[映画] リュ・スンボム、北朝鮮のチンピラ ドン・ミョンスで帰って来た① [インタビュー]

2013/01/25 18:31:16

リュ・スンボム。この悪童のような俳優はどんな役柄を演じようと自分のやり方で演じきる。典型的なキャラクターもリュ・スンボムにかかるとダンスを踊り出すように生き生きとする。ある映画人はリュ・スンボムについて「ねちっこい演技は大韓民国一だ」と言った。そんなリュ・スンボムが再び自分のキャラクターに出会った。映画『ベルリン』でだ。

リュ・スンボムはこの映画で北朝鮮高位幹部の息子ドン・ミョンス役を演じ、そのまま悪役の演技を見せてくれた。しかしリュ・スンワン監督のキャラクター表現方式がいつもそうであるように、ドン・ミョンスの卑劣さには理由がある。新政権で自分たちの権力を守ろうとドン・ミョンス父子はベルリンで活動中のピョ・ジョンソン(ハ・ジョンウ)と彼の妻リョン・ジョンヒ(チョン・ジヒョン)を反逆者として追い詰めていく。

元々遠慮のないリュ・スンボムだが、今回の映画を紹介する席では実にいつもより明るくはっきりとしていた。それだけ映画に対する愛情が深い。休む間なく映画宣伝活動をしているリュ・スンボムに会った。

―『ベルリン』への期待がすごいらしい。プレッシャーを感じると思うが

「楽しいと思っている。期待があるので失望させないかと心配もするが期待作に出演するというのは簡単に来るチャンスじゃないでしょう。私も撮影を終えてみてこの映画が期待作だなと思った」

―リュ・スンボムがみる『ベルリン』とはどんな映画か

「リュ・スンワン監督のスタイルのカテゴリーにあるジャンルの映画だ。ただ規模が大きく、大衆性ももっと大きくなっただけだ。『007シリーズ』や『ボンドシリーズ』を好む観客たちが好む映画じゃないかと思う。もちろん他の観客層にも面白みを与える要素がある。南北の理念映画だと考える方たちもいるが、南北分断の状況は映画の背景であるだけで、その話ではない。ただ楽しい映画1本を期待してくれたらいいと思う。ジェットコースターみたいにただ楽しめばいい映画だ」

―北朝鮮高位幹部の息子役を演じ北朝鮮語で演技した。勉強もたくさんしなければならなかったのじゃないか。

「北朝鮮出身者のインタビューをたくさんした。産業スパイについてのドキュメンタリーも見たし」

―北朝鮮語が難しいと思うが

「難しかった。北朝鮮語だけでなくドイツ語、英語も話さなければならなかった。撮影する時ドイツ人に「私の言葉が分かりますか」と何度も聞いた。短い台詞だったからよかった。他の国の言葉で演技する俳優たちに尊敬の念が湧いた」

―だが映画で英語が意外にも上手だったが?

「知らないでしょうけど、私は英語がちょっとできるんですよ(笑)だけど英国式英語を使うので大変だった。北朝鮮出身が米国式英語を使ったら駄目なんだと。だけど英国式英語が難しい。だから完璧な英国式発音じゃない、米国式と英国式を混ぜてやった」

―英国式英語とは...リュ・スンボムに似合わない。余談だがリュ・スンボムにはスペインのような南ヨーロッパの国がお似合いだ。

「私も好きだ。私のパスポートの写真を見ると完全にスペイン人だ。見せてあげたいくらいだ」

―映画で銃撃もすごく楽しんだそうだが

「銃を初めて握ってみて面白かった。銃を撃つ音が感覚から来る快感がすごかった」

―撮影していて難しかった点はなかったか

「リュ・スンワン監督とは息がよく合った。こういう俳優たちと一緒に作業できたということが良かった。難しい点はなかった」

―当然他の俳優との演技もよかったようだ

「作品に入る前にハ・ジョンウと何度か会ったんだが、違った面をたくさん発見した。会ってみると本当に可笑しな人だ。よく喋るし。速射砲みたいに話すんだが、こんなに休まず話す人がいるんだなぁと思った。あれこれ関心のある事が多い。むしろ私が見た目と違って現場で言葉数も少ないし、仕事がなければ家にずっといるんだが、ハ・ジョンウは興味があることも幅広いし活動的だ。今回の映画でもとてつもないエナジーを見せてくれた。忠武路(チュンムロ)の『時の人』と映画をする機会がそんなに来ますか?本当に良かった」


―チョン・ジヒョンやハン・ソッキュはどうだった。

「チョン・ジヒョンは今回初めて会った。以前一度スポーツジムですれ違ったのが全部だ。ハン・ソッキュ先輩は会ったことがない。ハン・ソッキュという名前自体が与える重みがあるじゃないか。ハン・ソッキュ先輩の作品のうち、一作品を一緒にできたことが嬉しい。私みたいなB級俳優には本当に光栄なことだ。アンサンブルが新しくないか」

―B級俳優とは...韓国映画界でリュ・スンボムが占める比重も相当なものだ。特にチンピラ演技は本当にリュ・スンボム程の人がいない。『不当取引』では検事もチンピラに作り上げる人じゃないか。

「私に誰かが全てのキャラクターをチンピラに仕上げる人だって。「お任せ下さい。全部チンピラにして差し上げますよ」そういう感じだ」

-インタビュー②に続く-

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
リュ・スンボム
関連記事
リュ・スンボム「私は愉快なチンピラ、神秘主義ゼロ」② [インタビュー]2013/01/25
『ベルリン』レッドカーペットに出席した出演者たち [フォト]2013/01/25
『ベルリン』レッドカーペットに出席したスターたち [フォト]2013/01/25
『ベルリン』リュ・スンボム「私がドラマに出演しない理由は...」2013/01/22
リュ・スンボム 「演技派俳優?実際ほとんどヒット作はない」 [インタビュー]2012/10/16
すべて一覧
タイガーJK-ユン・ミレ夫婦が“SCHNEEBALLEN KOREA”のモデルに抜擢! 2013/01/26
CNBLUEが明かす4年間 彼らに生まれた4つの変化 [インタビュー] 2013/01/25
リュ・スンボム「私は愉快なチンピラ、神秘主義ゼロ」② [インタビュー] 2013/01/25
リュ・スンボム、北朝鮮のチンピラ ドン・ミョンスで帰って来た① [インタビュー] 2013/01/25
ビョルが妊娠3ヶ月「ハハ、パパになる」 2013/01/25
INFINITEホヤ「ソンジョンはよく外泊する」と暴露 2013/01/25
KARAギュリ、自身の写真を「芸能人写真」と認定 2013/01/25