[映画] ハン・ヘジン『考えを持った俳優?私はただ演技するだけですが...』[インタビュー]

2012/12/14 18:27:52

「政治的に利用しようとする人たちがもっと悪いんじゃないんですか?」
ただ1編の映画に出演したという理由だけでこんなに多くの憂慮と心配を一身に受けられるのだろうか。映画『26年(原題)』の主演、ハン・ヘジンがまさにその主人公だ。

政界の過去の歴史問題が複雑微妙に絡んでいる状況。第18回大統領選挙を控えての封切。さまざまな議論の中でもハン・ヘジンは気丈だった。むしろ「映画を映画として見てもらえない現実が残念だ」と言った。

気になった。ハン・ヘジンが『26年』という映画にこれほどまで愛情を感じる理由が、そして頑固に出演を強行した理由がだ。eNEWSで彼女に実際に会い、これまでの気になったことを聞いてみた。

▶実際に会ったハン・ヘジンは...

「私の考えは以前として変わりはありません」
落ち着いていたが、ハン・ヘジンの一言は断固としていた。政治的な映画だとか、その為に作られたとの言葉に対して彼女の考えは明確だった。

「政治的な事を離れ、無残に死んでいった歴史の片隅を見せる映画です。映画をただ映画として見てください」と訴えた。

これまで何度かの出会いを通して優しく、思慮深い俳優として刻まれていたハン・ヘジンだ。しかし事情が事情なだけに確実に変わった。頑固に自分が選んだ道を信じ、出ていく。それに対して再発見をしたわけだ。


▶以下一問一答

―映画を見てみてどうだった?

「2回観ました。監督もそうだし、同僚俳優たちもそうだし、見れば見る程また見たくなると言うんです。初めて映画を見た時は劇序盤のアニメーションシーンがとても強くて驚いたまま事件を見たので気が動転していた。だけど2度目に見た時は最初見た時に発見できなかったことにたどりつくことが出来た。とても余韻を残すし、心痛む映画です」

―『26年』はハン・ヘジンにとって少し特別な映画のようだ

「試写会が終わって私だけじゃなく、私の横にいた先輩たち(ジング、ペ・スビン)みんなが泣いていた。涙が溢れて話も出来なかった。他の映画とはとても違っていた。お互いがお互いをとても痛ましく、憐れむ目で見ていた。そういう感激、長い余韻がある映画は本当に初めてだった」

―『お父さん、死んで』という台詞が実に印象的だった

「最初の撮影だった。台本を何度見たかわからない。この子はいったいどんな気持ちで行ったんだろうかと。5.18を直接経験したわけではなく、記憶もないのに自分の人生を足かせになった人物の父親がいざそうやって死んだ時、「どう思っただろうか」と考えてとても胸が痛んだ」

―時期的にも内容的にも政治的だという評価された

「事実多くの方たちがインタビューする前に「気をつけろ」と忠告して下さった。でも私が考えている事を正直に話した。私たちの映画が政治的な事に利用されるとか、連携されるとかいうこと自体が悲しいです。政治?そういうことを全く離れて無残に死んでいった人々、歴史の片隅をお見せする映画だ。一緒に悲しまなければならない映画であるだけだ。決して政治的に見ないで頂けたらいいと思う」

―そういう部分のせいで主演したハン・ヘジンにも憂慮を込めた声が多かった。心配にならなかったか?

「私は私が決めたことを信じ、進む方だ。俳優として演技がやりたくて選んだ作品であるだけ。たとえ私がこの映画に出演してどんな問題が起きたとしても恐れない。それもまたいつか明らかになることじゃないですか?その部分に対して確固たる信念があった」


―困難な時期だったと思われる。誰が一番力になった?

「家族が一番力になった。父と母がいつも私にいい言葉を下さった。私たちのヘジンがいい加減な事する子じゃないと...姉たちも私が決めた事だから心配しないでとなだめてくれた」

―そうまでして『26年』に愛着を持つ理由は何か?

「感じ?多分共感だと思う。とても理解できて共感できて、絶対一度やってみたいという欲がうごめいた。俳優はいいシナリオに会うと震えて焦りが生じるものだから。歴史的事件が背景だが、そこに特別な意味を置いたら嘘だ。ただ俳優としてとてもやりたかった作品だった」

―『26年』が大統領選挙に影響を与えたらと思うか?

「ただ遺族の方たちの気持ちをいやしてくれる映画になることを祈るだけだ。もし大統領選挙に影響を及ぼすならいい影響を与えたらいいと思う。どちらか一方が利用されたり、報道されたりしないといいと思う」

―俳優としてだけでなく海外ボランティア活動もよくするようだが

「ワールドビジョン広報大使なので機会が多い。私が直接どう働いているのか見に来るので少しやり甲斐ができるようだ。養子縁組した子供たちの中には結婚した子供もいるんです。一番直接的に助けられる団体にあるので色々といい事のようだ」

―これまで粘り強い役柄を主に演じてきたようだ。これからやりたい配役があるとしたら?

「キャラクターが鮮明な作品ならいい。強烈だったらという希望もあるし。悪役もやってみたい。『親切なクムジャさん』のイ・ヨンエ先輩ような「あなたこそしっかりね」この台詞が実に好きです(笑)」

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
ハン・ヘジン
関連記事
ハン・ヘジン、背中の開いた“日本っぽい”衣装で破格の変身2012/12/13
ハン・ヘジン 父親が他界…喪主は俳優のキム・ガンウ2012/11/02
<釜山国際映画祭>ハン・へジン「魅惑的なマーメイドドレス」2012/10/05
ハン・ヘジン「運転注意」ホン・ウニ「ゲームばかりしないで~」スターたちの秋夕挨拶2012/10/01
『強心臓』ハン・ヘジンの早着替えに「扇情性の論議」2012/08/29
すべて一覧
ユチョン効果「これほど?中国で『会いたい』すでに再生回数が4,500万件」 2012/12/14
Ailee、ロングラン人気に収録曲『Evening sky』で活動延長 2012/12/14
ハン・ボルム、広告界の新星に跳躍!『キム・アジュン+ワン・ジヘ絶頂美貌?』 2012/12/14
ハン・ヘジン『考えを持った俳優?私はただ演技するだけですが...』[インタビュー] 2012/12/14
“リダ”キム・ヒョンジュン、日本アルバム特別版の「スペシャル画報」公開 2012/12/14
BEASTドゥジュン「公開恋愛はしないと思う」 2012/12/14
SUPER JUNIORヒチョルが『婿にしたくないメンバー』1位に 2012/12/14

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top