[ドラマ] 水木ドラマで女子中学生性暴行?『会いたい』刺激的な素材に論争

2012/11/15 16:44:10

15歳以上視聴可の水木ドラマで女子中学生の性暴行を描写した衝撃的なシーンが堂々と登場し、視聴者の眉をひそめさせた。

14日放送のMBC水木ドラマ『会いたい(原題)』第3話では暴漢によって15歳の少年、少女が拉致され倉庫に連れて行かれる姿が描かれた。そこでイ・スヨン(キム・ソヒョン)は恋人のハン・ジョンウ(ヨ・ジング)の目の前でひどい目にあってしまう。

直接的なシーンはなく、ドラッグに酔った暴漢に抵抗するイ・スヨンの壮絶な叫び声と彼らの横で見ていて精神的パニック状態に陥ったハン・ジョンウの姿で代替されたが、それすらも『行き過ぎた設定』という感じが明らかだった。

ハン・ジョンウは結局隙を見て血だらけで倒れているイ・スヨンを置き去りにし、1人脱出を敢行する。このシーンはお互いを熱烈に愛していた15歳のハン・ジョンウとイ・スヨンが取り返しのつかない関係に転落する決定的なきっかけになるだけに『無理な設定』と責め立てるには難しいのも事実だ。

この放送が終わると視聴者たちはオンライン掲示板に「水木ドラマで女子中学生の性暴行とはひどい」「家族たちと見るのにずっと気まずかった」「演出が行き過ぎだった」など非難が降りそそいだ。反面一部のネットユーザーは「作品の展開上どうしても必要だった部分」「現実でも十分にあり得る状況」などのコメントで反発した。

劇中イ・スヨンを熱演した子役俳優キム・ソヒョンは放送直後Twitterを通じて「今日『会いたい』をご覧になってとても胸が痛かったことでしょう…このシーンを直接的に演じなかったけれど感情をお見せしなければならなくて、とても難しく大変でした。けれどこれからこの世界で絶対にこういうことが起きないようにと願って撮影しました」とコメントを残した。

MBC水木ドラマ『会いたい』は心ときめく初恋の記憶を踏みにじられた傷でかくれんぼうのような縁を続けて行く2人の男女の愛を描いた正統メロドラマだ。JYJユチョン、ユン・ウネ、ユ・スンホらが大人役として出演する。

写真=MBC画面キャプチャー


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
関連記事
『会いたい』殺人、請負拉致、麻薬、性暴力、本当に正統メロドラマ?2012/11/15
『会いたい』ヨ・ジング-キム・ソヒョン、スチールカットだけでも…何があった?2012/11/14
ユチョン『会いたい』初回放送感想 「狂おしいほど恋しく、申し訳ない想い」2012/11/08
『会いたい』ユチョン-ユン・ウネ-ユ・スンホ、悲しい涙を込めたポスター3種『ヒットの予感』2012/11/08
すべて一覧
『秘密男女戦→7級公務員』チェ・ガンヒ-チュウォン 水木ドラマタイトル変更 2012/11/15
A-JAX、少女時代『Run Devil Run』返歌で活動再開『国民ソング誕生なるか』 2012/11/15
パク・ジョンミン、アコースティックバラード『あのさ』公開 意外な音楽性に視線 2012/11/15
水木ドラマで女子中学生性暴行?『会いたい』刺激的な素材に論争 2012/11/15
『会いたい』殺人、請負拉致、麻薬、性暴力、本当に正統メロドラマ? 2012/11/15
『タイのイ・スンギ』NATTHEW、15日韓国公式デビューステージ 2012/11/15
イ・ヒョリ 焼酎広告に関してKARAハラへ意味深アドバイス? 2012/11/15

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top