[K-POP] JEWELRY 「忘れ去られてしまうかと怖かった」 [インタビュー]

2012/11/07 15:12:00

「皆さんの記憶から消えてしまうのが一番怖かった」

JEWELRYが1年5ヶ月ぶりに歌謡界にカムバックした。空白期間中にデビューしたガールズグループだけでも十数チーム。さらに新人グループが2、3ヶ月に1度くらいのペースで音盤を発売して大衆の視線を一度でも受けようと必死になっているだけに、1年5ヶ月という空白期間が長すぎた。

2001年にデビューし、既に12年目のグループになったが、ジュヨン・ウンジョン・セミ・イェウォンの4人体制になったのは2011年初から。活動としてはデジタルシングルの『Back it up』と『PASS』が全てだ。長い空白を経て、ミニアルバム『LOOK AT ME』で帰って来たJEWELRYにeNEWSが出会った。



▶武器はライブ! 「MR除去映像」は空白期間の努力の結晶

久しぶりに帰って来たJEWELRYは、チャートや順位に欲を出さなかった。それよりも‘変化した姿’を見せることに焦点を置いていた。イメージ的な面もそうだが、実力的な向上を見せ、大衆に認められたいという願望の方が大きかった。

「正直、MR(Music Recorded)をかけてダンスをより激烈に踊りたい気持ちもあるが、会社としてはそれを許さない。むしろマイクではなく、ハンドマイクで歌に集中して欲しいというくらいだから。初めに練習する時はダンスをしながらライブをするのが大変だったが、今は負担なくこなせる。ライブステージこそ私達の一番の武器だ」

彼女達の努力は証明された。最近、あるオンラインの掲示板に「JEWELRYのステージMR除去映像」が公開され話題になったのだ。これを単純に“空白期間の努力の結果”と淡々と言うJEWELRY。彼女達の関心が集中したのは他にあった。

「(同じ所属事務所の)ZE:AやNine Musesが音盤活動を続けて来たように、私達も次の活動までに空白期間が長くない事を願うだけだ。来年初くらいにカムバックしたいという気持ちが切実だ。次の空白期間は絶対に短く!!!」



▶‘JEWELRY’という名を使用するのは“毒”もあるが“得”もある!

冒頭でも言及したように、JEWELRYというチーム名の芸暦は12年。しかし、現在のメンバーで活動したのは2年ほどだ。さらには1年5ヶ月の空白期間。しかし、相変わらず大衆たちは彼女達に12年目アーティストとしての器量を求める。新しいチームではなく、JEWELRYとしての名に拘るのは何故だろうか?

「昔から会社を引っ張ってきたJEWELRYに対する代表の愛着のようなものがある。JEWELRYという名を使用する事で大衆が私達にかける期待感は高くなるのは事実なので負担にはなる。でもJEWELRYという名のお陰で多くの人から関心を持って頂けるのも事実だ」

だとすれば、ソ・イニョンやパク・ジョンアが脱退し、パク・セミとキム・イェウォンが入った今のJEWELRYのカラーは何か?

「グループならではのカラーが確実に必要だが、そのカラーが限定的なのは長く続かないと思う。音楽のトレンドが変わるように、グループのトレンドもやはりそれに合わせて変えていかないといけない。‘JEWELRYがこんな歌もこんな風に歌い上げるんだ’という所をお見せする事が一番必要だと思う」



▶生存力が強い‘無人島型ガールズグループ’、海外進出も任せてくれるなら!

『GANGNAM STYLE』のグローバル的なヒットによって海外に強制進出したPSY。JEWELRYも海外進出への欲がある。

「アメリカ市場、そして中国に進出する想像を私達だけでしてみた(笑)意外にインドや南米のように、まだK-POP市場が大きくない国に対する欲も大きい。昨年の夏にインドで公演をした事があるが、思ったより反応がよかったということもあって」

海外進出について特別に準備している事を質問すると、メンバー達は「溢れる情熱だけで80%は準備完了だ。無駄に長い間休んでいたのではなく、努力していた。私達は生存力の強い‘無人島型ガールズグループ’だから海外進出が決まりさえすればどんな手を使ってでも、なんとしても生き残る自信がある」と答えた。

「“JEWELRY=ベテラングループ”という先入観なしで見ていただきたい。これから活動しながらお見せするものが多いメンバー達だ。誰でもいいから選んで入れたメンバーではない事を確実に証明してみせる。一生懸命活動していつかはトップに立つ姿を」

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
JEWELRY
関連記事
JEWELRY『セクシーでパワーフルなステージ』 [写真]2012/11/02
JEWELRY 健康的な脚線美 [写真]2012/10/19
JEWELRYがセクシーにカムバック2012/10/15
T-ARA ガールズグループ初の日本武道館コンサート『Jewelry Box』の輝き2012/07/27
すべて一覧
DICKPUNKS 「スーパーセーブで起死回生、本当に感謝+負担感UP」 2012/11/07
INFINITEソンギュ、Nellキム・ジョンワン作曲の『Shine』を先行公開! 2012/11/07
CNBLUEの韓国単独コンサート、予約10分で「完売」 2012/11/07
JEWELRY 「忘れ去られてしまうかと怖かった」 [インタビュー] 2012/11/07
キム・アジュン、シャロン・ストーンも顔負けのセクシーな脚組み 2012/11/07
キム・アジュン-チソン『私のパートナーを紹介します』 2012/11/07
キム・テヒ 実は努力家? 始球式のために陰で猛練習 2012/11/07