分かち合った。ドラマが愛され『馬医』を生き生きさせる俳優という評を得たのも素晴らしいが、年齢を超えてパートナーのような友人まで得た。ユン・ボンギルにとって2013年はこれより良くなりようがない。

◆「これで俳優として少しは認められるか?」

『馬医』で元気の源として一役買っている2人には小さな願いがある。俳優としての一段階上への跳躍だ。

事実アン・サンテは安定した演技力を披露しているが、お笑い芸人出身だ。ユン・ボンギルもやはり未だにお茶の間には多少見慣れない顔だ。どうすれば俳優として成長できるだろうか。最近アン・サンテ、ユン・ボンギル2人には最近この問いかけが話題だ。

「『馬医』撮影をしていつの間にか8ヶ月にもなった。なのに人々は最近なにしてるんだと聞く。お笑いをしないならなにもしてないと思われるようだ。『愛情万々歳』以後2作品目です。お笑い芸人と俳優の2つの職業の隔たりが狭くなればいい。演技がとても好きなんですよ。お笑い活動もずっとやるが、俳優としても多様な姿をお見せしたい」(アン・サンテ)

『愛情万々歳』そして『馬医』を撮影し、アン・サンテは演技の世界にふか~くハマっていた。俳優をするために生まれたといっても過言ではないくらい演技の事ばかり考えている後輩ユン・ボンギルに出会ってからは更にそうだ。

「俳優になったら必要になるだろうと思ってボード講師、人命救助要員、按摩師、バーテンダーなどやらなかったものはない。いつかキャラクターに必要になると信じていたんです。KBS2『カクシタル(原題)』でそういう準備が陽の目を見たと思う。『カクシタル』を見たイ・ビョンフン監督がすぐにキャスティングして下さったから。私を少しでも知って下さった方たちがいらっしゃる事が分かったので、演技に対するこの情熱、止まりたくないです」(ユン・ボンギル)

『馬医』撮影現場で一緒に時間を過ごし、親しくなったとはいえ2人がしっかりと結びついているのは多分『演技に対する愛情』じゃないかと思う。心強い演技パートナーを得たアン・サンテとユン・ボンギル、今こそ花を咲かせる準備が出来た俳優だ。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
アン・サンテ
ユン・ボンギル
関連記事
『馬医』最高視聴率を記録…同時間帯1位守る2012/10/23
チョ・スンウ主演の『馬医』、『ウララ夫婦』破り視聴率1位に2012/10/17
俳優チョ・スンウの初ドラマ『馬医』、時代劇『ホジュン』の流れを受け継ぐ2012/09/25
イ・ヨウォン 時代劇「馬医」出演確定 チョ・スンウと共演2012/06/25
すべて一覧
Crying Nut、CNBLUEに著作権侵害の損害賠償訴訟 2013/02/13
キム・スヒョン『いかさま師2』キャスティング話『なぜでてきたかというと...』 2013/02/13
『男子取扱説明書』オ・ジョンセ「正統ロマンス演技、5年以内にきっと...」 2013/02/13
アン・サンテとユン・ボンギルが語る『馬医』人気の秘訣 [インタビュー] 2013/02/13
<プロポフォール投薬疑い>ヒョンヨン側「施術や整形目的ではなかった」 2013/02/13
パク・ヘジン、中国から作品出演ラブコールが殺到! 2013/02/13
少女時代の平均年齢は24.5歳…もう“少女”じゃない? 2013/02/13