[芸能] 一発主義、キツいバラエティー、視聴者がそっぽ向く

2013/01/18 17:55:58

刺激的な発言で関心を引く、いわゆる『度を超えたバラエティー』が視聴者の眉をひそめさせている。誰もかれもが『ヒーリング』を叫ぶ時代に疲労感だけが重なる度を超えたバラエティーに視聴者たちは背を向けている。

トークショーで問題点が発見されている。MCの力量より出演者の発言に依存するトークショーがいつからか刺激の温床になった。SBS『強心臓』など集団トークショーが代表的だ。ゲストたちは誰かれ構わず極めて個人的な私生活を公開し、話題作りに乗り出す。ここに制作陣は刺激的なトークを中心に番組を作っている。

20名余りのゲストが出演、短い時間に各自の話をするSBS『強心臓』は名実ともに(?)バラエティー界のトラブルメーカーだ。過去の恋愛遍歴からスターとの人脈紹介、わざとスキャンダルを作りだすなどは『強心臓』の定番素材だった。

最近番組終了を控えたシーズン1は相次ぐ非難により火種を残している。15日の放送でタレント、チョン・ガウンは少し前俳優の恋人と破局した事実と整形手術の副作用経験談を打ち明け、インターネットを熱く燃え上がらせた。これにネットユーザーたちは様々な憶測のコメントを掲載し、チョン・ガウンはTwitterを通じて弁明することになった。

このような騒ぎは3年余りの放送期間中毎回起こっていたといっても過言ではない。『強心臓』は来月シーズン2を控えている。しかし名前を継いでいるだけに同じ傾向になると推測できる。シーズン2が変わっていく視聴者たちの口に合うように一歩進んだトークを見せてくれるかを見守らなければならない。

これと共にタイトル前面に『ヒーリング』を押し出したSBS『ヒーリングキャンプ、嬉しくないのか(以下ヒーリングキャンプ)』もやはり話題の窓口に変質している。以前は芸能人、有名人を問わずゲストたちが深みのあるトークを披露した『ヒーリングキャンプ』がスターの身辺雑記に力を入れることに視聴者たちの残念さがより増している。

映画『マイ・リトル・ヒーロー(原題)』の宣伝で『ヒーリングキャンプ』を訪れたキム・レウォンは、巨額の遺産相続と初恋の芸能人に言及し注目を浴びた。『金』と『愛』という原始的な話しを加減なしに解き明かしたキム・レウォンにネットユーザーは非難の声を高めた。

特に初恋に対する行き過ぎた情報提供は1人の男性の妻であり、子供の母親になった女優と彼を関連検索語に作り上げることになった。このような騒ぎの原因はキム・レウォンにだけあるとは言えない。制作陣のキムレウォン活用法が光ったからだ。

人々は以前好ましくない事件を経験したキム・レウォンの正直な姿を期待した。その反面制作陣は話題を呼び起こすだけの刺激的な素材でトークを導き、『ヒーリングキャンプ』を『強心臓』にしてしまった。

これに関連しある芸能関係者は「最近バラエティー番組の図式がだいぶ変わってきている。競争力を備えておらず、刺激的な素材に依存したバラエティーがだらだらと終わりを迎えているのを見れば分かる」「リアルと集団トークなど時代を風靡した流行を超え、新たなフォーマットについての研究が必要な時だということに放送関係者は共感している」と伝えた。

写真出所=SBSキャプチャー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
関連記事
SBS側「『強心臓2』の番組名『心を支配する者』は仮題」2013/01/15
SBS『強心臓』が3年3ヶ月で終止符2013/01/10
イ・ジュンギ『ヒーリングキャンプ』に出演!2013/01/09
キム・レウォンがSBS『ヒーリングキャンプ』に出演!2013/01/04
NEW『強心臓』が来年2月にロンチング!2012/12/28
すべて一覧
少女時代ユナ「全盛期時代は“Gee”…フレッシュで可愛かった」 2013/01/18
INFINITE H『事前収録? ファンたちと作るステージが好きだ』 2013/01/18
ソネ、結婚する心境「将来の夫は本当に愛し、尊敬できるだけの人」 2013/01/18
一発主義、キツいバラエティー、視聴者がそっぽ向く 2013/01/18
JYJ、日本活動への道が開ける…日本のエージェンシーにも勝訴 2013/01/18
キム・シニョンが『ショーチャンピオン』を降板 2013/01/18
SPLUS「 カン・ジファンは嘘をついている」 2013/01/18

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top