[K-POP] CRAZYNO 「おかしな奴? 音楽に狂って遊べる奴!」 [インタビュー]

2012/11/13 10:17:00

何かに夢中で自分を投げ打つ事が出来るのは何よりも格好いい事じゃないだろうか。最近デビュータイトル曲『Musiche』で活動を始めた新人CRAZYNO(本名キム・ジノ)は『狂う』という意味をもった『CRAZY』に名前のジノを繋げた名前が語るとおり、音楽に『狂った奴』だ。しかもすごく堂々と。



もし疑うのであればたった一度でもいいからCRAZYNOのステージを見るのをお勧めする。ステージを見てファンになったらアルバムを買うことをお勧めする。アルバムジャケットに込められた猟奇溌剌さが彼がどういう人間なのかを余すところなく見せてくれているからだ。たった一度の音楽番組出演で各種有名ポータルサイト検索ワード上位圏にランクインしたのもそういう理由からだろう。

音楽番組だけでなCRAZYNOはMBC『セバキ』でも新人らしくない強い存在感を見せた。挙句の果てにMCイ・フィジェは彼の所属事務所代表である『チョン室長』チョン・ソクォンに「CRAZYNOは物だ。物を拾い上げたようだ」と話した。それだけCRAZYNOのステージは『第2のPSY』という別名がふさわしかった。

だからと言って彼を軽く評価してはいけない。聞けば勉強に大きな意味を抱いて学業に邁進した医者家系の息子だった。オーストラリアで生まれ、20歳の冬休みに韓国に遊びに来なかったら、多分彼はオーストラリアのどこかで診察しているかもしれない。しかし偶然に訪れた韓国で彼は一生やり続けたい事を見つけた。それは音楽だ。

「選択に後悔はない。韓国に来た後は音楽だけやったんだがとても楽しかった。勿論ドラマOST作業を主にやる時は双方向に対する概念がなかったが、アルバムを出しステージに立ってみるともっと大きな喜びを感じる。勿論僕のスタイルはちょっと好感が持てないかもしれないのに、今はまだ肯定的な反応が多くて満足している」

CRAZYNO本人が憂慮するほど彼のコンセプトは強烈だった。新人らしくないという言葉がぴったりだ。ステージで飛び回る姿を見ると申し訳ない話だが本当に『狂った』人のようだ。『天才』じゃない『狂った奴』かもしれないという話が出てくるのもみんなそういう理由からだ。

だが思ったより反応は熱い。努力して格好いいふりをするよりもありのまま、もしくは現実そのままを見せる正攻法だからだ。

「コメントを見ると匿名性が強いから自由に色々な話をするようだ。おかしい奴みたいだとの話も度々聞くが、そうすると本当に成功したなと思う。「おかしい奴」「狂った奴みたいだ」っていう話が出てくると成功したなって感じがする。悪口言われるのが気分いいっていう数少ない歌手じゃないかな。ははは」



最初から格好良く見えることは諦めたと強調した。しかし実際に会ってみた彼は音楽に対する話をする時にはひたすら真剣で、顔もイケメンだった。おかげで彼はデビューと同時に国内だけでなく海外各国ネットユーザーたちが彼に好感を表している。

それにもかかわらずCRAZYNOは手を振る。まだ道のりは遠いと。

「海外ファンたちがすごく関心を持ってくれて有り難いが、まずは国内ステージだ。国内ファンたちに認めてもらって愛された後もっと大きなステージに出て行きたい」

彼の切実な願いは少ししたら現実になるんじゃないかと思う。同じスタイルのアイドル一色の最近の歌謡界に間違いなくCRAZYNOは自分だけの一線を引くことに成功したのだから。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
CRAZYNO
関連記事
恐ろしい新人CRAZYNO 「ステージで狂ってみようか」 [写真]2012/11/09
すべて一覧
へリョン 離婚を語る 「夫は私という平凡でない人と出会ったせいで…」 2012/11/13
少女時代ジェシカ 注目を引く空港ファッション 2012/11/13
カン・ドンウォン 12日に召集解除…次回作に関心集中 2012/11/13
CRAZYNO 「おかしな奴? 音楽に狂って遊べる奴!」 [インタビュー] 2012/11/13
② ポッペラ歌手イム・ヒョンジュ 「日本公演で韓服…私の信念」 2012/11/13
① ポッペラ歌手イム・ヒョンジュ 「日本公演で韓服…私の信念」 2012/11/13
『アジンヨ』って何!? ネチズンの非難世論が拡散! 2012/11/12

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top