[芸能] 『2012 STYLE ICON AWARDS』今年のトレンドは?

2012/10/09 19:01:21

トレンドのキーワードは「初恋」、「イケメン中年」、「グローバル旋風」、「ソーシャルテイナー」

映画『建築学概論(原題)』のスジ(miss A)、『応答せよ1997(原題)』のソ・イングク 、チョン・ウンジ(A Pink) 、Busker Busker等による「初恋ブーム」、ドラマ『紳士の品格』 のチャン・ドンゴン、ユ・ジュンサン、リュ・スンウォン等による「イケメン中年ブーム」、また、PSY、 少女時代、イ・ビョンホン、BIGBANG等のグローバルに渡り大活躍したアーティスト達が2012年の最大のトレンドセッターに選ばれる。

斬新なライフスタイルを提案するアーティストやタレントを讃えるCJ E&M 2012 STYLE ICON AWARDS(SIA)が来る10月24日(水)、25日(木)二日間にわたり開催される。

 SIAは今年のトレンドを作り出し、世間のライフスタイルに最も影響を与えた人物を選ぶ韓国最大の授賞式。SIA執行委員会が選んだ50人の候補中、オンライン投票、リサーチ、選好度調査、選考委員審査により、大賞である 「STYLE OF THE YEAR」を始め、今年最高のスタイルアイコン10人を選ぶ。

2012 STYLE ICON AWARDS(SIA)投票ページはこちら

 
2012年 最高のスタイルアイコンの座をめぐり50人の候補への投票が注目を集める中、重要キーワードを通じて今年1年のトレンドを分析、振り返る。

【その1:初恋に落ちる】
淡い初恋を描いた映画『建築学概論』と90年代の思い出を呼び起こすドラマ『応答せよ1997』 のヒットにより韓国は初恋の余韻に浸った。
映画『建築学概論』で純粋無垢な純情男を演じたイ・ジェフンと初恋相手を演じたスジは、多くの国民の大学新入生時代の新鮮さを思い出させた。
H.O.Tとジェクスキスに二分された「追っかけブーム」をリアルに描き、90年代シンドロームを巻き起こしたドラマ『応答せよ1997』の中でのソ・イングクとチョン・ウンジの高い演技力は、多くの注目を集めた。
また『ヨスの夜の海』『桜エンディング』など初恋の懐かしさを感じさせる音楽で、チャートを席巻したBusker Buskerの活躍は業界で上半期最大の話題となった。

【その2:イケメン中年にはまる!】
中年男性のロマンスを描き、強い共感を得たドラマ『紳士の品格』。久々にTVドラマにカムバックしたチャン・ドンゴンはイケメン中年ブームを巻き起こした主役として、中年男性の品格とは何かを体現した。またドラマ『棚ぼたのあなた』で韓国女性の理想の夫として浮上したユ・ジュンサンと映画『私の妻のすべて(原題)』でどんな女も誘惑する男を演じたリュ・スンリョンもまた、中年アイドルとして株をあげた。

【その3:世界は今、グローバル韓国ブーム!】
『GANGNAM STYLE』で世界の音楽チャートを賑わし、グローバル・スターとして頭角を現したPSYブームは当分の間続くだろう。東南アジア、ヨーロッパ、南米をひとつにし、世界中の少女の憧れとなったSUPER JUNIOR、K-POPの「絶対女神」少女時代の活躍も目ざましい。現在、ハリウッドで映画を撮影しながら、韓国俳優の地位を高めているイ・ビョンホンもまたグローバル韓国ブームの功労者としてあげられる。

【その4:韓国を感動させたスポーツ選手達】
この夏開催されたロンドンオリンピックで、韓国選手達が見せてくれた情熱で韓国は一丸となり、応援で熱くなった。感動のマリンボーイ、パク・テファンと体操の妖精から国民の妹となったソン・ヨンジェ、力いっぱいの跳躍で世界を制覇したヤン・ハクソン、彼らの活躍は未だ涙を誘う。 

【その5:世界と通じる!ソーシャルテイナーの活躍 】
うまく生きる事より、どのように生きるかが重要な価値とされる時代がきた。物質的で世俗的な価値より、その裏に隠された大事な事に気づかせてくれたソーシャルテイナーの活躍が目立った1年だ。OnStyle「ゴールデン12」で飾り気のない魅力を見せてくれたイ・ヒョリ、エコ・セレブのコン・ヒョジン、実践的な愛の力を見せてくれたチャ・インピョなど数多くのスター達が中心となって世界と通じ、見本となった。 

またドラマ『紳士の品格』の中でチャン・ドンゴンと甘いラブストーリーを演じ、可愛らしいラブコメの女王となったキム・ハヌル、出産後、更に輝きを増した容姿でカムバックしたキム・ヒソン、「彼が着た」と聞くと必ずその服が売り切れるキム・ナムジュ、『私の妻のすべて』で大胆な露出をしたイム・スジョンなど、女性達の理想のアイコンとしてあがった女性スターの活躍もめざましかった。さらに、女心をつかんだキム・スヒョン、美少年からダークな男に変身したソン・ジュンギ、柔らかいカリスマのイ・ソンギュンなど完璧な容姿に演技力まで兼ね備えた男性スターの人気も高かった。

これ以外にも『SNL KOREA』のレギュラー出演者として合流し、大人向けユーモアを手加減なく披露したシン・ドンヨプ、B級文化の先導師、ヒョンドンとテジュンなど「新しいギャグ・トレンド」と歌謡界に活力を与えた「アイドルブーム」、唯一の作品ながら強烈な印象を残し、愛された俳優ユン・ジニ、イ・ヒジュン、チョ・ジョンソクなど「人気急上昇スター」も2012年をリードした話題のキーワードとしてあげられる。


「2012 STYLE ICON AWARDS 」 10月24日(水)、25日(木) CJ E&Mセンターにて開催
10/25日(木)夜6時半よりmnet.com (http://jp.mnet.com)にてPC、スマートフォンへ生中継でライブ配信

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
STYLE ICON AWARDS
SIA
関連記事
韓国唯一のスタイルフェスティバル『2012スタイルアイコンアワード』開催!2012/09/24
すべて一覧
カン・ジファン 韓流スター必須コースのロッテホテルのモデルに 2012/10/10
キム・ユジョン釈明 「BIGBANGのT.O.Pも私がいじめっ子だと誤解」 2012/10/10
キム・ユジョン 「ヨ・ジングが本当に好きだった」告白! 2012/10/10
『2012 STYLE ICON AWARDS』今年のトレンドは? 2012/10/09
タイのファン「イトゥクの為なら10年でも待ってる!」 2012/10/09
FTISLANDが高校3年生にチキンを奢る! 2012/10/09
『ラブレイン』新記録ユナ着うたレコチョク1位 2012/10/09

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top