[K-POP] INFINITE 「チームでのダンスはちょっと減らして…これからは個性を見せます」

2012/07/18 18:38:35

始まりは他のアイドルグループと変わりなかった。だが今は違う。わずか2年あまりの活動をしただけのグループ、INFINITE(インフィニット)。しかし彼らはいつの間にか堂々とK-POP韓流スターとして成長している。3大芸能事務所出身でもなく、一部のメンバーはアイドルグループになりたいと思ったこともない。どうやってここまで来たのか気になった。
新曲『追撃者』活動をほぼ終える頃、INFINITEに出会った。彼らは10月から日本で『INFINITE 2012 ARENA TOUR in JAPAN』を開催する予定だ。10月27日、28日の両日横浜アリーナを皮切りに11月1日、名古屋ガイシホール、11月3日、4日神戸ワールド記念ホール、11月11日福岡マリンメッセで日本のファンたちに出会う。
◆日本でアリーナツアーすることになった
ホヤ 「先輩たちが道を作ってくれて、僕たちが行くことになった。一生懸命頑張る」
◆日本で特に人気だが
エル 「実感が湧かない。親しみやすいイメージだからみたいだ。僕たちのようなキャラがいないらしい。J-POP歌手たちはちょっと貴公子スタイルで、近寄りがたい感じのようだが、僕たちは気楽に接せるみたいだ」
ウヒョン 「キレのあるダンスがアピールしたようだ。たくさん努力したんだなと認めてくれているみたいだ」
◆日本以外で海外活動の予定は
ソンヨル 「7月27日と28日、タイでファンミーティングをする。タイにはコンサートのために何度か行ったが、僕らのイベントで行くのは初めてだから、ドキドキする」
ウヒョン 「世界のどこでも呼んでくれれば行きたい。米国、ヨーロッパも行きたいし。韓国と近い中国も行ったことがない。アジア圏ファンミーティングは今回が初めてだ。単独コンサートはシンガポールと香港でやったことがある」
◆日本以外には海外活動をさほどしていないのに海外ファンが多い
ソンギュ 「だから本当に凄く不思議だ。マレーシア、インド、アルゼンチン、ブラジルのファンもいる。本当にビックリだ。YouTubeやインターネットでファンになってくれたようだ。本当に胸がいっぱいになる。ファンたちが僕らの為に韓国語を習ったって言う時、本当に嬉しい。南米にも絶対行ってみたい」
◆どうやってここまで来たと思うか
ホヤ 「努力して成長した姿を見せたことがファンたちの心を動かしたようだ」
ドンウ 「僕たちには家族のようなチームワークがある。そのおかげだ」
ソンギュ 「事務所のサポートがすごかった。僕たちも一生懸命やった。社長は自宅まで売却して、僕たちのアルバムを制作してくれた。社長は僕たちに全てを賭けた。だけど申し訳ないことにデビューアルバムと2ndアルバムは駄目だった。それでもずっと後押ししてくれて、僕たちも絶対に成功しなくちゃと思い、ひとつになった」
◆これである程度デビュー当時の夢は叶ったようだが
ソンギュ 「今ようやくちょっとは歌手になったという実感がある。特にコンサートをすると歌手になったような気がする。僕たちの歌を聞いて、歓声を上げてくれる人たちを見ると嬉しい。ステージが本当に楽しかった。とても貴重な経験もしたし。まだ、最終的な夢は叶っていない。国民的アイドルになりたい」
◆ライバルはいるか
ウヒョン 「ライバルだと考えるグループはない。それぞれカラーが違うから。僕たちにもカラ-があるし。だけどお手本にしたい先輩はいる。godや東方神起などの先輩たちだ。特に東方神起のユノ・ユンホ先輩はためになる話をたくさんしてくれる」
◆ソンギュやウヒョン、ドンウはもともとアイドルグループが夢じゃなかったんじゃないのか
ドンウ 「そのおかげで僕たちの音楽は他のアイドルグループとちょっと違う。お互いのスタイルを共有して分かることもある」
