[K-POP] 『Welcome to the SHINee World!』190分間の新概念テーマパークコンサート

2012/07/23 18:55:40

『SHINee(シャイニー)がなぜコンテンポラリーグループなのか、正に確認された公演』
SMエンターテイメントの5人組人気アイドルグループ、SHINeeが会場を訪れた1万人あまりの観客たちを190分フル稼働する新概念テーマパーク『SHINeeワールド』に招待し、全ての人の欲求を満たした。
SHINeeは22日午後4時、ソウル芳夷洞(バンイドン)オリンピックスタジアム内体操競技場で開かれたSHINee CONCERT『SHINee WORLD2』で空を飛び、手錠をしたまま衣装を着替え、ステージ上を獣のように駆け回り、銃や刃物で血が噴き出す演出など、時空を超えた非現実的なテーマパークを200%具現化した。
完璧に作られたこの日のコンサート脚本はステージ上で起きたちょっとした失敗さえもコンセプトだと思わせるくらいの魔力を見せた。翼をつけて空に浮かび上がったジョンヒョンがステージの下に消える時、スタッフの手が突然登場し、足を掴む動作もまるで悪魔が天使を引きづりこむように錯覚させるほどだとでも言おうか。
イントロで小惑星と衝突して地球に不時着したSHINee5人のメンバーは、宇宙とアフリカの密林のど真ん中、中世と水中、夜の都市、高校、刑務所など行ったり来たりし、時間と空間を超越したテーマパークを見せてくれた。
コンサート直前、取材陣との会見でジョンヒョンが「テーマパークで見るようなショー」だと、自分たちのコンサートを例えて紹介し、「見終わった後みんなが笑いながら楽しく帰れるはず」との話がどんな意味なのか、理解するまでに時間はかからなかった。ステージ中央にある3段の昇降セット装置を中心に、メンバーたちは空中からステージに、水の上に、降り注ぐ花火の隙に消えては登場した。
17メートルの大型LEDスクリーンと2台の中継スクリーン、ワイヤー、ターンテーブル、リフトなどで構成された華麗なステージ装置と多様な映像とレーザー、マジック、噴水ショーなどは、これらを所有するテーマパーク『SHINeeワールド』の完成に貢献した。
分野もジャンルも高性能ジェットコースターのように上下に跳ね上がり急下降し、SF、剣術アクション、キャンパスロマンス、推理劇、コミック、アドベンチャー、スリラーまで行き来した。観客たちはSHINee札束をもらったり、メンバーたちの水かきでずぶぬれになったり、花火と爆竹に驚いたと思ったら、メンバーたちのフェロモン溢れる動作と愛嬌を混ぜたウィンクに、溶かされたりした。
2ndアルバムタイトル曲『Lucifer』で始まり、最後のアンコール曲『Life』まで、何と29曲に達するヒット曲、あるいは彼らが選んでアレンジした曲は甘酸っぱさを表現。SHINeeは観客たちのテーマパーク旅行に最初から最後まで同行し、体操競技場の広い空間にみなぎる1万個のパールアクアグリーンのペンライトが作り出す光の波と、絶妙にひとつになって観客たち全てを幻想の中に連れて行った。
また、コンサート中に見せた5人5色の個性が溢れる個人ステージと、日本1stアルバムに収録されている『Seesaw』の韓国バージョンを初披露するなど、まるでボーナスステージのように会場全てのファンの期待を満足させた。
SHINeeは2011年1月以降1年半ぶりの国内単独コンサートのステージに、これまで積み重ねてきた全てを注ぎこむような充実した構成で、観客たちと熱狂させた。ファンたちが準備した『明日も愛してる』という合言葉のプラカードイベントに、ミンホは「これからもっといい音楽をお聞かせするので、変わりなく応援して下さい」と感謝の気持ちを表し、ジョンヒョンは「ずっと応援してくれてありがとうございます」と涙を浮かべた。この日『SHINeeワールド』を訪れた観客たち全員が『愛してる~』と叫び、彼らのコンサートに応えた。

©enews24

タグ
韓流
K-POP
SHINee
すべて一覧
KARAギュリ アナスイのミューズに抜擢 2012/07/24
チャ・テヒョン『1泊2日』視聴率は負担「毎週月曜日は酒を飲む」 2012/07/24
チャン・グンソク 横浜で2万2千人動員『韓流プリンスの威厳を見せつけた』 2012/07/23
『Welcome to the SHINee World!』190分間の新概念テーマパークコンサート 2012/07/23
BEAST 23ヵ国ファン35万人から応援の声 2012/07/23
B1A4ゴンチャン 横腹に痛みを訴え腎臓摘出手術受ける 2012/07/23
チャン・グンソク 過激ファンに激怒『車20台で追っかけ、食事も出来ず』 2012/07/23