[芸能] チョ・ミンス 過去写真公開『私、本当に可愛かったんですね』

2012/09/12 17:34:53

俳優チョ・ミンスの過去写真が公開され話題だ。

11日放送のSBS『強心臓』には、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた映画『ピエタ(原題)』のキム・ギドク監督と、俳優チョ・ミンス、イ・ジョンジンが出演しトーク対決を繰り広げた。

特にこの日の放送には、過去『CFクイーン』として活躍したチョ・ミンスの過去写真が公開され、視線をさらった。チョ・ミンスは20代の頃、化粧品モデルとして人気が高かった。この日の放送には化粧品『ミネルバ』のモデルとして活躍したチョ・ミンスのあどけない姿が紹介された。濃い色の化粧にウェーブのかかったヘアスタイル、ピンク色のワンピースとヘアバンドでセンスのいい過去のチョ・ミンスは、はっきりとした目鼻立ちと異国的な表情で周囲を感嘆させた。

自身の過去と向き合うことになたチョ・ミンスは、恥ずかしがるように笑いながら「私、可愛かったんですね」と正直な感想を漏らした。チョ・ミンスは「当時一つのブランドモデルとして3~4年間活躍した。化粧品CFは本当にたくさんやった」「4年ほどCFを撮ったら、飽きられた。だから演技に目を向けるようになった」と明かした。

この日チョ・ミンスは、CFクイーンとして意気揚々としていた時代、作品のためにCFを諦めなければならなかった裏話を公開した。農村ドラマのKBS『棗の木に愛がかかったな』に出演し、華麗なイメージを求められる化粧品CFを諦めなければならなかったという。チョ・ミンスは「田舎のドラマに出演したというイメージのため、CFから切られた」「いっときこのドラマの話はしなかった。私から多くのものを奪っていった作品だと思っていたから」と話した。

「時間が立って見ると、失うものがあれば得るものもある。このドラマ以降、生活演技だけは誰よりも上手くやれる自信がある」「そういう演技力を得たことに今は感謝する」と話し、拍手を浴びた。

この日の『強心臓』にはキム・ギドク監督がフランスの街頭画家時代に完成させた絵画を公開し、目を引いた。

写真=SBS『強心臓』画面キャプチャー


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

タグ
チョ・ミンス
関連記事
『残忍で美しい映画』絶賛、金獅子賞授賞『ピエタ』はどんな映画?2012/09/11
『ピエタ』チョ・ミンス-イ・ジョンジン ベネチアから帰還2012/09/11
『ピエタ』キム・ギドク監督 舞台でアリランを歌った理由は…(インタビュー全文)2012/09/10
キム・ギドク監督『ピエタ』ベネチア映画祭で韓国初の金獅子賞に2012/09/10
『ピエタ』ヴェネチアで星4個半、高い受賞の可能性2012/09/06
すべて一覧
ソ・ジソプ「映画の中で格好良く見えないように努力したんだが…」 2012/09/12
『会社員』出演したイ・ミヨン 2012/09/12
『会社員』ファイティング! 2012/09/12
チョ・ミンス 過去写真公開『私、本当に可愛かったんですね』 2012/09/12
G-DRAGON アルバムに自ら“19禁”宣言した理由とは? 2012/09/12
『強心臓』出演のイジュン『母が入学祝いにコンドームをくれた』 2012/09/12
KARAハラ 過去の男の質問に『それはパスで』 2012/09/12

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top