ソンギュ 「僕もアイドルグループメンバーになったことは驚きだったけれど、他のメンバーたちも僕と一緒にグループ活動をするようになってどれだけ驚いただろうか。僕は僕がアイドルだとは今でも少しも思っていない。エルやソンジョンをみると、ビジュアルもアイドルだけど、僕は全然違うでしょ。僕は生きてるうちにこういう友達たちとアイドルグループしてみるかという気持ちで活動している」
ウヒョン 「実際、ダンスはここに来て初めて踊った」
エル 「INFINITEとしてひとつになったのも何かの縁だと思う。どうせアイドルグループとして活動することになったからには、歌謡界に一時代を築くグループになりたい」
ホヤ 「年を取ればどうせアイドルグループはやってられない。今だけ出来る事だから一生懸命やろうと思う。その後は真の歌手になりたい」
◆個人活動の計画は
ソンギュ 「時期が来たら僕が好きなスタイルの音楽をやりたい。自信もある」
ウヒョン 「ひとつの音楽に縛られるのは嫌だ。色々な音楽をやるつもりだ」
◆共同生活をしているが、雰囲気はどうだ
ウヒョン 「4年も一緒に住んでるから、本当の兄弟みたい」
ソンギュ 「シチュエーションコメディーみたいだ。男だけで食べ物のことで争ったり、幸福を感じたり、そんな感じだ。悪い事があれば一杯付き合ったりもする。僕の故郷が全州(チョンジュ)だから合宿所に置いてある物が多い。場所を取って申し訳ないと思う」
◆韓流に対する考えは
ソンヨル 「僕たちのグループだけでみたら、韓流はチャンスであり、同時に負担でもある。韓国音楽に注目する目が多い。それに恥ずかしくないように努力しなければならない。いいチャンスであるだけに失望させてはならない」
◆一緒にやってみたい海外アーティストはいるのか
ソンギュ 「言葉にして現実になるなら本当にいいいんだけど。レディオヘッド、テイラー・スウィフトなど、本当に多い」 
ホヤ 「アッシャー。Twitterのフォロワ-になってくれたら嬉しいんだけど」
ドンウ 「洒落たスタイルのニッキー・ミナージュが好きだ」
ウヒョン 「スティービー・ワンダーかエリック・バーナー」
ソンジョン 「ビヨンセがすごく好きだ。ビヨンセは僕たちと一緒に公演すれば似合うと思う」
◆群舞ドルという愛称がある。このキャラクターを生かし続けて行くつもりか
ソンヨル 「事実もうやらないようにしようかとも思う。僕たちのキャラクターではあるが、重苦しく見えることもある」
ソンギュ 「ホヤや ソンヨル はもともとダンスをしていたメンバーだから、きちきちっと合わせて踊る群舞がもどかしいだろう。僕も今ようやくダンスになった(笑)」
ホヤ 「あえて機械みたいに合わせることより、もう個性を見せる時が来たと思う」
◆休暇に行かないのか
メンバー全員 「行きたい。海外公演に行っても遊べない。残念だ。デビューしてメンバーたち、事務所のみんなと一緒にプーケット旅行したことがある。本当に楽しかった。海外じゃなくても、国内の渓谷にでも遊びに行きたい」

©enews24

タグ
韓流
K-POP
INFINITE
すべて一覧
BoA 理想のタイプのユ・アインとついに共演 2012/07/19
AFTERSCHOOLの新リーダー 元年メンバーのジョンアに 2012/07/19
"離婚訴訟"リュ・シウォン 調停期日8月28日に確定 2012/07/19
INFINITE 「チームでのダンスはちょっと減らして…これからは個性を見せます」 2012/07/18
BEAST デビュー1000日を迎えて決定的魅力を発散! 2012/07/18
T-ARA 8月に初単独コンサート 追加公演の予定なし 2012/07/18
G-DRAGON、SOLの真似してボード三昧 ファッションからして独特なセンス 2012/07/18