[K-POP] ペク・チョンガン 腺腫がん初期との診断…6月間活動中断

2012/09/10 16:49:01

歌手のペク・チョンガン(23)が直腸がん初期という診断を受け、6カ月間活動を中断することになった。

ペク・チョンガンは先月、直腸ガン初期との診断を受け、直腸内の線腫除去手術を受けたことが確認された。所属事務所の関係者は「現在、ペク・チョンガンが線腫が発見された直腸の一部分を切除する手術を受け、回復に向かっている。最低3カ月から6カ月ほどは活動を休まなくてはならないようだ」と伝えた。ペク・チョンガンは1週間前、「線腫ガン発見」の報道について事実ではないと否定していた。これについて「ファンが報道を見て非常に驚き、いったん安心させるために仕方なかった」と釈明した。

ペク・チョンガンはMBC(文化放送)のオーディション番組『偉大な誕生』で優勝してその名が知られるようになった。その後、歌手としてデビューしてミニアルバム『All Night』をリリースして韓国と中国で活動してきた。 

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved.

タグ
K-POP
ペク・チョンガン
関連記事
ペク・チョンガンが活動中断…所属事務所「がんではない」2012/09/02
すべて一覧
上はシースルー 下は超ミニ…ソン・ユリの“挑発” 2012/09/10
『優しい男』チキンマル制作支援 行き過ぎた宣伝? 単なる偶然? 2012/09/10
① “新興富豪”若い韓流スターの財テクを徹底解剖 チャン・グンソク編 2012/09/10
ペク・チョンガン 腺腫がん初期との診断…6月間活動中断 2012/09/10
『ブッとび!ヨンエさん10』アン・ジェミン、T-ARA騒動のコメント? ウンジョンが慰めてくれた 2012/09/10
カムバックしたT-ARA 初ステージで野次の洗礼 2012/09/10
FTISLAND 新曲『I wish』アルバム-ミュージックビデオフルバージョン10日公開 2012/09/10

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top