[芸能] ① “新興富豪”若い韓流スターの財テクを徹底解剖 チャン・グンソク編

2012/09/10 16:54:35

20代の韓流スターはどのようなやり方で財テクをしているのだろうか。韓流ブームとともに韓国だけではなく海外活動も並行しながら数十億ウォン台の収益を手にする若いスターが年々増えている。過去にも若くして成功を収めたスターが、世の中のことをよく知らないうちに、人生の途中で詐欺にあったり尋常でない浪費をしたりすることはよくあった。しかし最近では、不動産や株などに投資して賢い財テクを試みるケースも増えている。建物や住宅などを購入し、不動産を通じて財テクしている若いスターがとりわけ目に付く。“20代の不動産富豪スター”は一体、誰だろうか。

本日よりシリーズで紹介していく。

▶チャン・グンソク(26)

総額:140億ウォン(9億7,000万円)台 

位置及び情報:ソウル市江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)のビル/ソウル 江南区論硯洞(カンナムグ・ノンヒョンドン)Aビラ(連立住宅) 

著名な隣人芸能人:イ・ヘヨン、ソ・ジヨンら

“アジアのプリンス”という修飾語がおおげさでないほどだ。昨年1年間の活動だけで400億ウォン台の収益を上げたチャン・グンソクは、昨年1月に清潭洞の永東(ヨンドン)高等学校の近くに位置する100億ウォン相当の6階建てビルを購入した。元々はタレントのソ・セウォン-ソ・ジョンヒ夫婦が所有していた建物であることが伝えられている。チャン・グンソクは所属事務所のtree J company(ツリージェイカンパニー)と共同名義で約85億ウォンでこの建物を購入した。

続いて9カ月後には論硯洞のAビラを40億ウォンで購入し、合計140億ウォンに達する“韓国芸能界の最年少不動産富豪”という言葉を聞くに至った。これにも飽き足らず、最近では東京渋谷にある6階建ての建物を購入した。

ある不動産業界の関係者は「チャン・グンソクが購入したビルは事務所と商用施設が入居している。繁華街に位置しているため建物に空き室がないほど人気が高い。財テク手段としては効果的な投資」と伝えた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved.

タグ
チャン・グンソク
関連記事
チャン・グンソク アジアツアーで台湾訪問し、韓国文化で交流2012/09/05
チャン・グンソク スタイリッシュな日常を公開2012/09/05
チャン・グンソク 過去共演の子役と5年ぶりの“父子”再会?2012/08/28
チャン・グンソク 訪問先への問い合わせが殺到2012/08/19
チャン・グンソク 過激ファンのせいで公安調査まで受け怒り爆発2012/08/14
すべて一覧
コン・ヒョジン 新作『高齢化家族』のヒロインにキャスティング! 2012/09/10
上はシースルー 下は超ミニ…ソン・ユリの“挑発” 2012/09/10
『優しい男』チキンマル制作支援 行き過ぎた宣伝? 単なる偶然? 2012/09/10
① “新興富豪”若い韓流スターの財テクを徹底解剖 チャン・グンソク編 2012/09/10
ペク・チョンガン 腺腫がん初期との診断…6月間活動中断 2012/09/10
『ブッとび!ヨンエさん10』アン・ジェミン、T-ARA騒動のコメント? ウンジョンが慰めてくれた 2012/09/10
カムバックしたT-ARA 初ステージで野次の洗礼 2012/09/10

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top