[映画] 身分を超えた男の話『光海:王になった男』と『私は王である』の相違点は?

2012/08/14 14:26:54

『王になった賤民 VS 賤民になった王』
朝鮮時代を背景に身分を超えた男の話を描いた映画が、映画館に立て続けに公開される。ひとつは8日封切になった映画『私は王である』、もうひとつは9月に封切られる『光海:王になった男』だ。
『私は王である』は、王の座に負担を感じた世宗大君が自分とそっくりな奴卑トクチルと身分を入れ替えることで起こるエピソードを、笑いとともに描き出した映画。チュ・ジフン、ペク・ユンシク、ビョン・ヒボン、キム・スロ、イ・ハニらが出演した。
『光海:王になった男』は突然意識を失い、倒れた光海君の代わりに賤民ハソンが王の座に座り、起こる話を描いた。ワールドスターイ・ビョンホンを始め、リュ・スンリュン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォンらが出演する。
朝鮮時代を背景に賤民が王になるという設定が2つの映画の共通点。しかし、素材を除いた他の部分は相違点が多いとは、まだ封切前の『光海:王になった男』チュ・チャンミン監督の説明だ。
チュ監督は13日午前、ソウル狎鴎亭(アックジョン)CGVで行われた映画の制作発表会で『私が王である』は王が賤民になり、多くの事を感じることが主な内容だ。反面、私たちの映画は賤民が王になり感じる点を込めた。似ている素材だが大きな違いを持っている」と説明した。
他の相違点は2つの映画のジャンルだ。『私は王である』はコメディジャンルの映画だ。『里長と郡守』『女教師と女生徒』など興行成績の良かったコメディー映画を演出したチャン・ギュソン監督がメガホンを取った。
『光海:王になった男』はドラマジャンルの映画だ。コミック的要素がないわけではないが、映画のジャンルはコメディーではない。
映画界関係者たちによれば『光海:王になった男』が先に企画された。昨年シナリオを完成させ、イ・ビョンホンをキャスティングし、今年撮影を行った。そして9月封切を確定させた。『私は王である』はそれ以降に企画されたが、もっと早くキャスティングを終え、撮影まで終わらせた。やはり封切もひと月あまり早い。
『光海:王になった男』のある関係者は「似たような素材の映画である上に、ひと月の時間差を置いて封切するが映画のディテールは全く違う映画」だとし、『光海:王になった男』は『私は王である』とは違う面白さを与えるだろうと話した。

©enews24

タグ
韓流
映画
光海:王になった男
イ・ビョンホン
リュ・スンリュン
ハン・ヒョジュ
キム・イングォン
私は王である
チュ・ジフン
ペク・ユンシク
ビョン・ヒボン
キム・スロ
イ・ハニ
すべて一覧
SUPER JUNIORドンヘとシウォンの飛行機でのショット公開! 2012/08/14
『第3病院』オ・ジホ「少女時代ユナよりスヨンが演技が上手」 2012/08/14
KARAのショーケースにドレスコード? 何故? 2012/08/14
身分を超えた男の話『光海:王になった男』と『私は王である』の相違点は? 2012/08/14
ZE:A『Phoenix』の韓日バージョンを公開 2012/08/14
ユン・ドヒョン『アラン使道伝』で時代劇に初挑戦! 2012/08/14
SHINHWAキム・ドンワン 19日に台湾で初の単独ファンミーティング開催! 2012/08/14