[芸能] John-Hoon 「諦めた歯科医の未来? 今がもっと安定している」 [インタビュー]

2012/10/30 16:19:00

John-Hoonが帰って来た。最近まで様々な作品を通して見せてくれた俳優としての姿ではない、グループUN(ユーエヌ)で人々の前に初めて立った当時のように歌手としてだ。変わったことがあるとしたら2人ではなく1人でという点。アルバム自体も2006年以降に発売されたUNベストアルバム以後、国内で約7年ぶりに披露するアルバムだ。

韓国男子として国防の義務を遂行し、男らしさが溢れる予備兵兵長になったが、以前のイケメンの姿は相変わらずだ。月日の痕跡は年輪となって滲み出た。9日、全5曲が収録されたリメイクアルバム『僕の話』を発表したJohn-Hoon(32)はenewsとのインタビューで「メディアインタビューをすることになってこそカムバックを体感しているところ」と言いながら、いかにも余裕ある姿を見せた。



▶歌手としては実に久しぶりだ。またアルバムを出すということをいつ決心した?

「昨年始め除隊してからずっと考えてきた。演技は演技として、また歌は日本で活動を続けてきた。そんな中「韓国でも歌を歌いたい」と考えて今回のアルバムを発売することになった。トレンドを追いかけられないし、ラップも出来ないからずっと前から好きだった曲でリメイクアルバムを作ることにした」

▶『私は歌手だ』(MBC)、『不朽の名曲』(KBS2)『SUPER STAR K』(Mnet)など様々は放送で昔の歌が再発見され、解釈し直されている。そういう流れの一環なのか?

「リメイクアルバムはずっと前から私がやりたかった事だ。ただ時期が合致しただけで便乗ではない。『君がそういう時は』は編曲者が薦めてくれた歌で、その他の4曲は私が直接選んだ。『一人の人のための心』(1992)、Mr.2『白い冬』(1993)、キム・ウォンジュン『君がいない間』(1994)の3曲は音楽的にアレンジをたくさんしたし、『カシナム(棘)』は原曲の感じを生かすアレンジをした。

▶詩人と村長の原曲『カシナム(棘)』はチョ・ソンモバージョンを始め数多くリメイクされた。紫雨林(ジャウリム)が『私は歌手だ』でバトル曲として歌い、改めて関心を集めたし…。ややもすると比較対象になりやしないか?

「紫雨林のステージは私も見た。新鮮で良かった。私は特別誰かと比較することは考えたことがない。『カシナム(棘)』リメイクを前に原曲作曲家に直接お会いしたが、歌詞を詩のように大切になさっていた。私も同じ考えだ。歌詞の中に鋭さと強さ、痛みと怒り、そして自己反省と宗教的な意味まで込められている。技術的に華やかに作るのもいいが、深みある歌詞を伝えられる原曲そのままの感じを生かすのに重点を置いた。

▶俳優としての活動も悪くない。なぜあえてまた歌を歌おうとするのか?

「私は歌で始めて演技に行ったケースだ。最後にアルバムを出した後事務所と決別し、悩んでる時にドラマ『宮~Love in Palace』という作品をやることになった。おかげで解散してすぐ演技を始めることになったが、歌を完全に離れたというより、少し車線を変えたという感じが強かった」



▶10年前UN活動の時と一番違う点があるとしたら?

「当時よりアイドルの後輩たちがすごく増えたこと?先輩として接してもらうと何となく負担を感じる。ただ若いままで暮らしたいのに…(笑)国内では1人でステージに立つのが慣れていない。そうだった事がまだ一度もない」

▶過去の活動時から『優等生』の修飾語がついてきた。以前芸能活動のためにソウル大歯大生を諦めた事も大きな話題になった。時間が流れたが、もしかして後悔してないか?

「もちろん後悔はしない。諦めた歯科医の未来より、今がもっと遥かに安定的だから」

▶金銭的に?それとも心理的に?

「2つが大きくかけ離れるものではない。心理的な安定だけを追求したら多分、星を観察する純粋科学を選んだはずだ。私は「安定的だ」と言う感情は果物や菓子を食べながら寝転がって映画を見る時、帰国の飛行機が着陸する時、家について玄関のドアを開けた時、週末に何もせずコンピューターでWOW(ゲーム)をする時に感じる(笑)」

▶インタビューが終わった。少しはカムバックを実感しているか?今後の活動計画も教えて。

「今回のリメイクアルバムは久しぶりに韓国でレコーディングした曲だからか、何となく懐かしい。新人の気持ちで一生懸命頑張るのでたくさん共感してくださって、聞いて下さったら嬉しいです。韓国と日本、中国を、またアジアツアーを今年の年末から来年初めまで計画している。12月8日にはソウル慶煕(キョンヒ)大平和の殿堂でコンサートも行う。ドキドキして震えるが、絶対にいい姿をお見せします」

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
John-Hoon
関連記事
John-Hoon『7年ぶりにカムバック』 [写真]2012/10/18
[リアルタイム配信] John-HoonがUN解散後7年ぶりに韓国のステージに立つ!2012/10/17
John-Hoon 「僕はソウル大異端児、学生たちに悪いと思う」 [動画]2012/10/15
John-Hoon 2年ぶりに歌手カムバック…リメイクアルバム『僕の話(My Story)』発表2012/10/04
John-Hoon 初のアジアツアー『新しい姿をお見せします』2012/06/26
すべて一覧
Youtube韓日音楽部門総括代表 「PSYが日本で人気がない理由は…」 2012/10/30
『学校5』の顔ぶれが確定 T-ARA元メンバーの姉も 2012/10/30
SS501パク・ジョンミン、ソン・ヘミョンとの熱愛説に「親密だが業務的な関係」 2012/10/30
John-Hoon 「諦めた歯科医の未来? 今がもっと安定している」 [インタビュー] 2012/10/30
Dal★Shabetが11月中旬にカムバック! 2012/10/30
『SUPER STAR K 4』のインターネット投票 「HONEY Gの応援票はどこに動く!?」 2012/10/30
チャン・グンソク アジアツアーで12万人を誘惑…リハーサルも本番のように 2012/10/30

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top