[映画] キム・レウォン「インパクトのある役コン・ヒョジンさんとどうでしょうか?」[インタビュー]

2013/01/11 15:56:30

キム・レウォン(31)。 彼の名前の前にはスターより俳優という言葉が先に追いついた。ふてぶてしいが可愛いキャラクターで20代前半から多くの人々の愛を受けた。だが、瞬間的に人気に甘んじなかった彼は多様なジャンルに挑戦して俳優の道を歩いた。

いつのまにか17年目、立派なエンターテイメントの代表になった。もう少しは楽になるはずだが、キム・レウォンはまだ演技に対する悩みが多いようだった。

「『マイ・リトル・ヒーロー』の試写会をして悔しさがたくさん残った。色がはっきりしていないと思った。『私が演技を上手くできなかったのだろうか?』とたくさん考えた」

4年ぶりにスクリーン復帰作で映画『マイ・リトル・ヒーロー(原題)』を選んだのは意外だという評が出たりした。それもそのはず、新人監督に加え、演技経験が全くない子役俳優との共演。前作でオム・ジョンファ、ホン・スヒョンなどトップ女優らと呼吸を合わせたことを考慮すると、より一層そうだった。

「私にできることが多そうだった。上手くやれそうな気もした。当時は早く作品をやりたかった。もちろん、監督の信頼も大きくて、子供と作品をやりたいということでも役割を果たせた」


映画の中で、彼は100%全てが虚勢の三流監督ユ・イルハンを演じた。いい加減なキャラクターは、先だってかんばしくない事件を経験した彼にとって危険な選択であることもあった。

「劇中のキャラクターは私の性格とは正反対だ。実は初めてシナリオを貰ったた時のキャラクターはもう少し真面目だった。ところが、序盤は少し軽快で楽しく行ったら良いという気がした。それで、監督に本質を壊さなければ、茶目っ気たっぷりの虚勢を入れてみてはどうかと言った。本来通りにやったら、イルハンの自責の念と劣等感はよりよく表現できたと思う。しかし、面白みはなかっただろう」


先立ってキム・テヒ、チョン・リョウォン、スエ、ムン・グニョン、イム・スジョンなど美女俳優たちのパートナーだったキム・レウォンは、今回の作品では、風変わりなパートナーに会った。実際、スリランカの多文化家庭の子供であり、初めて演技に挑戦するチ・テハンだ。

「演技を中途半端に学んだ子役よりクリーンな状態のテハンが良かった。テハンは本当に賢い。多文化家庭を代表して、この役をしてくれたと思う。本当に可愛く映っていたし、幼い年齢に徹夜の撮影とダンスや歌の練習にもよく耐えてくれた」

彼は自分の所属会社の代表者でもある。新人俳優としチ・テハンを迎え入れるのはどう思うかと尋ねた。

「テハンが俳優になったら止める権限も理由もないが、当分の間は学校に戻って熱心に勉強したらと思う。撮影する時も子供に『今映画によって受ける注目が時間が経てば忘れられることがある。傷ついてはいけない』という話をたくさんした。先日、再び尋ねると、覚えておくと言っていた。その言葉を理解すること知っている子だ。成長して俳優になりたい場合、可能性があるならば、助けることもできる」

彼は今回の作品を通して演技に対する情熱がより大きくなったと言った。最近なぜインパクトのある演技をせず、容易な方に行くのかという周囲の叱責が薬になったと話した。

「数日前までは上半期には、少し休もうかと思っていた。ところがちょっと強いキャラクターを演じてみたくなった。今シナリオ3つ程度を見た。早く作品に入っれたらと思う。以前にドラマ『雪だるま』でコン・ヒョジンさんと演技したことがあるが、本当に良かった記憶がある。うまく合わせてくれたりして、私も不自由がなかった。私の足りないところを満たしてくれるパートナーが良いと思う。次の作品は一緒にできたらいい」

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
キム・レウォン
関連記事
『マイ・リトル・ヒーロー』スターが絶賛...ソン・ジュンギ「涙をこらえようと必死だった」2013/01/10
『マイ・リトル・ヒーロー』前売り開始15分で完売 ヒット期待度UP2013/01/07
『マイ・リトルヒーロー』メディア試写及び記者歓談会にて [フォト]2012/12/28
すべて一覧
少女時代『MCountdown』で「I GOT A トロフィー!」[フォト] 2013/01/11
『MCountdown』キュートでクールなINFINITE H [フォト] 2013/01/11
『MCountdown』に出演したアーティストたち [フォト] 2013/01/11
キム・レウォン「インパクトのある役コン・ヒョジンさんとどうでしょうか?」[インタビュー] 2013/01/11
BIGBANGのT.O.P、日本のスーパーで“芸能人オーラ”炸裂! 2013/01/11
コ・ヒョンジョン、日本ドラマのリメイク作『女王の教室』でお茶の間カムバック 2013/01/11
除隊したヒョンビン、コン・ユ-ソ・ジソブに続く“コーヒー男神”に 2013/01/11