[K-POP] [2012年を振り返る] 今年の男性アイドルグループ Top 5

2012/12/25 18:32:50

今年もクリスマスを迎え、2013年まであと1週間となった。

日本で大人気のK-POPアイドル。今年も韓国のみならず、日本や中国などの海外でも人気となった。今年のK-POPアイドルグループTOP5を紹介!


『東方神起』

日本でも大人気の東方神起。2003年に結成され、5人組ボーカルグループとして2004年1月にデビュー。日本でも2005年4月にデビューし、両国で活躍してきた。

2010年までは5人で活動してきたが、うち3人が脱退し、現在はユンホとチャンミンの2人のユニットとして活動している。

9月には新曲『Catch Me』でカムバックし、各種チャート出1位を席巻するなど底力を見せてくれた。また、ユンホは来年1月から放送される予定のドラマ『夜王(原題)』で、俳優としても活動し、チャンミンは、来年から放送されるカン・ホドンのKBSバラエティ復帰作にレギュラー出演する事が決まり、歌手活動のみならず、様々な分野での活躍が期待できる。


『FTISLAND』

FTISLAND(エフティーアイランド)。メンバーはイ・ホンギ(ボーカル)、 イ・ジェジン(ベース)、 チェ・ミンファン(ドラム)、 チェ・ジョンフン(ギター/ピアノ)、 ソン・スンヒョン(ギター/ボーカル)の5人で構成されているバンドグループだ。

バンド名の「FTIsland」は「Five Treasure Island」の略で、2007年6月にデビューし、日本では2010年5月にシングル『Flower Rock』でメジャーデビューした。

今年11月にリリースした日本での新曲『POLAR STAR』が、オリコンチャートでも上位にランクインした。

また、メンバーがソロでも活躍した年となった。ボーカルのイ・ホンギは、Mnet『MCountdown』のMCに抜擢されたり、ドラムのチェ・ミンファンは、ミュージカル『光化門恋歌』 に出演し、日本で舞台にも立った。

アーティストとして、MCとして、ミュージカル俳優としてなど、様々な分野で活躍しているFTISLANDは、世界の子供達の為にボランティア活動にも力を入れている。彼らの来年の活躍も期待したい。


『CNBLUE』

CNBLUE(シーエヌブルー)は、ジョン・ヨンファ(ボーカル/ギター)、 イ・ジョンヒョン(ボーカル/ギター)、 カン・ミンヒョク(ドラム)、 イ・ジョンシン(ベース)の4人で構成されているバンドグループで、2010年1月に韓国でデビューし、2011年10月に日本でメジャーデビューした。

今年は彼らにとって日本での活動は輝かしいものとなった。今年10月には日本で全国ツアーを開催し、日本6都市9公演で10万人の観客を動員した。

また、8月に発売された初の正規アルバム『CODE NAME BLUE』は、リリース初日にオリコン日間チャート1位となり、彼らの音楽が日本でも認められた。

アーティストとしてだけではなく、それぞれが俳優としても活躍した1年となった。カン・ミンヒョクはドラマ『棚ぼたのあなた(原題)』、イ・ジョンヒョンとジョン・ヨンファ(カメオ出演)はドラマ『紳士の品格』、イ・ジョンシンは現在放送中のドラマ『私の娘ソヨン(原題)』にそれぞれ出演し、どのドラマも高視聴率で大ヒットのドラマだ。韓流ドラマが人気の日本で、俳優としても人気者になれるだろう。


『BIGBANG』

日本で誰もが知っているであろう、BIGBANG。メンバーはG-DRAGON(ラップ)、 T.O.P(ラップ)、 D-LITE(ボーカル)、 SOL(ボーカル)、 V.I(ボーカル)の5人組グループだ。

2006年に結成され、2008年に日本でビューした。デビューしてから現在までトップを走り続けているグループだ。今年1年、彼らの活躍は留まる事を知らなかった。

今年11月には日本ツアーとして夢のドームツアーも開催され、日本ファンを魅了した。日本のみならず、海外でのツアーも次々と成功させ、ワールドスターとして君臨した。

11月30日に香港で開催された2012Mnet Asian Music Awardsでは、「今年の歌手賞」をはじめ、「ワールドワイドパフォーマー賞」「ベストグループ賞」を受賞し、三冠王となりその存在感を再認識させた。

個性の光る5人が集まったBIGBANG。日本ではV.Iがソロで大活躍しているが、来年2月にはD-LITEがソロデビューを控えている。BIGBANGとしても、ソロとしても来年も大活躍するだろう。


『SUPER JUNIOR』

韓国のみならず、日本や中国などでも大人気のSUPER JUNIOR。個性溢れるメンバーが集まり、歌だけでなくMCやモデル、DJ、俳優などの幅広い活動をしているエンターテインメントグループだ。

元々は13人グループだが、現在はメンバーのヒチョルとイトゥクが軍入隊 しており、俳優活動に専念しているキボムと現在は中国で活動しているハンギョンを除いた9人(イェソン、ドンヘ、 ソンミン、 ウニョク、 カンイン、 シンドン、 シウォン、 リョウク、キュヒョン)で活動している。

メンバーそれぞれがマルチに活動しているだけに、今年1年も大活躍の1年となった。キュヒョン、 リョウク、 イェソンの3人で構成されているユニットSUPER JUNIOR-K.R.Y.の日本公演は、チケットの完売に伴い、来年追加公演を行うことになった。ドラマ『ドラマの帝王(原題)』に出演中のシウォンは、極寒の海での撮影にも真剣に取り組むなど、俳優としてもまた一段と成長した。

今年もグローバルな活動を通じて愛されてきたSUPER JUNIOR。歌にドラマにバラエティーに活躍している彼らを1日たりともテレビで見ない日はないだろう。早く全メンバーが揃ってより完全体のSUPER JUNIORが見たい。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
SUPER JUNIOR
BIGBANG
CNBLUE
東方神起
FTISLAND
関連記事
[2012年を振り返る] 今年の女性アイドルグループ Top 52012/12/25
[2012年を振り返る] 今年のドラマTop 52012/12/25
[2012年を振り返る] 今年のバラエティTop 52012/12/25
[2012年を振り返る] 今年の映画Top 52012/12/25
すべて一覧
パク・ヒョシン、目隠しキス写真が流出 2012/12/26
キム・ジョンミンの妻ルミコ「日本のアイドル時代はIUのイメージ」 2012/12/26
少女時代、カムバックティーザー映像で驚きの網タイツ 2012/12/26
[2012年を振り返る] 今年の男性アイドルグループ Top 5 2012/12/25
[2012年を振り返る] 今年の女性アイドルグループ Top 5 2012/12/25
カン・ホドン、チャンミン、SMバラエティーアカデミー本格始動 2012/12/25
[2012年を振り返る] 今年の男性ソロアーティストTop 5 2012/12/25