[K-POP] AFTER SCHOOL 日本活動中に順位下落?上位圏を狙ってます

2012/06/22 19:04:36

女性グループAFTERSCHOOLが1年余りの空白を破って歌謡界に戻って来た。1年間日本で活動しながら韓流スターの名簿に堂々と名を連ねたAFTERSCHOOLは5thミニアルバム『Flashback』で久しぶりにファンの傍に戻って来た。
最近のように空白期間がなくなっているCD市場で1年の間活動をしなかったのは、途方もない対価を要求される。AFTERSCHOOLもやはりカムバックを前に自分たちが活動していた時に新人だった後輩たちの急成長した姿に脅威を感じている。もう、引き下がる場所はない。
さらに強烈でパワフルな姿で戻って来たAFTERSCHOOLは今こそ韓国歌謡界でがっちりとその地位を固めるつもりだ。
「ガールズグループの序列が日本進出した1年前よりも大きく下がった。正直だからこそ、欲ややる気が出た。今回は必ず上位圏に上がらなくちゃと(笑)」(ジュヨン)
だからなのか、彼女たちが持ってきたタイトル曲『Flashback』はAFTERSCHOOLの強烈さが最高レベルで込められている。今回の活動から『若い力』ガウンが新しく合流したのも彼女たちの強みだ。『最高』を目指して猛烈に走りぬく準備が出来たAFTERSCHOOLの固い覚悟を聞いてみた。
-久しぶりに国内カムバックする気分は?
1年ぶりのカムバックだファンたちやみんなも待っていてくれたと思う。私たちもやっぱり本当に待ちに待った。日本活動と並行して今回のアルバムを一生懸命準備した。その分、沢山応援してもらえたら嬉しい(ジュヨン)
タイトル曲には韓国だけでなくスウェーデン、日本、米国4ヵ国の錚々たるメンバーが参加してくれた。素晴らしいパフォーマンスを見せるために努力してきた分、期待してくれてもいいと思う(イヨン)
-リーダーだったカヒが抜けて新しいメンバーが加入したが
負担というよりはガウンがよくついてきてくれて本当にありがたく思う。ずっと最後までついてきてくれたいいです。(ユイ)
カヒ先輩がリーダーをしてくれていたが居ない状態で個人的に負担が大きい。もっと頑張ろうと思い、今回のアルバム準備により心血を注いだ。(ジョンア)
-カヒがグループの引き締め役だったことは有名だが、卒業して何か変わった?
カヒ先輩が引き締め役だったわけではない。ただリーダーとしての役割を果たしてきただけだ。しかも今はみんな仲良くてグル―プ内に序列なんてないお姉さんと妹の関係だ。勿論、私が末っ子だったから新しい妹たちが入ってきてちょっと楽になった。ははは(レイナ)
-メンバー交代があってメンバーそれぞれの認知度が低いようだが?
デビュー3年目だが私をレイナとかカヒと呼ぶ人が多い。一日に4度も間違えられた。今回は個人的にも分かってもらえたら嬉しい。名前を分かってもらえるように活動します。(ジョンア)
-日本で注目され始めたが1年前と今のAFTERSCHOOL何が一番変わったか?
お互いの心構えと考えが成熟した。全体的に若いメンバーがいるが、これからはみんなが同じ考えを持つ。(ジョンア)
-日本活動の成果は何か?
1年前まででもドラマ「美男<イケメン>ですね」の役名を知ってくださってたけれど活動を始めた後はAFTERSCHOOLを愛して下さいる方たちが少しづつ増えてきた。日本でのコンサートも成功したので一段階成長したと思う。韓国と日本、両国を行き来しながら沢山活動をしたい。それに韓国でも日本でも1位になりたい(ユイ)
‐今回の活動で聞きたい言葉があるとしたら?
成熟したという声を聞きたい。自分のパートだけじゃなく、メンバー全員が注目されているんだと思って練習中です。(ユイ)
-ガールズグループ飽和状態だ。焦る気持ちはなかったか?
日本で活動しながら国内の歌手たちの活動もチェックした。私たちもガールズグループが好きだ。私たちも早く出て行ってやれるところを見せたい。一緒に活動しながら私たちだけのカラーで勝負する(レイナ)

©enews24

タグ
韓流
K-POP
AFTERSCHOOL
FLASHBACK
すべて一覧
T-ARAヒョミンがマネジャーと"美脚"対決 結果は… 2012/06/23
『SUPER JUNIOR ヒチョルの呪い?』理想のタイプ ソヒに続き、GACKTまで 2012/06/22
国家代表俳優、イ・ビョンホン「世界に向かって飛翔する」 2012/06/22
AFTER SCHOOL 日本活動中に順位下落?上位圏を狙ってます 2012/06/22
GACKT「結婚はしない」意味深長な発言に注目が集まる 2012/06/22
f(x) ファンの皆さん、本当にありがとうございます 2012/06/22
f(x) 今は私たちの時代~ 2012/06/22

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top