[映画] 『新世界』信じて見る演技力 vs 『無関道』類似映画

2013/02/08 13:41:44

「チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェ...」
これ以上説明が必要だろうか。主演俳優たちの存在感だけでも観客たちの期待を呼び集める映画がある。まさに『新世界(原題)』がその主人公だ。

ヤクザと警察の熾烈な頭脳戦争、その中に散らばっている男たちの裏切りと義理。重みのある映画に飢えていた観客たちには久しぶりの恵みの雨のような映画だ。

だから気になった。『新世界』が韓国ヤクザ映画の新たな新世界を開くのか、それとも今までのヤクザ映画の踏襲で終わるのか。21日封切を前にメディア試写会を通じてベールを脱いだ『新世界』を調べてみた。

▶この映画のストーリーは...

映画『無関道(原題)』を記憶している観客なら少し理解しやすいかもしれない。『新世界』は基本的にやくざ組織に投入された警察の話を扱った映画だ。華僑出身の警察官イ・チャソン(イ・ジョンジェ)はゴールドムーンという企業スタイルの暴力団組織に構成員として潜入させられる。

この後グループの会長の座をおいてチャン・チョン(ファン・ジョンミン)とイ・ジュング(パク・ソンウン)が熾烈な勢力争いを繰り広げる中で警察のカン課長(チェ・ミンシク)がこれに介入し、事件は本格化する。警察と組織。その間に置かれたイ・チャソンの葛藤が始まる。


▶『新世界』の魅力は...

結論から言おう。『新世界』はまず笑いを一切除いた。最近のコミックと結合したやくざ映画のスタイルとは確実に重みからして違った。

失笑が起こるシーンがところどころに挿入されてはいたが、基本的にイ・ジョンジェを中心に、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミンの内面の演技と重みに重点を置いた。

最高の演技派俳優たちが思い切り演技を繰り広げるための場所が用意されたということだ。そしてチェ・ミンシク、ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェはやはりその期待を裏切らなかった。

ヤクザよりももっとヤクザらしい警察として場を揺るがすチェ・ミンシクの演技。『甘い人生』で好評を得たヤクザチンピラ演技の終わりを見せてくれたファン・ジョンミン。そしてその中で苦悩し、葛藤するイ・ジョンジェの鋭い目つきが生きている表情の演技が加わり、作品に力を与えた。

3人の俳優たちの熾烈な演技対決が熾烈な対立を生む中で光る台詞もまた『新世界』のはなくてはならない見どころだ。

「お前オレとやるか、一緒にやろう」「弟よ、だたこの兄貴だけを信じてればいい」「これが本当に最後だって言ったじゃないですか」など状況にピッタリ合ったセンスある台詞が溶け込んで映画の集中力を高めた。特に「台詞の50%はアドリブだ」と明かしたファン・ジョンミンのアドリブを探すのもまた他の楽しみだ。

▶この映画の残念な点は...

俳優たちの演技力だけをおいてもこの映画は『本当にハマった』との評価されるのに十分だ。しかしどこかでよく見たような、あるいは多少ありふれたストーリーは『新世界』の面白さを半減させる要素だ。

特に『無関道』と全く同じ構成(警察のヤクザ組織への潜入)が果たして『亜流』というタイトルを脱ぎ、観客たちにどう受け入れられるかは未知数だ。2000年代主流だった『ヤクザ映画の回帰』という観点においても自由にはならない。


▶1行要約、総合評価

「ただこの兄貴たちを信じて見なければならない」 vs 「多少ありふれたストーリー」が共存している映画 ★★★☆☆ 
21日封切だ。

写真=『新世界』スチールカット

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
チェ・ミンシク
ファン・ジョンミン
イ・ジョンジェ
関連記事
イ・ジョンジェ「『新世界』で演技人生が終わるかも」...なぜ?2013/02/07
『新世界』ファン・ジョンミン「演技生活、細く長く続けたい」2013/01/17
チェ・ミンシク、イ・ジョンジェ、ファン・ジョンミン『新世界』撮影終了 来年上半期封切予定2012/09/20
すべて一覧
『カムバック』SHINee、TEAMINティーザーイメージ公開...『美少年から男に』 2013/02/08
『ベルリン』封切9日目で300万突破...『王になった男』より早いスピード 2013/02/08
パク・ユファン、兄ユチョンに続き韓流スターになるか? 日本メディア関心爆走 2013/02/08
『新世界』信じて見る演技力 vs 『無関道』類似映画 2013/02/08
ソ・イングク、元AKB48メンバーと路上で“カップルショット” 2013/02/08
チョ・インソン、撮影中に13針縫う負傷…“衝撃” 2013/02/08
SISTAR19『MCountdown』で1位を獲得![フォト] 2013/02/08

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top