[映画] 『7号室のプレゼント』ユン・ソヌ「パク・シネと見合いするお粗末な検事、それを狙ったんです」[インタビュー]

2013/02/04 15:56:47

最近『7号室のプレゼント(原題)』のヒット旋風が尋常じゃない。忠武路(チュンムロ)の時の人、リュ・スンリョンと一流助演俳優たちの熱演がハーモニーを成し、封切8日目で400万という奇跡を生んだ。

そしてここ、きら星のような先輩たちの中でも自分の個性を引き出し注目を浴びた俳優がいる。新人、ユン・ソヌだ。

彼は劇中パク・シネと見合いをする『お粗末な検事予備生』として400万人の観客に存在を知らしめた。端正な容貌に新人らしからぬ演技力まで。この若者、一体どこから来たのか気になった。ENEWSが直接ユン・ソヌに会って、疑問を解き明かした。

▶直接会ったユン・ソヌは...

28歳。端正な青年と向かい合った。久しぶりに芸能人ではない俳優が目標と言う新人に会った感じだった。

演技がやりたくて過去10年あまりを大学路(テハンノ)で演劇を転々とし、軍隊も最大限早い時期に行ってきた。『異邦人』『罪と罰』など同じ年代が関心を持ちもしない純粋文学と演劇にどっぷりとハマり、20代を過ごしてきたと言った。

演技に対する熱望がどれだけ強烈だったのか、28歳で自ら『ブナビ』という純粋芸術劇団を創立しもした。

一言一言に重みがあって慎重だった。しかしその中で容易ではない力を感じることが出来た。「この若者、ただ者じゃない」という思いが頭をよぎった。


▶以下一問一答

―『7号室のプレゼント』が最近ヒット街道を疾走している。周りに気付かれるだろう

「小さい役だから、多くの人は分かって下さらない。だけどヒットのおかげで周囲の人たちはわかってくださる。なによりも母が喜んでくれているらしい(笑)」

―パク・シネと見合いをする検事役だ。ややもするとお固くて権威的になる役柄だが、少し軽く表現した

「検事予備生じゃないですか。司法研修院生なので権威的にならないように表現しようと努力した。ちょっとお粗末な学生の感じを与えようと集中した。オーディションを受けた時からこのキャラクターだったんだが、スタッフの皆さんがとても好んでくださった」

―パク・シネとの共演はどうだった?

「私の出演シーンがそんなに多くないので、通じ合う時間があまりなかった(笑)だけど直接共演してみるととても気分が良かった。なによりも可愛かった」

―これまで映画やドラマにはあまり出演していなかった。それほど若くはないが、遅くに演技を始めたのか

「違います。高校の演劇クラスから始まり大学(京畿大スタニスロフスキー演技院)まで演技を学んだ。演劇にどっぷりハマっていて27歳までは劇団にだけハマっていた。これからは放送と映画にも挑戦してみたいと思い、2年前から本格的に飛び込んだ」


―大学の経歴がちょっと特異だ

「パク・シニャン先輩がロシアで通っていたシューキン大学という場所のカリキュラムを全て取りいれた所だ。在学中は午前9時から午後10時まで演技に邁進した。1、2、3、年までは全く公演も出来ず、事物と人間との共感などディテールに表現する練習をたくさんした。演技にすごく役立った」

―演劇劇団代表という経歴が独特だ

「舞台に立つ時が一番楽しかった。純粋芸術演劇をする場所があまりなくて志のある友人たち3、4名と一緒に創立した。今は追い出された状況だが(笑)団員がすでに15名まで増えたらしい。私がうまく行って、道を開いてあげたい」

―演劇に愛情が多いようだ。これまでどんな役をやって来たのか

「『ダミアン』のシンクレア役、『異邦人』のムルソー役、『イワノフ』のイワノフ役など様々な役と演劇に挑戦した。純粋芸術が主で...その中ではムルソー役が今でも印象に残っている。非常に自由なんだが考えが深い人物だったようだ」

―これまで演劇に重点をおいてきたんだが、これからはどういう役を演じてみたいか

「イ・チャンドン監督の映画がすごく好きだ。1冊の本を読むような感じとでもいうかな。人生の断片を見るような感性というか...イ監督の作品なら絶対一度は出演してみたい欲がある。個人的には顔やスタイルより、個性が滲み出る役に挑戦したい。ユン・ソヌだけが出来る演技(笑)」

―これからの抱負があれば?

「作品をやりながら楽しめればいいと思う。楽しめる演技、いい俳優。個人的には名誉や金に対する欲がない。10年間やって来た演技がまだ好きだし面白い。演技が好きでする俳優になりたい」

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
ユン・ソヌ
関連記事
『ベルリン』+『7号室のプレゼント』=100万UP、韓国映画大ヒット継続2013/02/04
『7号室のプレゼント』チョン・ハンビ「信頼されて見てもらえる俳優になりたいです」[インタビュー]2013/02/04
『ベルリン』封切初日27万名動員...『7号室のプレゼント』を倒してボックスオフィス1位2013/01/31
『ベルリン』前売1位『7号室のプレゼント』を押さえた2013/01/30
リュ・スンリョン『7号室のプレゼント』必ず見なければならない3つの理由2013/01/21
すべて一覧
SISTAR19、白シャツパフォーマンスでセクシー炸裂! 2013/02/04
SE7EN、入隊前最後の日本アルバム『ありがとう』直接日本語で作詞 2013/02/04
パク・シネ『できない事はなに?」映画、ドラマ、OST3冠王を狙う~』 2013/02/04
『7号室のプレゼント』ユン・ソヌ「パク・シネと見合いするお粗末な検事、それを狙ったんです」[インタビュー] 2013/02/04
少女時代ユナ、ドッキリカメラを撮られて涙爆発…「本当にムカつく!」 2013/02/04
イ・ダヘ、柔道着を着てユン・ドゥジュンと対決 2013/02/04
4Minuteヒョナ、ヒョンスンと“19禁”パフォーマンス 2013/02/04